• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界の絶景スポット10選。一生に一度は訪れたい、憧れの場所集めました

世界には絶景を楽しめるスポットがたくさんありますが、日本から遠く離れた絶景は普段なかなか知る機会がないのではないでしょうか?今回は、地元の方に愛されていたり、世界遺産にも登録されていたりするスポットも含めて、日本ではまだあまり注目されていない場所10個を集めてご紹介します。記事を読むだけでうっとりしてしまいそうな写真にもぜひ注目してみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1. ランギロア島 / フランス領ポリネシア

ますご紹介するのは、フランス領ポリネシアに属する「ランギロア島」です。このランギロア島はタヒチから飛行機で約1時間でアクセス可能で、240もの島々が177キロメートルを超えて連なる、世界で2番目に大きなリング状の環礁をもつ島です。ランギロア島の陸地はほとんど起伏がなく、海面からわずかに盛り上がった陸地が外洋とラグーンを隔てるのみです。水の透明度や水深の浅さ、多様多種の魚が生息することで、ダイバーの聖地としても有名な島です。
宿泊施設は水上コテージが連なる高級リゾートホテルからゲストハウスやペンションまで様々で、ほとんどがポリネシアの伝統的なつくりの建物でできています。そんなキュートな南国建築の宿は、家族旅行や女子旅ではもちろん、ハネムーンで訪れてもワクワクしますね。また、世界中で唯一ランギロア島でしか作られていない特産物は、サンゴの島で育ったブドウから作るワインです。そのワインははとってもフルーティで国際的な品評会でも高く評価されているそうですよ。

詳細情報

  • Rangiroa,フランス領ポリネシア

2. ホッキング・ヒルズ州立公園 / アメリカ

次にご紹介するのは、アメリカにある「ホッキング・ヒルズ州立公園」です。アメリカ・オハイオ州は比較的起伏の少ない平らな大地が特徴ですが、オハイオ州の中心都市であるコロンバスから南東へ車で約1時間のホッキング・ヒルズ州立公園は、州の中でも地形の起伏が美しい場所であると知られています。
この公園の中には、整備されたハイキングコースやバーベキュー場、また澄んだせせらぎや小さな滝などがあり、休日になるとアクティビティを楽しむ家族連れや、カメラを片手に美しい自然を写真に収めようとする人たちが多く見られます。なお、公園内には断層がむき出しになった場所やかなり深い崖がある場所があるので、訪れる際にはその付近に立つ看板をよく読み、十分注意してくださいね。

詳細情報

  • 19852 OH-664, Logan, OH 43138 United States

3. ヒンターブリュール地底湖 / オーストリア

次にご紹介するのは、オーストリアにある「ヒンターブリュール地底湖」です。こちらの地底湖はヨーロッパで最大規模を誇るもので、ウィーンの中心部から車で約35分でアクセスすることができます。地底湖の中はボートに乗っての見学が可能で、ボートに合わせて適度なライトアップがなされており、神秘的な景色を楽しむことができます。
こちらの地底湖は、神秘的な景色とともに歴史を感じることができるんです。というのも、ここはもともと19世紀に開設された石膏鉱山で、20世紀初めに水脈を掘り当てたため、湖となってしまい、石膏鉱山は閉山されてしまいます。そして、第2次世界大戦の末期にナチス軍がこの場所を発見し、排水ポンプで水を外に抜き出しながら、強制収容所にいた人々を労働力として飛行機の製造工場を運営していたという歴史があるんです。なお、地底湖は年間を通して気温が10度前後なので、夏でも防寒対策はきちんとしていってくださいね!

詳細情報

  • Grutschgasse 2a, Hinterbrühl, Austria
  • +43 2236 26364

4. ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランド / ニュージーランド

次にご紹介するのは、ニュージーランドに位置する「ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランド」です。こちらのスポットは、周辺一帯が景観保護区に指定されているとともに、ニュージーランドのノースアイランドを代表する観光名所の1つでもあります。というのも、地熱活動によって形成されたカラフルな色の温泉や一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する間欠泉、そして不思議な地形が見られるため、ニュージーランドで最も色彩豊かな場所として知られているんです。
ワイオタプでは3種類のハイキングコースが用意されています。3種類とも見ることの出来る温泉や地形は異なり、所要時間は1コース30~75分。自分の体力に合わせて選ぶのがおすすめです。きっとあなたの常識からは考えられないような色彩の温泉に出会え、地球の神秘を感じることが出来るでしょう!なお、ワイオタプのビジターセンターには日本語版のガイドマップも用意されているので、ぜひご活用くださいね。

詳細情報

  • 201 Wai-o-tapu Loop Rd, Rotorua 3073 New Zealand

5. ノースストラドブローク島 / オーストラリア

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する