• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
大阪旅行の拠点に!「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」の魅力

大阪府の玄関、新大阪駅の目の前に位置する「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」は、好立地で館内設備やサービスが良く、快適な滞在ができると大阪旅行者に人気のホテルです。関西主要都市や大阪府内各地へのアクセスがしやすく、ビジネスや観光の拠点にぴったりなのも人気の理由。今回はそんな魅力あふれる「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」を紹介します。

このまとめ記事の目次

新大阪駅の目の前にある「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」

2015年にオープンしたばかりの「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」は、JR・地下鉄「新大阪駅」から徒歩で約1分のところにある好立地ホテルです。大阪、神戸、京都、奈良など関西の主要都市へのアクセスが良く、出張や観光の拠点にぴったりだと人気があります。
館内はモダンなインテリアデザイン。清潔でお洒落な雰囲気が広がっています。最新技術のモバイル環境も備え、旅行客のライフスタイルをサポートする、機能的な空間を提供してくれるホテルです。

快適な滞在にふさわしい客室

コートヤードルーム ツイン・ハイフロア

コートヤードルーム・キング

全332室の客室は、落ち着いたモダンなデザイン。広さは30㎡以上で、とても広々としています。ベッドはシモンズ製で、室内装備やアメニティーも充実、無線LAN・有線LANを無料で利用できるなど、快適な滞在をサポートしてくれます。

スイートルーム

17・18階にはスイートルーム3室とデラックスルームで構成されるエグゼクティブフロアがあります。このフロアの宿泊者は、エグゼクティブラウンジを利用でき、ワンランク上の快適な滞在を楽しむことができます。

お洒落な空間が広がる3つのレストラン&バー

Dining&Bar Lavarock

ホテル3階の「LAVAROCK(ラヴァロック)」は、オープンキッチンのダイニングバーです。ダイニングエリア、バー&ラウンジ、半個室のパーティーエリアがあり、様々な目的に利用できます。朝食ブッフェは種類豊富で好評。ランチ・ディナータイムには、贅沢なコース料理などを楽しむことができます。

鉄板焼き 一花一葉

ホテル最上階に位置する「鉄板焼き 一花一葉(いっかいちよう)」高級感あふれる大人の空間を演出する鉄板焼きレストランです。カウンター席では、黒毛和牛や四季の食材で創る絶品料理を、目の前で繰り広げられる職人の匠な腕技とともに楽しむことができます。

Bar19

※イメージ画像

※イメージ画像

ホテルには、都会の雰囲気あふれるお洒落なバーも併設されています。バーから見える大阪港まで続く夜景は絶景です。フィッシュ&チップスやマルゲリータピッツァなどの軽食と一緒に美味しいお酒を楽しみましょう。

その他サービスも魅力的!

フィットネスルーム

エステ

※イメージ画像

ホテル館内には、ランニングマシーンやバイクを備えた本格フィットネスルームが併設されています。宿泊者は24時間無料で利用できるのが嬉しいですね。また、部屋でゆっくりエステを受けることができる、インルームエステプランもあります。プライベートな空間でリラクゼーションタイムを楽しみましょう。

周辺情報

新大阪駅の駅前に位置するので、周辺には飲食店やコンビニエンスストアが点在しています。また、ショッピングスポットもあるので、観光にはぴったりのホテルです。

「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」に泊まろう!

いかがでしたか。「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」は好立地の観光やビジネスにぴったりなホテルですね。新大阪駅付近でホテルをお探しの際は、ぜひこちらのホテルを利用してみてください。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する