• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
おしゃれでハイセンスなチョコ。NYのマストブラザーズが気になる

ニューヨークにあるマストブラザーズチョコレートをご存知ですか?NY以外にも、ロンドンやロサンゼルスに店舗を持ちパッケージがハイセンスで、カカオ豆の状態からチョコレートになるまでの全ての工程を行うbean to barの火付け役と言われるお店です。

このまとめ記事の目次

bean to barって知ってる?

チョコレート好きは知ってるかもしれない、この「bean to bar」という言葉。初めて耳にする人も多いはず。カカオ豆の状態から、チョコレートになるまで全ての作業をするというのが「bean to bar」です。
豆から細部までこだわることでき、お店ごとの特徴を見つけることもできます。日本でも、だんだんと浸透してきたチョコレートの製法です。

マストブラザーズのチョコレート

そんなこだわり製法、「bean to bar」の火付け役と言われているのがマストブラザーズです。2007年に兄弟で立ち上げたこのブランドは、たちまちNY・ブルックリンで人気を集めます。
ブルックリンにあるマストブラザーズのショップには、まるで美術館のようにチョコレートが置かれています。こんなショップの雰囲気も、ニューヨーカーから支持される理由かもしれません。

ラッピングまでハイセンス

マストブラザーズが支持されるのは、製法のこだわりだけが理由ではありません。その包装紙がとってもハイセンスなんです。
一つのアート作品のような包装紙に包まれたチョコレートで、何種類も買いたくなってしまいます。そんなニューヨーカーの心をくすぐるラッピングで、ロンドンやロサンゼルスでも人気を集めることになりました。

選べるサイズ。

こだわりの製法やハイセンスなラッピングで人気を集める、マストブラザーズのチョコレートですが、1枚(200g)のチョコレートは少し大きめで、何枚も買うには値段も少し高め。
しかし、ほとんどのチョコレートバーは、200g/70g/28gと3種類から大きさを選ぶことができ、手に取りやす大きさと値段から販売されています。

シーズンごとのコレクション

いつも販売してるチョコレートもいいけど、毎年でるコレクションはぜひ注目してみて欲しいポイントです。
まるで本のように並んだチョコレートは、飾っておくだけの価値がありそうですよね。チョコレートが芸術になるとは今まで誰も気がつかなかったかも。

マストブラザーズのチョコレートが食べたい。

マストブラザーズのチョコレートは現在、日本でも取り扱いのあるお店やネットショップで手に入れることができますが、ショップ自体がアートな雰囲気なので、NYに行く機会がある人にはぜひ足を運んで欲しいスポットです。

詳細情報

  • 111 N 3rd St, Brooklyn, United States
  • 718 388-2644

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する