かなりITが進んでいるおとぎの国?エストニアの首都「タリン」可愛い世界遺産の街

バルト海と北東部にあるエストニアの首都「タリン」という街をご存知でしたか?世界遺産都市でもあるタリンは、中世の趣とモダンな雰囲気が調和した歴史を感じられる街、、というだけでなく、なんとWi-Fiはどこでも繋がり、小学校からアプリ開発の授業があるなど、、かなりのIT先進地というちょっと不思議な街でした!そんな素敵なタリンの街をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

世界遺産に登録された中世の街「タリン」

小学1年生からアプリ開発!?IT先進国の一面も

Wi-Fiはどこでも繋がる!!

個性的な看板も必見

ウィンターシーズンが超綺麗!

周りにおしゃれなお店やレストランも多いラエコヤ広場には、12月になるとクリスマス市が立ちます

やっぱりタリンに来たら海の幸!

タリンが人気な隠れた(?)理由は物価の安さ!

いかがでしたでしょうか?
発展したテクノロジーとメルヘンチックな街並みの調和が世界的にも珍しい都市のタリン。
次のヨーロッパ旅行はエストニアに訪れてみるのも良いかもしれませんね!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する