• はてぶ
  • あとで
《東北》絶景を巡る旅!人生で一度は見たい東北地方の絶景スポット15選

日本全国には美しい景色がたくさん。次の国内旅行ではどんな景色を見に行こう?なんて悩んでいませんか?今回は日本全国の中でも「東北地方」の、“人生で一度は見ておきたい絶景スポット”を厳選してご紹介します。「東北地方」へ訪れる予定のある方は必見ですよ!それでは、ご覧あれ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】銀山温泉(山形)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその1は、山形県にある「銀山温泉」。あの「おしん」で一躍有名になった山形県尾花沢市の趣深い温泉街で、山形県内では屈指の人気を誇る絶景観光スポットです。
銀山川沿いに大正から昭和にかけてつくられた建物が立ち並ぶ光景は、大正のロマンを感じる、情緒あふれる世界。雪が降るとその雰囲気の美しさは増し、さらに夜のライトアップも重なることでとても幻想的な景色になりますよ。まさにフォトジェニックな絶景です。

詳細情報

jalanで見る

山形県尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

4.66 821329

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

能登屋旅館さんに宿泊しました

大正時代の雰囲気が味わえる銀山温泉。 町が観光スポットという、散歩だけで楽しい場所でした。 見て回るところはそんなにたくさんないですが、奥の方には滝もあり、ゆっくり山登りもしました。 工事中であったので、奥の方は諦めたのですが、ゆっくりゆっくり回って2時間ほど楽しめました。 山登りとかしない方には観光の時間は1時間もいらないかなという感じですが、お土産屋さんやお酒屋さん、喫茶店のようなところもあり、ゆっくり過ごすにはとても最適なところでした。 昼と夜では雰囲気も全く異なり、1日で2度美味しい場所でした。 冬には雪が積もるようで、また一味違う雰囲気を味わうことができると聞いて、また冬にも行きたいなと思いました。 旅館の浴衣、下駄を履いて散歩するのもとても趣があり楽しかったです。 私は体験していませんが、大正時代の衣装の貸し出しをしているところもあるそうですよ。 能登屋旅館さんはとてもアットホームな雰囲気で、チェックインからチェックアウトまで良い対応をして頂きました。お食事も大変美味しかったです。 温泉は予約制で貸切のところや、空いてたら貸切ができて入れるという温泉、大浴場と3種類もあり、部屋食もできるのに20000円程の宿泊料でした。とてもリーズナブルで大変貴重な体験ができたと思います。

【2】弘前公園(青森)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその2は、青森県にある「弘前公園」。ここ「弘前公園」の二の丸にあるソメイヨシノはあまりにも壮大で美しく有名ですが、注目は川に散った桜が生み出す幻想的な“桜のプール”にあるんです。
川を埋め尽くすほどのピンクの景色は、まさに息を呑むほどの美しさ。日本人のみならず、外国人の観光客たちも大興奮する春の絶景です。

詳細情報

青森県弘前市下白銀町1 弘前公園

4.31 37846

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】只見川第一橋梁(福島)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその3は、福島県にある「只見川第一橋梁(ただみがわだいいちきょうりょう)」。福島県大沼郡三島町にある只見川に架かる東日本旅客鉄道只見線の鉄道橋で、春夏秋冬様々な景色を生み出している絶景スポットです。
ここ「只見川第一橋梁」が最も美しくなる季節が冬。雪が降る季節になると辺り一面が真っ白に雪化粧し、幻想的な景色が広がります。鉄道ファンのみならず多くの写真家に愛されている絶景、是非この冬見に行ってみては?

詳細情報

福島県大沼郡三島町

3.13 19

【4】大曲の花火(秋田)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその4は、秋田県で見ることができる「大曲(おおまがり)の花火」。1910年から続く秋田県大仙市の花火競技大会で、日本全国でも1位を争うほどの規模を誇る、大人気の絶景花火大会です。2021年の「第94回全国花火競技大会」は8月28日(土)に開催予定です。
この「大曲の花火」では内閣総理大臣賞をはじめ数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちが花火芸術の最高峰を競う場となっており、その見応えも抜群。日本の夏を存分に感じることができる、美しき光の絶景です。

詳細情報

【5】御釜(宮城)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその5は、宮城県にある「御釜(おかま)」。蔵王五色岳にある火山湖で、釜状の形をしていることから「御釜」という名前がついた、ユニークな絶景スポットです。
エメラルドグリーンに輝く湖面がとても神秘的な雰囲気を醸し出しているのが、この「御釜」の最大の魅力。秋には周辺が紅葉し、エメラルドグリーンの湖面との美しいコントラストを見ることもできますよ。

詳細情報

【6】蔦沼(青森)

人生で一度は見たい東北地方の絶景スポットその6は、青森県にある「蔦沼(つたぬま)」。青十和田市にある千年の秘湯・蔦温泉の北にある「蔦七沼」という7つの神秘の沼の一つで、湖面に木々は反射することで見られる“鏡張りの絶景”が美しいと話題のスポットです。
ここ「蔦沼」は、鉄道の広告にも使われた絶景のスポット。特に秋の季節には木々が燃えるような赤色に紅葉し、見る者全てを魅了する“鏡張りの絶景”に変身します。木々が青々とした新緑の季節もおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する