• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
女人街(通菜街)で可愛いお土産をゲット!香港らしい雰囲気を味わえます!

香港の女人街(通菜街)は香港の中でも人気のショッピングスポットです。たくさんの露店がところぜましと並び多くの観光客で賑わっています。そんな女人街(通菜街)は香港らしい雰囲気を味わうことができる場所です。お土産を選ぶのにももちろんオススメですが、香港に来たぞという気分になれる場所です。

このまとめ記事の目次

香港らしい雰囲気を味わえる場所です

女人街は、昼間は何もない通菜街という通りに、夕方から露店が出始め、夕方になると約1㎞にわたる大屋台街が現れるのです。私としてはここで買いたい物があるから来るわけではなくて、香港の熱気を感じるために来ています。

出典:www.e-asianmarket.com

ここでは、香港らしく、なおかつ面白そうなお土産を探しました。買うかは別として、いろいろ発見できて楽しかったです

出典:www.tripadvisor.jp
香港の女人街(通菜街)は地下鉄本国益の近くにあり、たくさんの露店がひしめいているショッピングスポットです。露店は正午過ぎからオープンし始めます。夜の10時頃まで開いています。露店がぎっしりとひしめいている様子や、品物がところぜましと並んでいる様子は日本では見ることができない光景です。香港らしい雰囲気を楽しむことができる場所です。

女人街(通菜街)の歴史について

香港がイギリスの植民地時代だった時代に、大きな発展を遂げました。その頃に女人街(通菜街)が物資の交差点になりました。実は、女人街(通菜街)は海沿いにあったのですが、その後の開発によって埋め立てられ拡大しました。

ゴミゴミした雰囲気を楽しめるのがいい!

こういう屋台街はバンコクのパッポンストリートもそうなのですが、大人がギリギリすれ違えるくらいの広さの通路を挟んで、両側に屋台が並びます。上の写真にあるような感じでもみ合うように歩くのです。

出典:www.e-asianmarket.com

テントを手作りして、商品を並べているところを見てしまったからかなんだかものすごく活気づいている通りに圧倒される。

出典:bluenoteyu.seesaa.net
さすが香港の女人街(通菜街)。女人街(通菜街)はたくさんの人で賑わっています。観光客同士の方が触れ合うぐらいの人の密集した中で買い物をするのを楽しむことができるのも、女人街(通菜街)の楽し味方の一つです。初めはたくさんの人に圧倒されるかもしれませんが、そのうち慣れて買い物のプロになってしまうかもしれませんよ。スリにはくれぐれも注意ですよ。

女人街(通菜街)で、友達へのお土産を探してみよう!

アイフォンケースなどもよく売られています。品揃えが豊富です。日本では手に入らないデザインのものが殆どですから、気に入ったものがあれば、香港旅行の思い出にアイフォンをお持ちの方にはおすすめしたいお土産です。

出典:www.e-asianmarket.com
女人街(通菜街)で売られている小物たちは日本であまり見かけないデザインのものも多いです。特にiPadやiphoneケースのデザインの種類は多く、見ているだけで楽しくなります。荷物にもなりにくいので幾つか買ってお土産にするにもいいですね。マグネットやカバン、ショールなどのお土産を探すのも楽しいですよ。

値段交渉をするのも楽しみの一つです。

交渉を楽しむところです。半額くらいになる物もあり、楽しいです。

出典:www.tripadvisor.jp

結構距離がありますが、行ったり来たりしながら買い物を楽しみました。 いくつか買うと値段交渉もスムーズで、電卓をお互いに叩きながら値切りました。

出典:www.tripadvisor.jp
もともと定価が安い香港の女人街(通菜街)なので、そのままの値段で買ってもいいかと思いがちですが、せっかく来たのなら値切ってみたいものです。お店の人と値段交渉をするのも楽しい経験です。英語や中国語を話すことができないとしても、電卓一つで値段交渉は可能とのこと。香港旅行に電卓を持っていくのを忘れないようにしましょう!

女人街(通菜街)のアクセス情報

住所: 中国香港通菜街
電話番号: 91737786
いかがですか?香港といえばショッピング!女人街(通菜街)は香港らしい雰囲気を楽しみながら買い物を楽しむことができる場所です。香港らしいお土産やちょっと変わったアイテムを探して歩くのもよし、ただ露店を覗いて香港らしい雰囲気を楽しむのもよし。とにかく香港に来たのなら一度は訪ねてみたい場所です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する