• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
歴史を感じる旅へいこう!北欧の歴史がみれるおすすめスポット20選

北欧4カ国のスウェーデン・フィンランド・ノルウェー・デンマークは最近の流行り旅スポットですね。オーロラやフィヨルドなど自然を感じる旅もよいですが、ヴァイキング時代までさかのぼった歴史を感じる旅にでかけてみませんか?北欧の歴史を感じる旅のおすすめスポットにはお城や教会などたくさんあってみどころ満載なんです!ここでは各国のぜひいってほしいおすすめスポットを国ごとに紹介していきます。北欧に興味がある方は要チェックです!

このまとめ記事の目次

① 市庁舎(スウェーデン・ストックホルム)

市庁舎はノーベル賞の受賞者晩餐会がおこなわれる会場です。スウェーデン首都ストックホルムを代表する観光おすすめスポットです。

1923年設立でまだ歴史は浅い市庁舎ですが、晩餐会がおこなわれる「青の間」はぜひみておきたい北欧の歴史を感じる旅スポットのひとつです。

基本情報

【施設名】市庁舎
【アクセス】地下鉄ラドヒューセット駅から徒歩5分
【営業時間】9時30分~16時の間の30分ごとにツアーが出発
【料金】100SEK
【休日】無休

②ビルカとホーヴゴーデン (スウェーデン・ビュルケ島とアデルスユー島)

ビュルケとホーヴゴーデン

北欧の歴史を感じる旅スウェーデン編のおすすめスポットは、ストックホルム近い二つの島にあるヴァイキングの古代遺跡です。ここはスウェーデン最古の場所が数多く存在する場所です。

スウェーデン最古の町のビルカやスウェーデン最古のキリスト教集会所やスウェーデン王族ゆかりの墳墓があるホーヴゴーデンはまさにヴァイキング発祥の歴史を感じる旅スポットですね!
【施設名】ビルカとホーヴゴーデン
【アクセス】ストックホルムから船で1時間45分
【営業時間】なし
【料金】無料
【休日】無休

③ ドロットニングホルム宮殿 (スウェーデン・メラーレン湖)

ドロットニングホルム宮殿

次に紹介する北欧のおすすめスポットは、メラーレン湖のほとりにある世界遺産に認定されているドロットニングホルム宮殿です。この宮殿は絵画のように美しいバロック様式のお城で現在も国王一家の住居として使用されています。

17世紀当時のままほとんど残されている素敵なお城をみて歴史を感じる旅を満喫しましょう。

基本情報

  • 178 02 Drottningholm, Sweden
  • +46 8 402 62 00

④ 大聖堂 (スウェーデン・ストックホルム)

北欧の歴史を感じる旅スウェーデン編で次に紹介するおすすめスポットは、ストックホルムに13世紀後半に建てられた高い鐘楼がシンボルの大聖堂です。王室ゆかりの大聖堂では王室の結婚式もとり行われる由緒ある場所です。

大聖堂の中もすばらしく荘厳な雰囲気になっています。また、夏の季節には毎週木曜日にオルガンコンサートが開催されるので、ぜひいってみて聞きたいですね。

基本情報

【施設名】大聖堂
【アクセス】地下鉄ガムラ・スタン駅から徒歩20分
【営業時間】9時~18時
【料金】40SEK
【休日】無休

⑤ノーベル博物館 (スウェーデン・ストックホルム)

Home

北欧の歴史を感じる旅スウェーデン編で最後に紹介するおすすめスポットは、ノーベル博物館です。ノーベル生誕の場所であるスウェーデンに、ノーベル賞100周年を記念して建てられた新たな観光スポットです。

100年の長い歴史を誇るノーベル賞の歴史や歴代の受賞者の写真などもみることができるのでおすすめです。

基本情報

【施設名】ノーベル博物館
【アクセス】地下鉄ガムラ・スタン駅から徒歩15分
【営業時間】10時~20時
【料金】100SEK
【休日】9月16日から6月2日の月曜日

⑥ アマリエンボー城 (デンマーク・コペンハーゲン)

アマリエンボー城

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する