• はてぶ
  • あとで
定番から穴場まで!東京都内で"初日の出"が見られる絶景スポット11選

初日の出とは1月1日の年の初めに見る日の出のこと。日本では一年に一度の最初の夜明けはめでたいとされていて、毎年多くの人が初日の出を拝みに絶景スポットに訪れます。でも中には完全予約制スポットもあるので気が付くころには募集が終わっていてまた来年...ってこともありますよね。でもまだ大丈夫。予約は始まったばかりです。今回はそんな東京都内の初日の出が見られる完全予約制のスポットから意外な穴場スポットまで11選ご紹介致します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.東京スカイツリー(押上)

東京スカイツリーでは毎年「初日の出特別営業」が行われます。2017年1月1日(日・祝)に計882名限定で東京スカイツリー展望台より初日の出が見られる特別営業で、インターネットでの抽選販売等で募集します。
もちろん来年も行われます。チケット価格は7000円で、申込期間は2016年11月1日(火)から11月21日(月)となっているのでお早めに。最上階から見る初日の出は一生の記憶に残ること間違いなしです!

詳細情報

2.SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(池袋)

海抜251mの高さから都会の景色が一望できる展望台、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」では年末年始の特別企画として「2017年初日の出特別営業」が行われます。当日は150名限定で記念商品などが付いたチケットを販売します。
当日は早朝6時から8時に開かれる予定でチケット価格は2000円。購入方法は11月中旬に前売り券が販売されるそうです。詳しい購入できる日程はまだ公開されていないので気になる方は要チェックです!

詳細情報

3.東京都庁展望台(新宿)

東京都庁展望台の初日の出を見る企画「元旦開室」は1995年から行われている人気の企画で、2017年も元旦の参加希望者を約600名募集します。東京都庁の地上202メートルの展望室から見る日の出は絶景に間違いありません!
都庁展望室の元旦開室の参加希望者は、往復はがきに必要事項を記入して応募します。応募締切は2016年12月8日(木)消印有効なのでお早めに。抽選の結果は2016年12月下旬に応募者全員にはがきで通知されるそうです。

詳細情報

4.六本木ヒルズ展望台(六本木)

東京の中心に位置し、周囲に遮るものがない東京シティビューは東京屈指の絶景スポット。元旦恒例行事となった「初日の出特別営業」は毎年全国各地から応募が殺到し、当選確率約7倍の大人気イベントです。
チケット料金は大人が3500円、高校生、大学生は2500円、4歳から中学生は1500円、それ以下は無料です。時間は早朝6時から8時。2016年12/1(木)~12/11(日)23:59まで東京シティビューWEBサイトで応募できます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する