• はてぶ
  • あとで
絶景が望める!日帰り可能な「湯西川温泉」の人気ランキングTOP7

栃木県の日光市に佇む「湯西川温泉」には、観光案内所や旬な季節の食材を使った美味しい食事処、土産物屋、そして日本の温泉の中でもランキングトップクラスに入る源泉を堪能することができる日帰りも可能な天然温泉がございます。湯西川温泉では、美味しいグルメ付きの人気の貸切露天風呂や日帰り温泉ができる温泉旅館をランキング形式でご紹介していきたいと思います!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

第7位 湯西川白雲の宿 山城屋

貸切り露天風呂がとても良かったです。囲炉裏を囲んでの食事も最高でした。従業員の方々の接客も大変よくてゆっくりできました。

出典:www.jalan.net

高齢者に優しくて、お風呂も食事も気に入っておられました。良いおもてなしをしてもらい、妻共々感謝しております。また伺いたいお宿です。

出典:www.jalan.net
第7位にランキングした「山城屋」は、日本の四季を感じることができる貸切露天風呂と、囲炉裏を囲んで鷹狩料理を満喫することができる素晴らしい温泉宿です。渓流がすぐ目の前にあり、雄大な自然を望むことができる美しいロケーションに囲まれた施設は、従業員の方の丁寧なおもてなしが印象的な宿です。
また、神経痛、筋肉痛、関節痛などの疲労回復によく効き、女性にも嬉しいすべすべの美しい肌への効果も期待できそうです!

詳細情報

3.26 141

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

第6位 平家本陣

少数のスタッフですが親切で対応が良かったです。客室は広くて掃除も行き届いて4人でも余裕でした。また温泉も内風呂、露天風呂共きれいで良かったです!

出典:www.tripadvisor.jp

食事は期待してませんでしたが(宿泊費が安いから)、味付けもおいしくてボリュームもあり、満腹になりました。一緒に誘った友人も満足でまた連れて来て!と言ってます。

出典:www.tripadvisor.jp
「平家本陣」は、平家落人伝説400年の歴史が残る山深いにある施設「平家の里」がすぐ近くにございます。広々とした大浴場と扇にかたどった岩が象徴的な露天風呂が一番人気です。
この温泉旅館はコスパが大変魅力的で、最もおすすめしたいプランは、宿泊費、バイキング、飲み放題、が全て込みの「60分飲み放題+バイキング2食付6,075円!」です。
なんと土曜日も平日料金で受け付けていますので、これは絶対見逃せないプランですね!

詳細情報

第5位 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄

大浴場、露天風呂、家族風呂、天然温泉、ジャグジーが備わったアルカリ単純泉の温泉です。

大浴場、露天風呂、家族風呂、天然温泉、ジャグジーが備わったアルカリ単純泉の温泉です。

平家の庄さんは、まず門構えから迫力があり、館内も全てが過去にタイムスリップしたような印象で、日頃の疲れを癒すには最高の演出だと思います。

出典:travel.rakuten.co.jp

気さくで心温まる接客に明るい笑顔。源泉かけ流しの湯に山食材のバイキング。支払いの際に、この料金でいいのかと心配になるほどコスパの高い宿でした。

出典:travel.rakuten.co.jp
天然温泉100%掛け流しの温泉旅館「平家の庄」は、あふれ続けるお湯の循環利用を必要としない豊富で新鮮な自家源泉の恵みを体験することができます。
全て渓谷に面しており、それぞれ造りが異なっておりますので、お子様からご年配の方まで飽きることなく、美肌の湯を楽しむことができます。なお、バスタオル・浴衣・フェイスタオルも全て貸与で手ぶらで行くことが可能ですので、大変嬉しいサービスですね。

詳細情報

3.25 487

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

第4位 水の郷

2011年7月18日にオープンした「日光市湯西川『水の郷』観光センター」は、平家落人の里に建設されています。源泉掛け流しの日帰り温泉施設や足湯のほか、土器や古民具を展示する「湯西川くらし館」などが完備されていますので、じっくりと観光も堪能しながら快適な時間を過ごせそうです。
pH9.5 のアルカリ性単純温泉で、スベスベの美しい肌を手に入れることができます。刺激が弱めですので、ご高齢の方も安心して入浴できますよ。

詳細情報

栃木県日光市湯西川473-1

3.19 118

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

第3位 湯西川温泉共同浴場 薬師の湯

川っぺりにある露天の方に入浴。先客のおじさんがとても人柄の良い方で温泉談議に花が咲き、ついつい長湯。ちょうどカマクラ祭も終わり温泉街が落ち着いたところだったので人通りもなく開放的に脱衣できました。

出典:onsen.nifty.com

石造り浴槽は2.5畳サイズ。湯色はほぼ無色透明。香りは仄かな硫黄の硫酸塩系。浴感的にはややつる。50℃ぐらいかと思ったので、若干加水をして44~45℃の具合となったが、加水なしでもぎりぎり入れたかもしれません。素朴な風情の中でゆっくりと楽しませて頂きました!

出典:onsen.nifty.com
共同浴場「薬師の湯」から橋を渡った対岸に「薬研の湯」があります。ここは対岸の金井旅館さんが所有する温泉施設で、24時間利用が可能となっています。
橋を渡ってから右へ進むと川原へ降りる階段があり、橋の下をくぐると大岩のくぼみに、深いところで50cmぐらい、3~4人が同時に浸かれるぐらいの広さの露天風呂があります。
開放感を感じながら森林の景色を楽しみたい方に是非おすすめしたいスポットです!

詳細情報

栃木県日光市湯西川

写真を投稿する
3.00 00

第2位 おやど 湯の季

山の中に現れる、一軒のお宿。 川沿いに建っており、水の音がまた心を安らげる。 周りには「平家の里」があるが、あとは何もないので買い物などは済ませてからチェックインすること。 温泉は室内・露天・貸し切り風呂。 貸し切り風呂は空いていれば入ってOKの便利仕様!

出典:www.tripadvisor.jp

お風呂は「露天風呂」「内風呂」「家族風呂」とありましたが、どこも清潔感があり申し分なかったです。家族風呂は温度調整ができたので、子供もゆっくり入れました。

出典:www.tripadvisor.jp
コストパフォーマンスがとても良い人気の温泉旅館「湯の季」は、露天風呂が素敵で、女将さんも子供にも優しく大変おもてなしのサービスが良い宿です。
3つの源泉を使った天然温泉は100%かけ流しとなっており、四季折々の風情漂う露天風呂では、5種類のお風呂を堪能することができます。泉質はなめらかで優しく、療養にも適していますので、観光をお楽しみ頂きました後には、この400年の歴史を誇る伝統の湯で心を満たしてください。

詳細情報

写真を投稿する
3.66 10

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

第1位 彩り湯かしき 花と華

湯西川のほとりにある露天風呂は最高です。 お湯も最高ですが川向かいの山の新緑はたまりません。 お風呂に入って山をみていたら、小石がころころ落ちてくるので なんだろぅと見ていたらカモシカが2頭歩いてました。 すごーーぃ!感動です。自然の中での露天風呂は是非はいってください

出典:www.tripadvisor.jp

料理が細かく選べる、ろばた料理。これが決め手でした。 お料理は、栃木和牛は美味しく、温泉もいい湯でした。 門構えが非常に立派です!

出典:www.tripadvisor.jp
渓流沿いの壮大な露天風呂、優しい木の香りが漂う総檜風呂、サウナ付の大浴場、岩風呂、貸切風呂など男女合わせて計10種の湯船が備わっています。この中でも特に洞窟風の岩風呂と渓流を望む露天風呂がおすすめで、極上の気分を味わうことができます。
大きな窓から大自然を見渡すことができる開放的な大浴場と、湯西川の水しぶきや瀬音が間近で美しい渓谷を眺めれる露天風呂も大変魅力的で人気が高いです。
このアルカリ性の泉質は肌をすべすべにしますので、一度体験しに来てみて下さい。

詳細情報

日帰り可能な温泉ランキングはいかがだったでしょうか?大自然の絶景を一望しながらクオリティーの高い温泉に入ることができる人気の露天風呂に癒されに日光へ訪ねてみませんか?次の休暇は是非!「湯西川温泉」へお立ち寄りください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する