• はてぶ
  • あとで
《四国》絶景を巡る旅!人生で一度は見たい四国地方の絶景スポット10選

日本全国には美しい景色がたくさん。次の国内旅行ではどんな景色を見に行こう?なんて悩んでいませんか?今回は日本全国の中でも「四国地方」の、“人生で一度は見ておきたい絶景スポット”を厳選してご紹介します。「四国地方」へ訪れる予定のある方は必見ですよ!それでは、ご覧あれ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】仁淀川(高知)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその1は、高知県にある「仁淀川(によどがわ)」。同じく四国にある清流・四万十川を凌いで、日本一美しい川として今人気急上昇中の絶景スポットです。
透き通った真っ青な水は「仁淀ブルー」と呼ばれ、その美しさを一目見ようと連日多くの観光客や風景写真家が集まっているのだとか。上流にある「にこ淵」では仁淀ブルーの水を集めた美しい滝を見ることができ、こちらも絶景です。

詳細情報

【2】祖谷のかずら橋(徳島)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその3は、徳島県にある「祖谷(いや)のかずら橋」。日本三奇橋のひとつとして知られており、日本の昔の姿を残すスリル満点な絶景橋です。
かつては断崖を通らなければ辿り着けない秘境と言われていた「祖谷のかずら橋」では、年毎に橋の架け替えが行なわれているのだそう。度胸試しに、一度この橋を渡ってみてはいかが?

詳細情報

【3】下灘駅(愛媛)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその4は、愛媛県にある「下灘駅(しもなだえき)」。“日本一海に近い駅”として有名な秘境駅で、その昔懐かしい景色から多くの映画やCMの撮影地として人気の場所です。
ホームに立つと目の前には穏やかな伊予灘の海が広がっており、その光景は息を呑む美しさ。都会の駅では決して味わうことのできない、素敵な風景ですね。わざわざ途中下車してカメラに納めたい絶景です。

詳細情報

【4】柏島(高知)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその5は、高知県にある「柏島」。高知県にある大月町の西南端に浮かぶ周囲約4kmの小さな島で、この夏日本一話題となった絶景アイランドです。
この「柏島」が日本全国で有名になったのは、その海の透明度が理由。エメラルドグリーン色でありえないほど透き通った美しいビーチは、“船が宙に浮いて見える”と言われるイタリアのランペドゥーザ島にそっくりな景色を生み出しています。隠れた高知の絶景スポット、これは見に行くしかない!

詳細情報

【5】紫雲出山(香川)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその6は、香川県にある「紫雲出山(しうでやま)」。浦島太郎の伝説がある香川県詫間町にある山で、春には1000本余りある桜が咲き乱れる人気の桜の名所です。
春の桜はもちろんですが、何よりも「紫雲出山」から見渡す、瀬戸内海の入り組んだ入り江と無数の小島の浮かぶ光景は絶景です。また、日が沈む時間には、あたり一面が夕日色に染まり幻想的な世界を創り出します。

詳細情報

【6】鳴門の渦潮(徳島)

人生で一度は見たい四国地方の絶景スポットその7は、徳島県で見ることのできる「鳴門の渦潮」。徳島県と言えば「鳴門の渦潮」のイメージが出てくるように、県内では屈指の人気観光スポットです。
この「鳴門の渦潮」は、最大で直径30mにもなる巨大な渦潮。その渦潮は世界最大とも言われています。橋の足元は海中を覗ける作りになっており、橋を渡りながら渦潮を見ることもできますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する