• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
搭乗からお土産まで!ジェットスター×スマホで行く気軽で身軽な1泊2日札幌旅

スキーに温泉にと旅が楽しみな年末年始シーズン! 旅は移動の時間もいいものですが、チケットの管理や予約番号の控えなど準備するものが多いのは少し大変ですよね? ところが今やスマホで買い物だけでなく、ジェットスターなら飛行機の予約から搭乗まで全部できちゃうのです。今回はauのスマホ片手にとっても身軽な北海道・札幌1泊2日旅に行ってみました!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

年末年始の旅の予定は決まりましたか?

皆さん、年末年始の旅の予定は決まりましたか? スキーに温泉にと遠出が楽しみなシーズン。ただ、移動手段や宿泊、飲食の予約、その予約番号の控えなどなど、事前の準備と管理は面倒で嫌い、という方も少なくないのでは。そんな方にオススメなのが、スマホ片手の身軽旅。今回は、予約から搭乗まで全部スマホでOKの「ジェットスター」に乗って、auスマホ片手にレストラン予約からお買い物も決済までバッチリ! 旅に出かける気持ちのハードルが一気に下がる、北海道・札幌への1泊2日旅に行ってきました。

皆さん、年末年始の旅の予定は決まりましたか? スキーに温泉にと遠出が楽しみなシーズン。ただ、移動手段や宿泊、飲食の予約、その予約番号の控えなどなど、事前の準備と管理は面倒で嫌い、という方も少なくないのでは。

そんな方にオススメなのが、スマホ片手の身軽旅。今回は、予約から搭乗まで全部スマホでOKの「ジェットスター」に乗って、auスマホ片手にレストラン予約からお買い物も決済までバッチリ! 旅に出かける気持ちのハードルが一気に下がる、北海道・札幌への1泊2日旅に行ってきました。

クレジットカードを持っていなくてもチケット購入から搭乗までOK

まずはジェットスターのスマホアプリを使って飛行機のチケットを予約します。行きたい場所はいろいろあるけれど、冬といえばやっぱり北海道! 温泉やアクティビティーももちろん捨てがたいのですが、おいしいものをいっぱい食べて、北海道らしい場所をたくさん訪れるワガママ旅に挑戦します。チケットを検索すると、東京(成田)—札幌(新千歳)線は朝早くからも便があるので週末を無駄なく使えそう。何より、片道4490円からというお手軽価格が嬉しすぎる。これなら、ちょっと近場に行く感覚で北海道旅行が1シーズンに何度だってできちゃいますよね。

まずはジェットスターのスマホアプリを使って飛行機のチケットを予約します。行きたい場所はいろいろあるけれど、冬といえばやっぱり北海道! 温泉やアクティビティーももちろん捨てがたいのですが、おいしいものをいっぱい食べて、北海道らしい場所をたくさん訪れるワガママ旅に挑戦します。

チケットを検索すると、東京(成田)—札幌(新千歳)線は朝早くからも便があるので週末を無駄なく使えそう。何より、片道4490円からというお手軽価格が嬉しすぎる。これなら、ちょっと近場に行く感覚で北海道旅行が1シーズンに何度だってできちゃいますよね。

なんといってもお手軽なのが、auではキャリア決済が可能になっていること。その場でチケットを購入することができ、クレジットカードがなくても大丈夫なので、学生さんにもこれはうれしいかも。あっという間に旅の準備が整いました。まるで都内のレストランを予約するみたいな気軽さがうれしい! 1泊2日なので旅の用意もコンパクトに、北海道・札幌へ出発です!

なんといってもお手軽なのが、auではキャリア決済が可能になっていること。その場でチケットを購入することができ、クレジットカードがなくても大丈夫なので、学生さんにもこれはうれしいかも。

あっという間に旅の準備が整いました。まるで都内のレストランを予約するみたいな気軽さがうれしい! 1泊2日なので旅の用意もコンパクトに、北海道・札幌へ出発です!

出発当日の東京・成田。いつもなら、チェックインのため、空港に早めに到着しているのですが、これってちょっぴり面倒ですよね? 時間ももったいなく感じます。でも今回は、空港に向かう電車の中でモバイルアプリから簡単チェックインが完了し、QRコード付きのモバイル搭乗券が発行されます。(出発の48時間前から搭乗の1時間前までモバイルチェックイン可能)これなら空港への移動中にさっと手続きしておくだけ。こんなに簡単で本当に乗れるの?とドキドキしちゃいました。結果は・・・本当に、モバイルアプリのQRコード付き搭乗券をゲートで読み取ってもらうだけ! 画面に表示されたQRコードをピッとスキャンしてもらうだけで、搭乗できちゃいました。読み取りは「ジェイボード(J Board)」というiPhoneが使われているのにも驚きました。

出発当日の東京・成田。いつもなら、チェックインのため、空港に早めに到着しているのですが、これってちょっぴり面倒ですよね? 時間ももったいなく感じます。でも今回は、空港に向かう電車の中でモバイルアプリから簡単チェックインが完了し、QRコード付きのモバイル搭乗券が発行されます。(出発の48時間前から搭乗の1時間前までモバイルチェックイン可能)

これなら空港への移動中にさっと手続きしておくだけ。こんなに簡単で本当に乗れるの?とドキドキしちゃいました。結果は・・・本当に、モバイルアプリのQRコード付き搭乗券をゲートで読み取ってもらうだけ! 画面に表示されたQRコードをピッとスキャンしてもらうだけで、搭乗できちゃいました。読み取りは「ジェイボード(J Board)」というiPhoneが使われているのにも驚きました。

あっという間に札幌に到着!移動の車内で夕食の予約も

ジェットスターで東京・成田から約1時間40分のフライトを経て北海道・札幌の新千歳空港に到着。このままJRで札幌駅まで移動します。電車に乗るのも、もちろん「Suica改札」(北海道ではSAPICA、Kitacaですが、そのまま使えます)にスマホをピッ!

ジェットスターで東京・成田から約1時間40分のフライトを経て北海道・札幌の新千歳空港に到着。このままJRで札幌駅まで移動します。電車に乗るのも、もちろん「Suica改札」(北海道ではSAPICA、Kitacaですが、そのまま使えます)にスマホをピッ!

札幌駅までは約40分間。この時間をうまく利用して夕食の手配もしちゃいます。「au WALLET Market」へアクセスすると日常生活をより豊かにする「ちょっといいもの」をテーマに、全国の宿泊施設やレストランのチケットを事前購入できるので、ここでもauのスマホを活用。夕食は悩んだ末、北海道の幸を堪能できる郷土料理をチョイス。これで夕食の場所も悩まずに1日遊べます。

札幌駅までは約40分間。この時間をうまく利用して夕食の手配もしちゃいます。「au WALLET Market」へアクセスすると日常生活をより豊かにする「ちょっといいもの」をテーマに、全国の宿泊施設やレストランのチケットを事前購入できるので、ここでもauのスマホを活用。

夕食は悩んだ末、北海道の幸を堪能できる郷土料理をチョイス。これで夕食の場所も悩まずに1日遊べます。

①自分だけの白い恋人が作れる「白い恋人パーク」

札幌駅から、電車を乗り継ぎ、まず向かったのは「白い恋人パーク」。石屋製菓が運営しているこのお菓子のテーマパークはまるで映画『チャーリーとチョコレート工場』をほうふつとさせます。お買い物はもちろん、工場見学やおかし作り体験もできる札幌市内の人気観光スポットです。

札幌駅から、電車を乗り継ぎ、まず向かったのは「白い恋人パーク」。石屋製菓が運営しているこのお菓子のテーマパークはまるで映画『チャーリーとチョコレート工場』をほうふつとさせます。お買い物はもちろん、工場見学やおかし作り体験もできる札幌市内の人気観光スポットです。

ここでは北海道土産でおなじみ「白い恋人」の、オリジナル缶を作れるということで、さっそく挑戦! 希望の缶のサイズや個数を選んで写真を撮ってもらえば、約1時間後に自分だけの「白い恋人」のできあがりです。そして、新婚旅行で訪れたカップルのラブラブ缶に、はさまれて出来上がった、ひとりきりの「白い恋人」…! 「ひとりで撮られる方もいらっしゃいますよ」と係のお姉さんに慰めてもらいましたが、次は絶対、誰かと来たい(笑)!

ここでは北海道土産でおなじみ「白い恋人」の、オリジナル缶を作れるということで、さっそく挑戦! 希望の缶のサイズや個数を選んで写真を撮ってもらえば、約1時間後に自分だけの「白い恋人」のできあがりです。

そして、新婚旅行で訪れたカップルのラブラブ缶に、はさまれて出来上がった、ひとりきりの「白い恋人」…! 「ひとりで撮られる方もいらっしゃいますよ」と係のお姉さんに慰めてもらいましたが、次は絶対、誰かと来たい(笑)!

自分だけの「白い恋人」が完成するまでの間は、施設の中を見て回ったりするのがおすすめ。有料の工場見学はもちろんですが、広い敷地内は見所がたくさんあるので、歩くだけでもあっという間に時間がすぎます。寒くたって欠かせないのがソフトクリーム。一番人気というミックスをチョイス。「白い恋人」のホワイトチョコレートとブラックの両方を楽しむことができました。濃厚なのにあっさりとした後味でぺろりです。

自分だけの「白い恋人」が完成するまでの間は、施設の中を見て回ったりするのがおすすめ。有料の工場見学はもちろんですが、広い敷地内は見所がたくさんあるので、歩くだけでもあっという間に時間がすぎます。

寒くたって欠かせないのがソフトクリーム。一番人気というミックスをチョイス。「白い恋人」のホワイトチョコレートとブラックの両方を楽しむことができました。濃厚なのにあっさりとした後味でぺろりです。

②「レストラン梟巣(おうるず)」で白いスープカレーに挑戦

ソフトクリームで食欲が刺激されてしまったので、ここで北海道1食目をいただきましょう。施設内にある「レストラン梟巣(おうるず)」は、「北海道コンサドーレ札幌」の練習グラウンドを眺めながら食事が楽しめるスポット。ここでは、じゃがいも、かぼちゃなどの野菜や、ロールキャベツなどボリューム満点の「おうるず特製白いスープカレー」をいただきます。

スープカレーと相性のいい北海道産「ななつぼし」のお米とセットです。隠し味になんとホワイトチョコが入っているので、辛みもやさしく感じられます。このお店、夏場はオープンテラスになるそうですよ。冷えた身体をじんわりとあたためてくれるスープカレーに感激!
「白い恋人」が有名な石屋製菓ですが、お土産としておすすめなのがキャンディ。職人の実演を見ることもできる「キャンディ・ラボ」には、ここでしか買えないキャンディがたくさん。
施設内はauのスマホにある「おサイフケータイ」機能が使えたので、スムーズに買い物ができました。

③北海道らしい自然と動物たちに癒される「札幌市円山動物園」

札幌は都会だけれどせっかくなので、北海道らしい景色も見たい! というわけで、次に訪れたのは「札幌市円山動物園」です。札幌駅からのアクセスも良いこの動物園は1951年に開園の北海道で最も古い動物園。札幌の中心部にありながら豊かな自然に囲まれており、至近距離で動物たちを見ることができる、と人気のスポット。
おすすめはホッキョクグマ。飼育下での繁殖が難しいと言われているホッキョクグマですが、ここでは2014年に「リラ」ちゃんが生まれるなど注目を集めていました。ホッキョクグマたちがのそのそと仲良く遊んでいる様子が本当にかわいい!
ほかにもエゾシカ、エゾヒグマなど北海道らしい動物や、アライグマ、ペンギンなど可愛すぎる動物たちの姿や自然を満喫しました。
北海道らしい風景といえば、動物園と駅の間の道のりもはずせません。ちょうど間にある「円山公園」は天然記念物の原始林が広がる札幌市民の憩いの場。運がよければリスやキタキツネを見ることができるそうです。森のように豊かな自然が広がる公園内を歩くだけでリフレッシュ。

関連するリンクこの記事に関連するリンク