• はてぶ
  • あとで
もう計画は立てた?年末年始の旅行で「セブ島」に行くべき7つの理由

年末年始に海外旅行といえば、値段が高くなかなか手が出ない人も多いかも。でも、年末年始に海外旅行に行きたい!そんな人にはセブ島がオススメ。年末年始の旅行でセブ島がオススメな7つの理由をご紹介。年末年始に旅行に行くなら、今から計画を立てましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.リーズナブルだから。

1つ目の理由は、旅費がリーズナブルだから。年末年始の旅行で最も気になるのはその値段。セブ島は、比較的安いリゾートとして年間を通して人気です。年末年始でも、早めに予約をすれば通常と変わらないくらいの値段で旅行を手配できます。
そうはいっても、年末年始なので旅費が少し増えるかも。そんなときでも、セブ島およびフィリピンの物価が日本より安いのでお得。食品などはお得に手に入れられるので、少し旅費がかさんでも大丈夫。

2.過ごしやすいシーズンだから。

2つ目の理由は、過ごしやすいシーズンだから。セブ島のベストシーズンは12月〜2月と言われています。セブ島には大きく分けて2つの季節、雨季と乾季がありますが、明確な区別は特にありません。3月〜5月は気温が高めなので、12月〜2月が比較的過ごしやすく雨もそれほど多くない時期と考えられています。
もちろん、年間を通して温暖な気候ですが、日本の冬の季節がセブでは最も過ごしやすいシーズンといえそう。

3.日本から近いから。

3つ目の理由は、日本から近いから。セブ島までは、日本から直行便で5時間〜5時間半程度。年末年始の海外の旅行として人気の高いハワイは、日本から6時間〜7時間半くらい。ハワイよりも近いリゾート地です。
日本から近ければ近いほど、現地で過ごせる時間は長くなります。年末年始には、旅行以外にもいろいろなイベントがありなかなか長い期間を海外で過ごすのは難しいという人にも、セブなら2泊3日の弾丸旅行から可能です。

4.時差がたったの1時間しかないから。

4つ目は時差が少ないから。海外旅行で辛いのは時差。特に、半日以上ずれる地域では昼間に眠くなってしまうなんてことも。せっかくの旅行ならしっかり楽しみたいですよね。時差が出ないように、「飛行機で一睡もしない」なんて配慮もいらず、日本と変わらない生活リズムで過ごせば問題ありません。
時差は1時間なので、時差のせいで昼間に眠くなってしまう心配もなく、また帰ってきた後も仕事に影響が出にくいですよね。滞在中、家族や友人などに連絡を取るときも時間を気にしなくて大丈夫です。

5.アクティビティ・オプショナルツアーがたくさんあるから。

5つ目の理由は、アクティビティ・オプショナルツアーがたくさんあるから。最近では日本人観光客も多いので、日本から予約できるアクティビティも盛りだくさん。
ジンベイザメと泳いだり、ダイビングしたりとたくさんのマリンアクティビティができます。日本は冬で、海に入ることはほとんどできないシーズンですが、セブ島なら温暖な気候でいつでも海を楽しめます。

6.観光スポットは海だけじゃないから。

6つ目の理由は海以外にも観光スポットが充実しているから。セブ島といえば海、というイメージが多いと思いますが、それ以外にもたくさん観光スポットがあります。歴史的な建造物や、夜景が見られる場所も。海だけじゃ物足りないという人にはオススメ。
セブ島には、ショッピングスポットもたくさんあります。海に、観光に、ショッピングに飽きることがありません。ショッピングモールも何店舗かありお土産を買うのにも便利です。

7.心も体もリフレッシュできるから。

最後の理由は、心も体もリフレッシュできるから。きっと、セブ島に行けば海の美しさに1年の疲れも吹っ飛ぶこと間違い無し。また、マッサージで体の疲れも取ることができます。
セブ島にはたくさんのマッサージ屋さんがあります。もちろん、ホテル内でもマッサージをすることができるところは多いですが、街に出て安くて気持ち良いマッサージを受けてみるのもいいですよね。これで、心も体もリフレッシュして新たな1年をスタートできそう。

年末年始はセブ島へ!

いかがでしたか。年末年始にセブ島へ行きたくなりましたか?なかなか休みがなくて旅行に行けない人は、年末年始の休みがチャンス。憧れの海外での年越しも夢じゃありません。美しい海囲まれて、新たな1年のスタートにセブ島へ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する