• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
全てを忘れるほど美しい。一度は行きたい日本国内の美しき「道」10選

毎日仕事や家事、たくさんの予定でばたばたしてしまっているみなさん。ゆっくり散歩したり観光したりするのって、体だけでなく心もリラックスして気分転換になりますよね。すべてを忘れてしまうほど、綺麗な景色や街並みを見てみたいと思いませんか?今回は、日本国内にある一度は通ってみたい「道」をご紹介。あなたの日常を癒してくれる、そんな道を見つけてみてはいかがでしょうか。

このまとめ記事の目次

【1】稚内フットパス/北海道

1つ目にご紹介する一度は行きたい日本国内の道は、北海道稚内市(わっかないし)にある「稚内フットパス 宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)コース」です。稚内三大景勝地である日本最北端・宗谷岬の後背地に広がる丘陵をステージとしている道なんです。
アイルランドの丘陵に似ているともいわれている宗谷丘陵コースは、どこまでも果てしなく続く純白の道が魅力的。思わず駆け出してしまいたくなるような、開放感あふれる道です。5月~10月頃の期間で利用可能なので是非訪れてみてください。

詳細情報

  • 北海道稚内市宗谷岬
  • 0162-24-1216

【2】竹の径/京都府

2つ目にご紹介する一度は行きたい日本国内の道は、京都府日向市にある「竹の径(たけのみち)」です。タケノコが名産地の日向市には、自然をたっぷり眺めながら歩ける道があるんです。日々の疲れを癒すのにぴったりの場所だと思いませんか?
毎年10月には、水ろうそくを浮かべた約4,000本の灯りでで竹林を照らす「かぐやの夕べ」というイベントも行われているそうなんです。昼間に行って緑の道を歩くのも良いですが、夜ならではの景色も見てみたいものですね。

詳細情報

  • 京都府向日市寺戸町
  • 075-931-1111

【3】智頭宿(ちづしゅく)/鳥取県

3つ目にご紹介する一度は行きたい日本国内の道は、鳥取県八頭郡にある「智頭宿(ちづしゅく)」です。智頭駅から徒歩10分ほどで行ける、歴史深い宿場町をゆったりと歩けるスポットになっているんです。
江戸時代、鳥取藩池田氏が参勤交代を行うため、鳥取を発してから最初の宿駅だったと言われている智頭宿。国の重要文化財に指定されている旧家や映画記念館、工房など見どころはたくさん。四季折々の自然も楽しめますよ。

詳細情報

  • 鳥取県八頭郡智頭町智頭545
  • 0858-76ー1200

【4】UFOライン/高知県

4つ目にご紹介する一度は行きたい日本国内の道は、高知県吾川郡にある「UFOライン(ユーフォーライン)」です。山々に囲まれた場所に続く一本の長い道。ここは「天空の道」とも呼ばれ、空に近いことから名づけられたそうです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する