• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
中世の武家館を再現!一度は見たい史跡江馬氏館跡公園とは?

飛騨高山にある「史跡江馬氏館跡公園」をご存知でしょうか?室町~戦国時代頃に北飛騨周辺を治めていた江馬氏という一族が建てていた中世の武家館を再現させた史跡江馬氏館跡公園。その史跡江馬氏館跡公園の魅力についてご案内致します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

史跡江馬氏館跡公園とは

江馬氏は、今から400年~600年前の室町時代~戦国時代、北飛騨を治めていたと伝えられる武将です。平家の一族とも、鎌倉幕府執権北条氏の一族とも言われていますが、その出自は明らかではない。

出典:kphoto.exblog.jp

14世紀末頃には室町幕府の認める有力在地領主として活躍しています。江馬氏下館はその頃につくられ、江馬氏が北飛騨を治める拠点としていた。

出典:kphoto.exblog.jp
この地域には、今から約600年前、時代で言うと室町~戦国時代頃に北飛騨周辺を治めていた江馬氏という一族がありました。この江馬氏が建てていた中世の武家館を再現したのが江馬氏館跡公園です。土地改良工事の際に、こちらの跡地が見つかったのですが、それはこの地に伝わる伝承通りの場所なのでした。

史跡江馬氏館跡公園の建物

主門

江馬氏は室町時代に活躍した飛騨の在地領主で、室町幕府の御家人であったと言われています。

出典:nanao.sakura.ne.jp

脇門は間口が約2.7mの掘立柱建ち(ほったてばしらたち)で、主門が間口4.2mの礎石建ち(そせきだち)です。

出典:nanao.sakura.ne.jp
史跡江馬氏館跡公園に入るには門が2つあり、屋根が付いているのが主門で柱だけが脇門です。それぞれの間口が違い屋根の付いた主門から場内へ入ります。こちらの門は復元された物です。地元の伝承で、「この五ヶ石は江馬の殿様の御殿の跡」というものがあり、それに基づいて発掘を行ったところ、居館の全体が発掘されたそうです。

会所

14世紀末頃に創建されたと思われるこの江馬氏の館の構造は、実に室町幕府の将軍の「花の御所」とそっくりにできています。江馬氏が京都風に作らせたためでしょう。

出典:nanao.sakura.ne.jp

会所の室内

江馬氏館の会所では主人の居間など細部もかなり復原しています。また、史跡公園を身近に感じてもらうため、住民イベントなんかでも貸し出しOKだそうです(もちろん有料)。

出典:nanao.sakura.ne.jp
会所とは文字通り館の主人が客人と会う為の建物です。この会所から庭園が見る事ができ、客人をもてなす場として利用されていたようです。見た目だけではなく構造や建材にもこだわって同時代の建物を再現しているそうです。

史跡江馬氏館跡公園の眺め

庭園

江馬館では、発掘調査で確認した会所(の建物)と、庭園を復元しており、
500年前=江馬の殿様や、招かれた客人と同じ「目線」で、庭園を見ることができるそうです。

出典:blogs.yahoo.co.jp
こちらの庭園は通常とは違う点が…、通常庭園と言うと草木があるイメージがありませんか?史跡江馬氏館跡公園の庭園には草木は無く石と池だけだったそうです。庭園には池があるのですが、常時水が溜まっているわけではなく、雨水などで水が溜まるそうです。

周辺のおすすめグルメスポット

ひだ小僧

ひだ小僧ではトンカツが有名です。トンカツやヒレカツ定食がありどちらもかなり美味しくて、柔らかくて、衣サックサクです。定食はご飯とお味噌汁のお代わり自由となっているのでお腹もいっぱいになります。

ひだ小僧の基本情報

【住所】岐阜県飛騨市神岡町夕陽ケ丘6
【電話番号】0578-82-2659
【営業時間】11:00~14:00。17:00~20:00
【定休日】4月~11月は無休・12月1日~3月末日は水曜日定休
【駐車場】有
  • 岐阜県飛騨市神岡町夕陽ヶ丘6道の駅スカイドーム神岡内
  • 0578822659

史跡江馬氏館跡公園へのアクセス

【住所】岐阜県飛騨市神岡町殿573-1
【電話番号】0578-82-6001
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】12月1日~3月31日
【アクセス】東海北陸自動車道飛騨清見ICから車で60分
  • 岐阜県飛騨市神岡町殿573-1
いかがでしたか?飛騨高山の観光スポットでもある史跡江馬氏館跡公園の魅力についてご案内致しました。同時代の構造や建材にもこだわって再現させている史跡江馬氏館跡公園は一見の価値があります。飛騨高山にお越しの際には参考にしていただければと思います。

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する