• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】チームラボの展示も!高知で「高橋コレクションマインドフルネス!2016」開催

高知県立美術館(高知県)にて「高橋コレクション マインドフルネス!2016」が開催されます。チームラボの「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を展示するんだとか。期間は2016年11月3日(木・祝) ~ 2017年1月22日(日)までです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

“チームラボ”とは

「チームラボ」とは2001年3月に創業した ウルトラテクノロジー集団で、最先端テクノロジーの研究から、Webのプロデュース、システムインテグレーション、マーケティングテクノロジー、アートまで幅広く活動を行っています。日本から世界へテクノロジーと文化を発信し続けることを目指し、注目を浴び続けています。
2015年のミラノ万博では日本館において二つの部屋の展示制作を担当し、もっとも印象に残る展示に送られる「BEST PRESENTATION賞」や、展示デザイン部門の金賞を受賞したそうです。素晴らしさが伝わったでしょうか?
日本ではもちろんですが、世界でも注目を浴びている「チームラボ」。あなたはすでに「チームラボ」のイベントや展覧会に訪れたことがありますか?

「高橋コレクション マインドフルネス!2016」にチームラボが展示

開催期間:2016年11月3日(木・祝) ~ 2017年1月22日(日)

高知県立美術館(高知県)にて「高橋コレクション マインドフルネス!2016」が開催されます。チームラボの「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を展示するんだとか。期間は2016年11月3日(木・祝) ~ 2017年1月22日(日)までです。

世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う

出典:www.youtube.com

United, Fragmented, Repeated and Impermanent World - YouTube

●United, Fragmented, Repeated and Impermanent World This art work is an interactive work where the viewer becomes a part of the work. Ito Jakuchu (1716-1800)...

インターネットによって人々と作品の関係は変化し、人々は作品に参加し一体となってきています。「Nirvana」を発展させ、繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目ごとに抽象化された世界とが、鑑賞者の存在により入り混じるインタラクティブ作品となっています。
升目をピクセルとして見立て、空間が動いていきながらも、画面内で固定化された升目で抽象化していていくという新しい視覚効果を作り、鑑賞者の存在によって、繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目によって抽象化されて描かれた世界とが入り混じるそうです。

「高橋コレクション マインドフルネス!2016」とは

開催期間:2016年11月3日[木・祝]~2017年1月22日[日]

「マインドフルネス!2016」展では、高橋コレクションの原点である草間彌生にはじまり、日本の現代美術を牽引してきた横尾忠則、森村泰昌、舟越桂から、奈良美智、村上隆、会田誠、鴻池朋子、そして合田佐和子、塩田千春、竹崎和征ら高知県にゆかりのある作家から松井えり菜、清川あさみなど注目の若手作家まで含む、高橋コレクションの醍醐味を十二分に味わえる展示構成になっているそうです。
日本屈指の現代美術作品コレクター・高橋龍太郎氏の作品コレクションは、現在2500点を超える大きな規模に膨らんでいます。2008年から2010年にかけて、全国7美術館を巡回した展覧会「ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション」では、1990年代以降の日本の現代美術を俯瞰する上で不可欠な作家作品を多く含む、非常に重要なコレクションであることを国内外に示したそうです。

「高橋コレクション マインドフルネス!2016」に行きたい!

高知県立美術館にて開催される「高橋コレクション マインドフルネス!2016」行ってみたいですね。「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」の展示は見逃せません。

▼詳細情報

開催期間:2016年11月3日[木・祝]~2017年1月22日[日]
開館時間
開館日:年中無休(年末年始除く)
開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 高知県高知市高須353-2
  • 0888668000

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • あなたは秋をどうやって楽しみますか?今回はゆったり秋を満喫できる「芸術の秋...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する