1日でも温泉は楽しめる!湯河原のおすすめ日帰り温泉ランキングTOP7&宿泊施設

1700年の歴史をもつ心と体を癒してくれる温泉郷「湯河原温泉」。全国の温泉ランキングにかならず名を連ねる名湯が並びます。そこで今回は旅好きの筆者が、湯河原温泉のなかでも日帰り入浴ができる温泉をランキングでご紹介します。最後には、おすすめの宿泊施設もご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

〜日帰り温泉ランキング〜

第7位 湯河原温泉「中屋旅館」

※写真はイメージです。

第7位は「中屋旅館」です。こちらは、日帰り温泉可能な旅館です。老舗旅館で明治創業のレトロな雰囲気を楽しめます。館内敷地より湧出する豊富で良質な天然温泉100%使用をしていて、塩素等は一切使用していないという風呂自慢の宿なんですよ。強アルカリ性の泉質で、美肌の湯ともいわれています。
湯河原温泉で隠れ家的な木造の小さな宿は、看板を見なければランキングインの温泉宿とは気がつかないかもしれません。知る人ぞ知る秘湯の趣があり、のんびり良泉に浸かって日常の喧騒を忘れさせてくれる日帰りの穴場温泉です。

詳細情報

住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上606
電話番号 0465-62-2024
FAX番号 0465-64-0050
チェックイン/アウト 14:30 / 10:00
アクセス方法 湯河原駅より車で7分 不動滝・奥湯河原行きバス 10~15分乗車 温泉場中央下車 徒歩2分
駐車場

中屋旅館

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上606

写真を投稿する
3.00 00

第6位 湯河原温泉「大滝ホテル」

第6位は、「大滝ホテル」でした。こちらは日帰り温泉が可能なホテルで、快適な温泉とおいしいお料理が楽しめます。湯河原温泉NO1と言われる湯量豊富な露天風呂からは最高の眺めを楽しむことができます。湯の中で浸かるだけではなく目でも癒される日帰り温泉は、湯河原の名勝地「不動の滝」に隣接しているランキングインの温泉です。

詳細情報

住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750-1
電話番号 0465-62-7111
FAX番号 0465-62-7115

第5位 湯河原温泉足湯施設「独歩の湯」

第5位は「独歩の湯」という足湯施設でした。湯河原温泉ランキング5位の豊富な源泉が足先から身体の疲れをとってくれます。回廊のような9種の温泉によって「イタ気持ちいい」と感じることができ、身体の悪い部分が治癒していく実感を味わえる日帰り温泉です。自然の景色を楽しみながらのんびり暖まれますよ。

詳細情報

大人(15才以上)300円/小・中学生200円
営業時間 10:00~18:00  ただし、11月~2月は17:00閉園となります
休業日 毎月末木曜日(祝日にあたる場合はその前日)
※休業日が変更になる場合もございます。独歩の湯公式ブログでご確認下さい。
住所 湯河原町宮上704
お問い合わせ 独歩の湯 0465(64)2326
アクセス 【車でお越しの方】
東京方面より国道135号線湯河原高校前右折→直進10分(観光会館)
※お車でご来園の方は「観光会館」又は「こごめの湯駐車場」をご利用下さい
(いずれも有料1時間100円)。
【電車・バスでお越しの方】
JR湯河原駅から
・路線バスで 2番乗り場「奥湯河原」または「不動滝」行きバス約10分
「落合橋」バス停下車
・タクシーで 「観光会館」まで約8分

第4位 湯河原温泉いずみの湯(ニューウェルシティ湯河原)

第4位は「いずみの湯(ニューウェルシティ湯河原)」です。ホテルの右側にある別棟が日帰り入浴のできる湯河原温泉「いずみの湯」です。大きな露天風呂と熱いサウナで都会の喧騒で疲れた身体と心をリフレッシュできるランキングインの温泉です。露天風呂では四季折々の風景を楽しむことができます。

詳細情報

11:00~翌朝9:00
料金 大人(中学生以上)1,000円 子供(小学生)500円 幼児(3歳以上)400円
浴衣・バスタオル(レンタル)各300円、入浴タオル(販売)200円
※24時以降は、別途深夜料金1,500円を頂戴致します。
住所・交通 静岡県熱海市泉107
湯河原駅から奥湯河原行き又は不動滝行きバス理想郷バス停下車徒歩1分
お問い合せ ニューウェルシティ湯河原 TEL:0465(63)3721
3.30 373

第3位 神奈川県の湯河原温泉「ゆとろ嵯峨沢の湯」

第3位は、「ゆとろ嵯峨沢の湯」です。湯河原温泉からすこし小高い丘にあがると日帰り温泉施設のこちら「ゆとろ嵯峨沢の湯」があります。日帰り専用ですので施設の利用も便利で人気のほどがうかがわれます。また家族だけでゆっくりできる貸切風呂なども用意されていてランキング入りの要因かもしれません。
湯河原温泉のお湯が「美味い」と言うのはスゴイ!身体に良さそうで、入浴で外からと内から健康になりそうです。美味しい温泉の秘密は地下1,100mの化石水。アルカリ飲料は健康に良い感じがします。

詳細情報

▼ アクセス情報
名称  ゆとろ嵯峨沢の湯
住所  湯河原町吉浜1191
湯河原駅からタクシー8分/真鶴駅からタクシー6分
5名様以上であれば最寄りの駅まで送迎あり
電話  0465-62-2688
営業  10:00~23:00(最終受付22:00) 定休日 毎週木曜
料金 大人(中学生以上) 1,350円、子供(3歳~小学生) 650円、以下無料

第3位(同率) 湯河原温泉 「TheRyokanTokyo」

The Ryokan Tokyo
第3位は「TheRyokanTokyo」です。
こちらは今年2月にオープンしたばかりの「GensenCafe」というカフェも併設。
カフェおすすめの「ほっこりパック」を利用すれば、「タオル」、「館内着」がついているので、手ぶらでOK。
また、こだわりのドリンクも楽しむことができます。
温泉は日本に1%しかないと言われている100%源泉掛け流しです。
カフェ内は、快適すぎて動けなくなる魔法のクッション「Yogibo」でいっぱい!
あまりにくつろぎすぎてしまうので、「人をダメにするカフェ」と言われています。
ダメになってしまったら、そのまま「TheRyokanTokyo」に宿泊してしまうのも、良いかもしれません。
rakutenで見る

おふろcafé HITOMA / The Ryokan Tokyo YUGAWARA

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742

3.17 327
人をダメにする?!温泉旅館でおこもりステイがおすすめ♨️

積読パックとか資格取得パックとか、いろいろ面白いプランがある宿で、「夜型応援朝寝坊パック」で宿泊してきました! ⁡ ✔️おすすめポイント ⚫︎朝寝坊プランは1日3食、チェックイン16時・チェックアウト15時で最大21時間だらだらぼーっと過ごせる🤤 ⚫︎夜通し温泉に入れる♨️ そしてちゃんと温泉出たところに冷水の準備もあって、水分補給もバッチリ👌 ⚫︎Yogiboが至る所にあって、だらだらできる!!! ⚫︎カフェスペースで、20時まで無料で紅茶とコーヒー飲み放題☕️ ⚫︎お部屋に延長コード、スマホ充電コードあり🔌いろいろ充電したいとか、ぴったりの場所にないときとか充電コードあるとすごい嬉しいです🥺 ⚫︎ご飯は定食タイプなんですが、ご飯おかわり自由🍚衣サクサクのサバフライが美味しすぎた🐟 ⚫︎冷蔵文庫で本の交換ができる📕 家から本を持ってきて、タイトルがわからないようにカバーをかけてメッセージを書き、他の人が同じように置いていった本と交換することができます!! 本持ってきて、私もやりたかった😭 ⚫︎UNOやオセロなどボードゲームもある🎲 ⚫︎夜食(追加注文)のうどん、お茶漬けが美味しい。 脱衣所でしか張り紙を見てないので、もっと宣伝してもいいと思う...!!!! ⁡ ✔️注意するポイント ⚫︎館内の支払いはキャッシュレスのみ👛 ⚫︎追加注文した際には、お部屋づけはできないので、その場で必ず支払いが必要! ※こちらもキャッシュレスのみです!!!

第2位 神奈川県の湯河原温泉「こごめの湯」

第2位は「こごめの湯」でした。こごめの湯は、湯河原温泉郷を見下ろす小高い丘の上にあります。日帰り温泉ということもあってか、湯河原温泉のなかでも気軽に利用できるランキング上位の施設となっています。館内には無料休憩所も用意されていて、日帰り客が一日をのんびり過ごせるところがランキングに反映されています。
湯河原温泉は傷ついたタヌキが見つけたと言う伝説が残っていますが、温泉からそんなタヌキの散歩が眺められるのどかな風情が楽しめます。湯河原温泉日帰り入浴ランキングNO2の要因は癒しの空間にあるのかもしれません。湯河原温泉の町営施設であることから地元の日帰り利用も多いそうですよ。

詳細情報

名称  こごめの湯
住所  足柄下郡湯河原町宮上562-6
湯河原駅からタクシー8分/真鶴駅からタクシー6分
電話  0465-63-6944
営業  9:00~21:00 定休日 毎週月曜
料金 大人(中学生以上) 1000円、子供 500円
     1000円の入浴券でコーヒーの無料券が付きます

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する