• はてぶ
  • あとで
絶景は“富山”に隠れてました。美しすぎる「富山県」の絶景スポット12選

富山県と聞いて何を思い出すでしょうか。みなさんに馴染みはないけれど、息を呑むような絶景が富山県には幾つもあるのです。今回はそんな富山県に隠される絶景をご紹介します。今度の休みはぜひ富山県に足を運んで絶景に心癒されてみてくださいね。(なお情報は2021年4月に更新されたものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1:新湊大橋(しんみなとおおはし)

まず最初にご紹介する富山県の絶景は「新湊大橋」です。海の上を一直線に伸びる橋はなんだか近未来的でかっこよく見えますね。橋自体もとても素敵なのですが、橋からの景色も素敵。橋の上からは日本海や立山連峰、能登半島を一望できます。
実はこの新湊大橋、とても大きいんです。近くで見ると橋のスケール感がよりわかると思います。橋はドライブコースにもおすすめ。青い空と海と美しい富山の景色を眺めながら、爽快ドライブを楽しんでみてはいかが。

詳細情報

2:チューリップ四季彩館

2つ目にご紹介する富山県の絶景は「チューリップ色彩館」。実はチューリップは、富山県の県花、そして砺波(となみ)市の市花なんです。ここでは、一年を通して色とりどりのチューリップを楽しむことができます。さらに、期間限定でアンブレラスカイが登場しているシーズンもあります。公式ホームページなどでチェックしてみてくださいね。
施設の中央には「チューリップパレス」が。外から見ても美しいチューリップパレスですが、中に入ると360度チューリップに囲まれている感覚を味わうことができますよ。上から下までずらりと並んだチューリップはとてもカラフル。メルヘンチックな絶景を楽しむことができます。

詳細情報

3:黒部峡谷(くろべきょうこく)

3つ目にご紹介する富山県の絶景は「黒部峡谷」です。黒部峡谷は、富山県黒部市、黒部川にある峡谷で、飛騨山脈を分断する大きな渓谷です。その迫力は見るものを圧倒させます。青々とした山とエメラルド色の川、そして赤い鉄橋のコントラストがとても美しいです。
四季折々の表情を見せてくれるこの黒部峡谷は、国の特別天然記念物として選ばれています。他にも日本三大渓谷や日本の秘境百選の一つとしてあげられている絶景中の絶景です。黒部峡谷のキラキラと輝く川は本当に美しいですよ。

詳細情報

4:雨晴海岸(あまはらしかいがん)

4つ目にご紹介する富山県の絶景は「雨晴海岸」です。海をはさんで3000m級の山々が眺められるのは世界でもここだけと言われている程の絶景です。その光景を目にしたら感動すること間違いなしです。
一年を通じて雨晴海岸は、富山湾と立山連峰の絶景を見せてくれるのでどの時期に訪れても素晴らしい絶景に立ち会うことができるの魅力の一つです。海に浮かぶ女岩とのコラボが一番のおすすめです。

詳細情報

5:五箇山(ごかやま)

5つ目にご紹介する富山県の絶景は「五箇山」です。ユネスコの世界文化遺産に登録されていて、「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの家屋が23棟あります。国内の他の地域にはない、五箇山と白川郷のみの大変貴重な民家の形式をみることができます。
合掌造りは約100年~200年前のものが多く、古いものは400年前に建造されたといわれています。雪がとても降る富山ならではの強固な造りは、人々の生きる知恵が生んだ偉大な発明とも言われています。

詳細情報

6:みくりが池

6つ目にご紹介する富山県の絶景は「みくりが池」です。標高2,405mに位置する火山湖で、6月まではすっぽりと雪で覆われています。7月から10月はその美しいブルーの水面に立山が反射しますが、その姿は圧巻の一言です。
みくりが池は、人気アニメ映画の舞台となったことでも有名です。池は山々に囲まれているのでとても空気が澄んでいて、夜になるとこれほどまでの星空を見る事ができます。近くにはみくりが池温泉もあり、疲れた体を癒してくれます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する