• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】夜景×プロジェクションマッピング!六本木ヒルズで"星空のイルミネーション"開催

東京の夜景が一望できる人気スポット六本木展望台「東京シティビュー」。普段の夜景もとてもきれいですが、もっと夜景が魅力的になる本物の星とバーチャルの星がコラボした‟星空のイルミネーション”が今年も開催されます。魅力と共に‟星空のイルミネーション”をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

六本木展望台 東京シティビュー

東京シティビューは、六本木ヒルズの52階(海抜250メートル)の屋内展望回廊と、海抜270メートルの屋外展望回廊「スカイデッキ」がある展望施設です。
東京タワーや東京スカイツリーだけでなく、天気が良い時は富士山までもが一望できます。また、オープンエアの屋上「スカイデッキ」は、都心にいながら星空観察が楽しめる空間になっています。

‟星空のイルミネーション”開催!

開催期間:2016年11月23(水)~2017年1月29日(日)

2016年11月23(水)~2017年1月29日(日)の期間中に、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」で「星空のイルミネーション」が開催されます。
都心の夜景に、リアルとヴァーチャルの星空が共演する異空間が広がります。開催期間が去年の49日間から、今年は68日間に延長しました。

「星空のイルミネーション」の3つの魅力

窓面プロジェクションマッピング

自分のスマホで、夜空の星を操る「窓面プロジェクションマッピング」。都心の夜景が一望できる展望台の窓16面が、巨大なスクリーンに変身します。

プラネタリウム“MEGASTAR”

360度自分を取り囲み、満天の星を見ることが出来る「プラネタリウム“MEGASTAR”」。宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥ります。

3D SKY WALK

宇宙散歩をしているような感覚に陥る「3D SKY WALK」。最新の観測データをもとに再現された膨大な星が、立体的に浮かび上がります。明るい星は強くきらめきます。

プロと星座を探す「星空観察会」も特別開催!

森タワー屋上スカイデッキで、毎月第4金曜日に開催している六本木天文クラブの「星空観察会」は、期間中の毎週土曜日も特別開催するそうです。天文の専門家の説明を聞きながら、望遠鏡を使って冬の星空を鑑賞することが出来ます。

リアルとバーチャルの星空を見上げよう!

※イメージ

いかがでしたか?毎日綺麗な夜景を見ることが出来る展望台ですが、ぜひこの機会にリアルとバーチャルのたくさんの綺麗な星を見てみてください。

▼詳細情報

【開催期間】2016年11月23日(水)~2017年1月29日(日)
【会場】六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
【営業時間】
〔52F屋内展望フロア〕10:00~23:00(最終入館22:30)
※ 金・土・休前日は25:00(最終入館24:00)
〔屋上スカイデッキ〕11:00~21:00(最終入場20:30)
※スカイデッキは「星空のイルミネーション」開催期間中、営業時間延長
※スカイデッキは荒天時はクローズ
※プラネタリウムエリアは、一部22:00(最終入場21:30)までとなります。
【入場料】一般1,800円/大学生・高校生1,200円/4歳~中学生600円/シニア(65歳以上)1,500円※スカイデッキ入場料は展望台入場料に加え500円(子供は300円)
ozmallで見る
  • 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
  • 0364066652

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する