• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ひと昔前にタイムスリップ!"川越"のおすすめ観光スポット17選

埼玉県・川越は、"小江戸"の名にふさわしい昭和レトロな街並みが大人気。JR川越線・東武東上線(川越駅)、西武新宿線(本川越駅)が主なアクセスルートになっていて、気軽に行けちゃう観光スポットなんです。週末ちょっと時間のある時に、カメラを持って写真旅なんていかがですか?今回は、女子旅や一人旅におすすめな川越のおすすめ観光スポットをご紹介いたします。次の休みは是非埼玉県・川越へ!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

より楽しい週末旅にするために

せっかくのお休み、小旅行だからと言って時間を無駄にはしたくないですよね。どうせ行くなら、たくさんのスポットを巡って満喫したい。そんな方には、川越をより楽しく観光するコツを教えちゃいます。
川越はゾーンごとに観光スポットが分かれています。蔵造りゾーン、本丸御殿ゾーン、喜多院ゾーンを中心に、効率よく回ることができるんです。たくさん写真を撮って、体で小江戸を感じて、思いっきり週末旅を楽しみましょう。今回は、ゾーンごとにスポットをご紹介していきます。

①中市本店 / 蔵造りゾーン

川越では様々なグルメを味わうことができるのはご存知ですか?まず蔵造りゾーンを訪れるといい匂いがしてついついつられて訪れてしまうのがこちらの「中市本店」です。こちらでは焼きたてのおにぎりにたくさんの鰹節をかけたねこまんまをその場でいただくことができます。
小腹を満たすにはぴったりのこちらのねこまんま。鰹節の種類は2種類あるのでお好きな方を選んで食べてみてくださいね。川越散策の際には欠かせないグルメはこの他にもたくさんあります。街中を巡りながらたくさん見つけてみてくださいね。

詳細情報

  • 埼玉県川越市幸町5-2
  • 049-222-0126

②時の鐘/蔵造りゾーン

2つ目にご紹介する川越観光スポットは、蔵造りゾーンにある「時の鐘」です。3層構造で、高さ約16メートルほどある川越のシンボルとなっています。今でも6時・12時・15時・18時の一日4回、鐘の音を響かせているんです。
時の鐘は、1996年に環境庁主催の「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。川越観光といえば、多くの地元人が「時の鐘」と答えるほどの定番スポットです。まず最初に川越代表のシンボルへ行きましょう。

詳細情報

  • 埼玉県川越市幸町15-7 薬師神社 時の鐘
  • 049-224-6097

③椿の蔵 / 蔵造りゾーン

川越散策の合間に疲れた足を癒すならこちらの「椿の蔵」がオススメ。こちらのお店は入ってすぐのところはおみやげ屋さんとしてたくさんの川越土産を購入することができますが、奥まで進んでみるとなんと足を利用することができるんです。
足湯で癒されながら甘味もいただくことができ、蔵の街サイダーやコーヒーなど乾いた喉を潤すにもぴったりのスポットです。ぜひたくさんのスポットを巡りながらこちらでほっと一息休憩も楽しんでみてくださいね。

詳細情報

  • 埼玉県川越市幸町3-2
  • 0492277030

④菓子屋横丁/蔵造りゾーン

4つ目にご紹介する川越観光スポットは、蔵造りゾーンにある「菓子屋横丁」です。明治時代に始まったこの人情味ある街並みは、今でも多くの人々から親しまれています。20数軒の店舗があり、横丁気分をたっぷり満喫できますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • さあ、2019年もとうとう6月に突入!だんだんと暑くなってきて、夏休みまで...

  • 日本一の都会は、東京。これは誰もが認めること。関東ナンバー2は、横浜や鎌倉...

  • 歩いているだけで心踊る町並みってありますよね。日本ならではの和の町に、中世...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する