• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】毎年人気の迫力満点火祭り!今年も日本三大火祭り「松明あかし」開催

毎年大盛況の福島で開催される日本三大火祭りの一つ「松明あかし」が2016年11月12日(土)に開催されます。和歌山の那智の扇まつり、京都の鞍馬の火まつりと並び、日本三大火まつりに数えられている福島の松明あかしは、特に観光客が多く毎年11万人もの人出で賑わいます。今回はそんな「松明あかし」について紹介していきたいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本三大火祭り「松明あかし」とは

日本三大火祭りの一つ須賀川の「松明あかし」は毎年11月の第2土曜日に開催されます。会場となる五老山は日本の都市公園百選の一つに選ばれた翠ヶ丘公園内にあります。かがり火が夕闇に映えるころ、長さ10メー トル、重さ3トンもある大松明が、若者達によって担がれ街を練り歩きます。
山頂では鉢巻き姿の威勢のよい若者達によって”松明太鼓”が打ち鳴らされるなか、30本もの本松明と、須賀川城を模した仕掛け松明が次々に点火され、全山火の海と化します。炎と太鼓の大供宴は、まさしく一大戦国絵巻の再現です。

今年も「松明あかし」開催決定

開催日:2016年11月12日(土)

日本三大火祭りの一つ「松明あかし」が五老山で開催されます。約420年前、伊達政宗との戦いで討死した多くの人々の霊を弔うために始まったとされており、若衆約150人が、長さ10m、重さ3tもある大松明や姫松明を担いで街を練り歩き、五老山を目指します。
最大の見どころはこの大松明に点火するところです。巨大な大松明は高さ10m、直径2m、重量約3トンにも及びます。さらに約30本もの松明に火が灯され晩秋の夜空が焦がされる様子はまさに圧巻です♪

「松明あかし」の由来

松明あかしの起源は、400年以上前である天正17年にさかのぼります。戦国武将である伊達政宗が須賀川城を攻撃しようと策略していました。この時の須賀川城主は二階堂盛義の未亡人である大乗院でしたが、実は大乗院は伊達正宗の伯母にあたる人でした。
城主である大乗院と家臣そして民衆は押し寄せる伊達正宗の大群に立ち向かったものの、須賀川城内にいた伊達正宗の内通者が火を放ち城と城下町は火の海に包まれて落城しました。この戦いで命を落とした多くの人々の霊を偲ぶために、松明を燃やしたのがこの祭りの由来だと言い伝えられています。

日本三大火祭り「松明あかし」で興奮を体感しよう

いかがでしたか?以上が日本三大火祭りの一つ須賀川の「松明あかし」の紹介になります。大迫力の火祭りを体感したくなりますよね。ぜひ、福島御前山で「松明あかし」を体感して日本伝統の火祭りを堪能してみてください。

▼詳細情報

<松明あかし>
開催日:2016年11月12日(土)
会場:松明通り周辺・五老山・福島県須賀川市翠ケ丘公園内五老山
<プログラム>
松明太鼓演奏:18時00分~20時15分
大松明点火:18時30分
  • 福島県須賀川市栗谷沢
  • 0248-88-9144

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

oosushiお寿司大好き。旅と食をエンジョイしてます。

このまとめ記事に関して報告する