• はてぶ
  • あとで
風情ある和の空間!癒され旅なら札幌の“章月グランドホテル”で決まり

みなさん定山渓ってどこにあるか知っていますか?札幌市の南部に位置する地域で温泉街やスキー場などが有名です。今回は札幌の市街から車で1時間もかからずに行ける、湯の杜“定山渓”(じょうざんけい)でおすすめのホテルをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「札幌に行きた〜い!」

by yto
最近旅行に行きましたか?旅が大好きな方も、最近旅行に行けてない方も、次のお休みは札幌で過ごすのはいかがですか?北の幸を存分に堪能したり、北海道の大自然に癒されたり、札幌は魅力がたくさん詰まった場所ですよね。
本州から陸続きではないため、国内だけれど非日常をさらに味わうことができると思います。今回は、札幌市“定山渓”(じょうざんけい)にあるホテルで最高に癒されたい方におすすめなホテルをご紹介します。

“章月グランドホテル”とは

章月(しょうげつ)グランドホテルはJR札幌駅から車で50分ほどの場所にあり、札幌駅~定山渓温泉間の直行バス「かっぱライナー」も運行しています。そんな1934年開業の伝統に培われた“おもてなし”と“料理”が自慢の老舗宿「章月ホテル」の魅力にせまります。

部屋からの眺めが綺麗

客室は全室が渓谷側に面しているため、定山渓でも屈指の眺望が楽しめます。春夏秋冬どの時期でも四季折々の自然が窓の奥に広がっていて山々、渓流、雪がつくり出す美しい景色を見ているだけで癒されそうです。

源泉掛け流し温泉

露天風呂

観光やスポーツから帰ってきたら、約75度の源泉掛け流し温泉で疲れを癒すことができます。 源泉ならではの効能となめらかな肌触りにゆったりと浸かれば、日本人でよかったと思えるはず。 一面に広がる紅葉に真っ白な雪景色など、露天風呂から眺める景色もとても美しいです。

ひのき風呂

大浴場にはゆったりとくつろげる寝湯に棚湯、やさしい香りに包まれる檜風呂があります。湧き出る温泉の“ナトリウム-塩化物泉”は、北海道にぴったりの体をじっくり温め湯冷めしづらい泉質です。
また女性に嬉しいサービスとして女性専用の化粧室、プライベートルームが大浴場に隣接されています。お風呂上がりのヘアスタイルや、化粧の仕上げをゆっくりとすることができるのは女性にはポイントが高いですね。

“蜂蜜バイキング”を楽しめる!

なんとこちらのホテルでは、世界各地から採りたての蜂蜜を好きなだけ食べられる蜂蜜バイキングが無料で行われています。色や味、香りの違う二十種類もの蜂蜜をクラッカーやヨーグルトと一緒に食べられ、コーヒーや紅茶の用意もあります。バイキングの利用は午後3時~午後10時までです。

6階ラウンジ「かむり」

そんな蜂蜜バイキングを楽しめるのが午前7時半〜午後10時まで宿泊客が自由な時間を過ごせるラウンジ。渓谷に面した窓からはまるで絵画のように広がる自然が望めます。和洋のバランスがとれた内装に、暖炉があったりとおもいおもいにくつろげるスペースです。

最高に癒されるエステ

癒しを求める旅にぴったりなのがエステ。フランス発のスパブランド「THALGO」のアロマオイルで贅沢なひとときを味わえます。体の疲れをとってくれるだけでなく、ラベンダーやマンダリン、ユーカリなど好みの香りは心まで満たしてくれますよね。

年間のイベント情報

定山渓温泉雪灯路

毎年4月中旬から5月の初めに定山渓温泉上空を約400匹の鯉のぼりが泳ぐ「渓流鯉のぼり」、定山渓三笠スキー場で開催される、スノーアクティビティが楽しめるイベント「定山渓雪三舞」、さっぽろ雪まつり期間中、定山渓温泉街がやさしい灯りに包まれる「定山渓温泉雪灯路」など一年を通して楽しめるイベントがたくさんあります。

周辺のコンビニ情報

ホテルから徒歩3分のところにローソンがあります。生活用品からカイロや現地のガイドブックまで手軽にそろうので万が一忘れ物をしても大丈夫です。

いかがでしたか?

全室から渓谷を一望できるのは定山渓ではここだけ。目でも舌でも楽しめる、そして全身で自然を感じられる章月ホテルは女子旅にもカップルの旅行にもぴったり。ぜひ次の旅行の参考にしてみてください。

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示8件
  • 北海道札幌市南区定山渓温泉東3-239
  • 0115984126

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

worldwideweb_World is Wide

このまとめ記事に関して報告する