• はてぶ
  • あとで
素敵なクリスマスを楽しみたい!アジアのカップルで行きたい観光スポット30選

アジアにはまだまだ知らないことや国や地域が沢山ありますが、カップルで行きたい観光スポットも沢山あります。特にこれからの季節は大切な人と素敵な時間を過ごしたいとワクワクしている方も多いかと思います。キリスト教の大事な行事でもあるクリスマスに楽しめるアジアのカップルで行きたい観光スポットを紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.常夏のシンガポールでクリスマス

東南アジアを代表する都市シンガポールは赤道直下にあり常夏です。クリスマスも夏ですが雨季なので少し暑さが控えめとなります。多民族国家なので様々な宗教を信じる人々がいて、日本と同様にクリスマスをイベントと捕らて楽しんでいます。常夏のクリスマスはカップルで行きたい観光スポットです。

基本情報

シンガポール
【時差】日本と△1時間
【飛行時間】成田、羽田、関西、中部、福岡から直行便で6時間半から7時間半

2.南国のクリスマス インドネシア

インドネシアは南半球の赤道直下にあり常夏です。クリスマスは雨季になりやや気温が落ち着きます。東南アジア一の人口でイスラム教徒が76%、キリスト教徒が13%のインドネシアは観光地などでクリスマスの飾り付けがされます。常夏のクリスマスはカップルで行きたい観光スポットです。

基本情報

インドネシア
【時差】日本と△2時間
【飛行時間】羽田、成田、関西、中部から直行便で7時間半~8時間

3.バリ島の夕陽にうっとり

東南アジアのインドネシア・バリ島の繁華街にあるクタビーチはインド洋に沈む夕陽が観られるビーチとして有名です。
ヒンドゥー教徒の多いバリ島ですが、観光地の為、観光客向けにクリスマスの飾り付けがなされます。うっとりする様な素敵な夕陽をのんびり眺めるのはカップルで行きたいおすすめの観光スポットです。

基本情報

インドネシアのバリ島
【時差】日本と△1時間
【飛行時間】羽田、成田、関西、中部から直行便で7時間

4.9月からもうクリスマス・ムードのフィリピン

東南アジアのフィリピンは常夏で12月~2月はやや涼しく、アジアでは珍しくキリスト教徒が90%以上でクリスマスは盛大に9月頃からクリスマス・モードに入り、年明けまで続きます。常夏のクリスマスはカップルで行きたい観光スポットです。

基本情報

フィリピン
【時差】日本と△1時間
【飛行時間】羽田、成田、関西、中部、福岡から直行便で3時間40分から5時間

5.近年盛り上がって来ました 中国上海

世界一の人口で東アジアの中国最大の都市である上海のお洒落な雰囲気のバーやレストラン、雑貨店などがある新天地は、観光客や在中外国人、駐在員がよく行く場所で、近年クリスマスを楽しむ人が増えて来ました。

基本情報

中国上海
【時差】日本と△1時間
【飛行時間】羽田、成田、関西、中部、福岡、札幌から直行便で1時間40分から3時間50分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する