• はてぶ
  • あとで
おしゃれスポット満載!最旬“ゆったりハワイ女子旅”4泊6日プランはこれだ

日本にもハワイから上陸したカフェがオープンしたり、ハワイには話題のお洒落スポットがたくさん。流行ものが多いハワイは女子旅にピッタリな場所です。今回は4泊6日でまわれる人気スポットを定番から最新のものまで紹介したいと思います。ゆったりまったりなハワイ旅を満喫しませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

まるで天国のような場所、「ハワイ」。

青い海に青い空。1年を通して温暖で過ごしやすい気候のハワイは定番の大人気リゾート地ですよね。何回行っても楽しく、また行きたいと思えるのがハワイなんです。
ハワイの中心と言えばオアフ島のホノルル。ワイキキビーチにはいつもたくさんの人が集まっていますよね。都会と自然、それが一度に味わえるのがハワイの魅力。

ハワイで女子旅があつい!

そんなハワイですが、日本にもハワイで話題のパンケーキやアサイーボウルのカフェがオープンしたり、今や流行発信地。流行ものが大好きな女子だからこそハワイには行きたいスポットがたくさんあるんです。
買い物だって女子同士なら待たせる必要なし。家族や恋人と行くのももちろん楽しいけど、女子同士ならもっと楽しいはずです。今回はそんなハワイの女子旅4泊6日のおすすめプランを紹介したいと思います。

〈1日目〉

[9:00] ハワイに到着

日本からハワイへの直行便は日本を夜に出発してハワイには朝に着くのがほとんど。時差ぼけにならなように機内ではしっかり睡眠をとりましょう。
ワイキキに移動したらチェックインまでの時間の暇つぶし。ワイキキビーチ周辺のホテルからアクセスのよいロイヤルハワイアンセンターで休憩するのがおすすめ。「アイランドビンテージコーヒー」などの人気店もあります。

[15:00] ホテルにチェックイン

ホテルはワイキキエリアに宿泊するのが便利。特に「ロイヤル・ハワイアン」は女子の永遠の憧れですよね。ピンクいっぱいのホテルにテンションが上がること間違いなしです。
ホテルにチェックインしたら夕食までの時間はワイキキ周辺の散歩に出かけましょう。ワイキキ周辺のホテルだと、徒歩でいろいろなところに行けるので便利ですよね。フライトで疲れている初日はそこまで遠出しないのがおすすめ。
ハワイではやっぱりリゾートウェアが着たい!日本から持ってくるのもいいですが現地にはかわいい洋服がたくさんあります。ロイヤルハワイアンセンター内にある「アルーアスイムウェア」や「ピンク・サンド・ハワイ」などがおすすめです。ここならホテルから散歩ついでに来れちゃいますね。

[18:30] MICHEL’S(ミッシェルズ)で夕食

初日は人気レストランで少し贅沢な夕食を。ハワイ初日は海鮮や肉料理などアメリカンなものが食べたいですよね。ここ「MICHEL’S(ミッシェルズ)」は1962年創業の老舗レストランで、店内からはワイキキビーチやダイヤモンドヘッドを一望することができますよ。
海が見えるレストランなので景色も最高。夜のワイキキの雰囲気がたくさん味わえるはずです。フライトの疲れや時差ボケを直すためにも一日目は早くホテルに帰ってゆっくり休みましょう。
guruyakuで見る

2895 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815

3.04 019

〈2日目〉

[9:00] ハワイの海でアクティビティ

ハワイの海を存分に楽しむためにおすすめなのが“マリンアクティビティ”。早起きをして出かけましょう。水中スクーターなら海の中の魚たちや、運が良ければウミガメにだって会えるかも!
透き通った海で泳げるなんて日本ではなかなかないもの。ハワイに来たらアクティビティで海を楽しむのが正解。半日でハワイの海を満喫できるマリンアクティビティは、滞在中一度は体験しておきたいですね。
もう1つ女子旅におすすめなアクティビティは「SUP(サップ)」。立ちながら行うサーフィンでサーフィン初心者にもおすすめ。最近はサップヨガも流行っているそう。こういったアクティビティは事前に日本で予約していくのがおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する