• はてぶ
  • あとで
“カップル旅行”で訪れたい。「プラハ」の愛と歴史を感じるスポット8選

チェコ共和国の首都、プラハ。古い歴史のある、絵本の世界のような街並みと、荘厳な教会やプラハ城。どこをみてもロマンチックな風景が広がる、世界で唯一無二の、芸術品のように美しい街です。そんなプラハを、カップルで訪れたのなら、きっとプラハの歴史や愛を感じ、さらに恋人のことに惚れてしまうのではないでしょうか。今回はそんなカップルにおすすめの、プラハのスポットを紹介します。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式サイトなどを事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 旧市街広場

プラハ旧市街の中心と言ったらここ、「旧市街広場」です。プラハの宗教改革者ヤン・フスの像を中心にして、周囲には旧市庁舎、聖ミクラーシュ教会、ティーン教会、ゴルツキンスキー宮殿が並んでいる贅沢なスポットですよ。
路上で演奏している音楽隊や、様々な料理を売っている売店、さらには馬に引かれて町中を観光できる場所もあります。いつ訪れてもにぎやかで、昼と夜でまた違った魅力のある、絶対に訪れてほしいスポットです。

天文時計

旧市街広場の旧市庁舎壁面にかけられている天文時計です。1時間ごとに12使徒の像が現れるからくりを見ることができます。非常に精巧にできたギミックで、何度でもみたくなってしまいます。

詳細情報

② カレル橋

世界一ロマンチックな橋、と言っても過言ではないほど、素敵なムードの漂う橋です。これほどまでに夕日が似合う橋は他にはないでしょう。プラハ市内を流れるヴルタヴァ川の上に架かっており、橋の上には30もの銅像が並んでいます。
町がやさしい明かりでライトアップされる夕方から夜にかけての景色は、思わず息を飲んで眺めてしまうほどの絶景。橋の上で演奏をしている音楽隊や、手作り雑貨を売っている人々たちのにぎやかな声も、さらにそのロマンチックな雰囲気を加速させます。

詳細情報

③ プラハ城

プラハのを代表する町のシンボル、プラハ城です。おもちゃのような可愛らしい街並みの中にあるプラハ城ですが、一度中に入ると厳粛な雰囲気が漂っています。ゴシック様式の美しさは、外すことのできないスポットです。
プラハ城からはプラハの町全体を見下ろすことができます。赤い煉瓦造りの建物と、晴れ渡る青い空のコントラストは、まるで絵画のようでとても美しいです。中世ヨーロッパを感じることができるスポットです。

詳細情報

④ 黄金小路

カラフルな家が立ち並ぶ、絵本の世界のような雰囲気の「黄金小路」です。可愛らしい手作りのおもちゃ屋、絵画を販売しているお土産屋さんが並んでいます。プラハのお土産を買うならここがオススメです。
黄金小路には、「変身」などの世界的名作で知られる「フランツカフカ」が実際に執筆活動をしていた水色の建物もあります。フランツカフカの作品をいくつか読んでから、プラハの街を訪れてみてください。きっと、カフカの考えていた思想が少しはわかるかもしれません。

詳細情報

⑤ 国民劇場

「黄金の礼拝堂」という異名を持つ国民劇場です。厳かな雰囲気の外観ですが、夜になるとライトアップされ、さらにその美しい迫力が増します。外から見るだけでも十分に楽しめる国民劇場ですが、内部には優美な空間が広がっています。
ここの劇場では、オペラやバレエを鑑賞することができます。建物を訪れるだけでもいいですが、時間に余裕のある旅ならだ、ぜひ本場のパフォーマンスに触れて、文化的側面からもプラハを楽しんでみてください。

詳細情報

Klíny 2781/37, 00 Brno-Židenice, Czechia

3.04 02

⑥ ジョンレノンウォール

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 子供のときよく読んだ絵本。あのどこか現実離れした世界観は、大人になってから読ん…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する