• はてぶ
  • あとで
暮らすように泊まれる!大阪のホテル“フレイザーレジデンス南海大阪”とは

食べ物は美味しくエンターテイメント性に優れ、人も優しく歴史が長い。そんな大阪の街で宿泊すべき"フレイザーレジデンス"について、これを読めば泊まりたくなる理由をいくつか挙げてみました。有名なチェーンホテルもいいですが、ここでしか味わえないおもてなしをぜひ体験してみてください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

食べて、笑って、感動できる街「大阪」

大阪といえば江戸時代から"天下の台所"として知られ、今でもB級グルメから老舗の名店など数多くの美食の街として知られてきました。他にもUSJや吉本新喜劇、大阪城など観光には事欠かない日本第2の都市です。
だからこそ、どの観光スポットにも効率よく移動できるアクセスの良いホテルに泊まりたいですよね。そんなあなたにアクセスが良いのはもちろんのこと、滞在をより快適にしてくれるホテルをご紹介します。

“フレイザーレジデンス南海大阪”とは?

フレイザーレジデンス南海大阪は「なんば駅」から徒歩3分という好立地に位置し、ホテルに宿泊しながら自宅にいるかのようなくつろぎも叶えてくれます。関西国際空港からは南海電鉄ラピートにて40分ほど、車でお越しの方は1泊¥2,000で駐車可能です。

長期滞在や家族旅行にもおすすめ

Bathroom

こちらのホテルはレジデンスという名前の通り、住むように泊まれるのが特徴です。部屋には洗濯機や調理器具が備えられたキッチンも付いています。非日常を楽しみたいけれど自分たちのペースを崩したくない、という欲張りなあなたにぴったりなホテルです。

観光スポットへのアクセス抜群

道頓堀

道頓堀までは徒歩10分、新歌舞伎座まではタクシーでも¥1,000以下、大阪城までは電車で20分、ちょっと足を伸ばして京都までも電車で45分で行くことができます。

なんばパークス

さらにホテルから徒歩数分の距離にはショッピングモール・なんばパークスや、高島屋もあり仮に天気の悪い日でも楽しむことができます。

行き届いた“お・も・て・な・し”

なんとこちらのホテルは、トリップアドバイザーの大阪市ホテルランキングで第4位なんです。数々の有名ラグジュアリーホテルを抑える理由は、その行き届いたおもてなしにあります。まず宿泊者は、広々としたロビーで座りながらゆったりとチェックインを済ませることができます。

アメニティはニューヨークの化粧品ブランド

こちらのアメニティはニューヨーク生まれの化粧品ブランド「マリン・アンド・ゴッツ」です。徹底的にお肌に優しい成分を追求してるため化学薬品はもちろん、オイル・シリコン・ワックスなどを一切使っていないそう。旅先でもスキンケアには気を使いたい、でも荷物は増やしたくないという女性に嬉しいサービスです。

セキュリティ面も安心

こちらのホテルは、23時以降は部屋のキーがないと館内に入れない仕組みになっています。さらにエレベーターは終日キーを持っていないと乗ることができません。なんばは繁華街なのでセキュリティを気にする方も多いと思いますが、多くの工夫がなされていて安心です。

館内施設の充実

フィットネスルーム

24時間使えるジムや最新の超微粒子ミストのサウナを完備。シャワールームやパウダーエリアも充実しており、旅の疲れをリフレッシュできます。また、部屋のシャワーはマッサージ機能付きです。

ゲストラウンジ

広々としたゲストラウンジは無料WIFIが整っており、宿泊ゲスト専用で無料で利用できます。パソコンコーナー(有料・2台)及び小会議室(有料・8名まで)の利用もできます。

周辺のスーパー・コンビニ情報

ホテルから徒歩1分ほどのところにファミリーマートや高島屋があります。最低限必要なものはコンビニで揃いますし、デパ地下のお惣菜や衣類・日用品もすぐに買いに行けるのでとても便利です。

いかがでしたか?

ここまで読んでみて、フレイザーレジデンスに泊まりたくなりましたよね!「住む」と「泊まる」が織り混ざった新しいホテルで、大阪をさらに満喫してみてはいかがでしょう。

詳細情報

rakutenで見る

フレイザーレジデンス南海大阪

大阪府大阪市浪速区難波中1-17-11

3.05 069

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

worldwideweb_World is Wide

このまとめ記事に関して報告する