• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
岡山の街中に突然古墳?歴女にはたまらない「神宮寺山古墳」!

歴史が好きで全国の歴史的建造物を訪ね歩いている方も多いのではないでしょうか?そんな歴史好きに今回おすすめするのは神宮寺山古墳です。なかなか古墳はお目にかかれるものではないですね。それではこちらの神宮寺山古墳についてせまってみましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

神宮寺山古墳って何?

内部主体は竪穴式石室である。中心主体とは別の小石室から、刀や剣などの武器や農具などの鉄器が出土した。

出典:www.city.okayama.jp

4世紀末~5世紀初頭の築造。国指定史跡、1959(昭和34)年指定。

出典:kofun.info
神宮寺山古墳とは、全長約150m、後円部径約70m、高さ約13mの大型の前方後円墳です。西暦4世紀後半〜5世紀初めに作られた吉備地方を代表する古墳と言われています。古い歴史にワクワクしますね!

神宮寺山古墳はどこにあるの?

市街地の中にある全長150mの前方後円墳で、後円部頂上の天計(あまはかり)神社社殿の床下には竪穴式石室の天井石が露出している。

出典:www.okayama-kanko.jp

岡山市内、それも比較的街中にある国指定史跡です

出典:kamadoneco.blog122.fc2.com
神宮寺山古墳の場所は、岡山県岡山市にあります。こんなところに?と思うほど街中にあるので気軽に訪れる事ができます。散歩の最中にフラッと古墳に寄れるなんて素敵な事だと思いませんか?

神宮寺山古墳の周辺には何があるの?

神宮寺山古墳を見た後はこんな美味しいばら寿司はいかが?岡山といえばばら寿司が有名ですがこちらの岡山駅「吾妻寿司」では旬の魚を使ったばら寿司が大好評です!岡山へ来たら一度は食べてみましょう!
吾妻寿司 岡山駅店【基本情報】

■住所:岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山2F
■TEL:086-227-7337
■営業時間:11時~22時(年中無休)
※ラストオーダーは21時30分まで
ランチタイム:11時~14時(土・日・祝日は除きます)
  • 岡山県岡山市北区駅元町1-1さんすて岡山2階
  • 0862277337

神宮寺山古墳を見た後は温泉でゆったり

心づくしの食事に全員大満足でした。食前酒は宿の目の前で育てた果実からの手作り。お皿の上は岡山県産の食材。

出典:travel.rakuten.co.jp

歴史好きには鬼之城や備中高松城跡にも近く絶好のお泊りスポットです。

出典:www.tripadvisor.jp
神宮寺山古墳を歩き回った後にはこんな素敵な温泉はいかがですか?「粟井温泉 あしもり荘」は周りに何もなく、大自然が広がります。普段の喧騒から離れ、何もしない贅沢を存分に味わえます!
粟井温泉 あしもり荘【基本情報】

■住所:〒701-1461 岡山県岡山市北区粟井2223-1
■TEL:086-295-0788  
■定休日:温泉だけの場合、火・水曜日・第一月曜日

神宮寺山古墳へのアクセス方法

神宮寺山古墳【基本情報】

■住所:岡山市北区中井町1丁目
■アクセス
<車で>
山陽自動車道「岡山IC」降車
<電車・バス>
岡山駅下車、岡山駅よりバス利用
  • 岡山県岡山市中区中井1-5
神宮寺山古墳はいかがでしたか?歴史ある古墳を訪れるのもなんだかワクワクしてしまいますね!岡山へ来たら町中を散歩しながら寄りたいスポットですね。ぜひ次の休みには神宮寺山古墳へ足を運んでみましょう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する