• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界遺産の一期生!ポーランドの「ヴィエリチカ岩塩坑」が美しい

世界の美しい自然や歴史的な建造物が認定される世界遺産。日本にも20つの世界遺産があります。今回はそんな世界に数多くある世界遺産の中でも一期生、初めて世界遺産に認定されたポーランドのヴィエリチカ岩塩坑を紹介します。

このまとめ記事の目次

ヴィエリチカ岩塩坑とは?

「ヴィエリチカ岩塩坑」はポーランドにある深さ327m、全長はなんと300km以上に及ぶ巨大な岩塩坑なんです。ポーランド政府が国家事業としてこの坑道を建設し、およそ700年間に渡り掘り進められ、ポーランドの国家経済を支え続けてきました。
"坑道"と聞くと山を切り開いたり、大地を掘ったりして周りが自然に囲まれているイメージをする人が多いと思いますが、ヴィエリチカ岩塩坑の入り口は普通の家のような建物の中にあります。想像と違う雰囲気にほんとにここであっているか戸惑ってしまいそうです。

迷路のような坑内

坑道の内部はまるで張り巡らされたアリの巣のような構造になっています。実はこの全長300kmにもわたる岩塩坑は現在も採掘作業は休止されておらず、稼働しているエリアもあるそうです。
坑道内で、人が通る範囲や観光客が訪れることができる範囲は、階段なども綺麗に整備されており、幻想的な美しい景色を見られます。また、当時の様子を再現した場所もあるなど歴史を感じることもできます。

坑内にある"聖キンガ礼拝堂"

坑内にはいくつかのキリスト教の礼拝堂があります。なぜ坑内に礼拝堂があるのかというと、岩塩坑での仕事は常に危険がつきまとうので、坑内の無事を祈るために造られたと言われています。
いくつか礼拝堂がある中でも「聖キンガ礼拝堂」と呼ばれている地下100mの場所にあるキリスト教の礼拝堂が、1番大きな規模を誇ります。この礼拝堂の模様の入った床やシャンデリア、奥の礼拝堂の祭壇に至るまでほとんどが岩塩で造られています。

坑内にあるその他の施設

レセプションルーム

坑内にはいくつかのレセプションをおこなえる施設があります。大規模なパーティーやイベントなどをおこなえるということで人気のレセプションルームとなっています。

地底湖

岩塩坑に広がる地底湖は綺麗なグリーンにライトアップされています。岩塩坑の内部にあるのでもちろん塩湖で、その塩分濃度は26%を超えているともいわれています。(海水の塩分濃度はおよそ3%、死海の塩分濃度はおよそ30%)

世界最初の世界遺産に行ってみない?

いかがだったでしょうか?世界で初めて世界遺産に登録された12か所のうちの1つである「ヴィエリチカ岩塩坑」を訪れてみませんか?

詳細情報

  • Daniłowicza 10, 32-020 Wieliczka, ポーランド
  • +48 12 278 73 02

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する