• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
あんこと抹茶の最強コンビ!新感覚の和ドリンク『福吉らて』とは

多くの人に愛される抹茶とあずき。そんな黄金の組み合わせを"飲む"新しいドリンクをご存知ですか?今回は北海道でじわじわ話題を集めている、そんな新感覚の"和ドリンク"『福吉らて』の詳細をご紹介します。

このまとめ記事の目次

あんこと抹茶のコンビは永遠!

和菓子好きなら誰でも認める、「抹茶×あんこ」の黄金の組み合わせ。小さい子供から恒例の方まで、幅広く愛されている「抹茶×あんこ」は、かき氷やパフェ、あんみつなど様々な楽しみ方ができるのも魅力の一つです。
今ではアイスやロールケーキ、ベーグルなど、洋菓子までバラエティが広がり、より多くの人に愛されていることがわかります。そんな永遠のコンビ「抹茶とあんこ」を、一口で味わえる新感覚の"和ドリンク"があるのをご存知ですか?

"抹茶×あんこ"を飲む!『福吉らて』が美味しすぎる

『福吉(ふくよし)らて』420円

どちらも北海道旭川に本社を置く老舗の製餡(せいあん)会社「福居製餡所」と、老舗のお茶屋「吉川園」の三代目が設立したカフェ「USAGIYA(うさぎや)」のコラボによって生まれた、新感覚の"和ドリンク"『福吉らて』がこちら。
あんこ・牛乳・抹茶が綺麗に三層を作り出す『福吉らて』。店員さんが立ててくれる抹茶は、牛乳のおかげで苦味も強くなく、まさに"ラテ"の味わい。たっぷり入ったあずきをしっかり混ぜて飲めば、黄金コンビが一気に口の中へ。まさに夢のようなドリンクです。

『福吉らて』は種類も豊富!

「抹茶らて」370円

「抹茶が飲めない…」「あずきが苦手…」そんな方も安心な、抹茶らて・しるこらてもあるんです。これなら、いろんなお友達と来てもみんなで楽しめますよね。全てホットとアイスが選べるので、どんな気候でも美味しくいただけます。

「福吉さんでー」500円

さらに、アイス好きに朗報。『福吉らて』の味をそのままに、牛乳がソフトクリームになった『福吉さんでー』もあります。見た目にも可愛いこちらは、寒い日でも食べたくなっちゃいますよね。

「しるこらて」370円

レトロな雰囲気あふれる『福吉カフェ』

そんな夢のような新しいドリンクが頂けるのは、北海道旭橋に本店を構える『福吉カフェ』です。大正14年に立てられた歴史建築"北島製粉所"を改装して作ったという、なんともレトロな雰囲気が素敵なカフェです。
店内は、旭川家具を取り入れた、シンプルで穏やかな雰囲気。晴れた日には窓際に座って、暖かい日差しをあびながら心地よい時間を過ごすことができます。なんとフリーWiFiも完備されており、観光の合間にも立ち寄りやすいお店です。

名物「ときわ焼き」も見逃せない!

「ときわ焼き」230円〜

ここのもう一つの名物は、北海道の観光名所「旭橋」をモチーフにした『ときわ焼き』。バターが香るサクサクのデニッシュ生地に、チョコチップやクリームなどの甘い系から、フランクフルトやキーマなどおかず系まで様々な種類のあんが選べるおやつです。
お店で焼き上げるときわ焼きは、テイクアウトも可能なので、『福吉らて』と一緒にテイクアウトして、北海道観光のお供にするのもオススメです。ときわ焼きは種類が選べますが、『福吉らて』にも使用されている美瑛産"しゅりまあずき"が特にオススメです。

北海道で"和スイーツ"をたのしもう!

いかがでしたか?北海道の老舗のコラボが作り出す絶品の和スイーツたちは、見た目にも可愛くフォトジェニックなものばかり。ぜひレトロな雰囲気と美味しい和スイーツが楽しめる『福吉カフェ』に行ってみてくださいね。

詳細情報

  • 北海道旭川市常盤通2-1970-1
  • 0166856014

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 抹茶にあんこや餅…日本ならではの和の味が味わえる「和スイーツ。これからの季...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する