• はてぶ
  • あとで
九州のお茶の産地【福岡県八女市】ほっこりできるお祭り・イベント5選

九州のお茶の産地【福岡県八女市】で毎年行われるほっこりできるようなお祭り・イベントをご紹介します。全国的にもお茶の産地として有名な、九州・福岡県八女市には、お茶の産地らしいほっこっりできるようなお祭り・イベントが毎年行われています。そんな数多く福岡県八女市のお祭り・イベントの中でも特におすすめなお祭り達を厳選して5つご紹介します。特に「ひなの国・九州」と言われるだけあって、桃の節句にはとても盛大なひな飾りがされます。周辺地域でもとても盛大に行われていますので、ひな祭り巡りとして廻ってみるのもいいかもしれませんね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.柳島の十七夜(あめがたまつり)【柳島】

福岡県八女市の魅力が伝わるお祭り・イベント1つ目は、八女市にある柳島の観音堂前で行われる「柳島の十七夜」です。毎年1月17日に行われ、地元の人々には「あめがたまつり」とも呼ばれています。

このお祭りの始まりは、昔、黒木城主の正室が観音像を胸に抱いて矢部川に身を投じて自殺を図りました。やがてその観音像が柳島に流れ着き、飴形売りが藁束を焚いて観音像を温め、売り物だった飴形をお供えしたことからと言われています。以来、このお祭りにはリン来の飴形売りの露店が立ち並んでいます。

たくさんの藁や竹で作られた、高さ数十メートルにもなる「ほっけんぎょう」に火をともし、地元の人々はこの1年の無病息災を祈ります。
【基本情報】
[住所]福岡県八女市大字柳島397
[日時]毎年1月17日
[問い合わせ先]0943-24-8163
[料金]無料

2.雛の里・八女ぼんぼりまつり【福島各所】

※イメージ画像

福岡県八女市の魅力が伝わるお祭り・イベント2つ目は、「ひなの国・九州」らしさが感じられる、八女のひな祭りのイベントです。周辺地域で柳川や吉井・日田が有名ですが、八女のひな祭りもなかなかの見ごたえがあります。

ここ八女市の「雛の里・八女ぼんぼりまつり」は、毎年2月中旬から3月下旬までの約1か月間開催されます。このお祭りでは、女の子の健やかなる成長と幸せを祈る日本の伝統的な行事の一つとして全国的に普及しています。

あまり知られていませんが、八女市はそのひな人形を作り続けている産地の一つでもあります。つまりひな人形の故郷ということです。白壁の街並みや街の商店街を中心に約100軒もの家やお店で、古いものから新しいものに至るまでの様々なひな人形が展示されています。
【基本情報】
[住所]八女市福島地区一帯
[アクセス]九州自動車道「八女IC」から車で約10分
[日時]毎年2月中旬から3月下旬
[問い合わせ先]0943-22-6644 
[料金]無料

3.聖福寺献上・茶壺道中【黒木町】

福岡県八女市の魅力が伝わるお祭り・イベント3つ目は、1年で一番八女市らしさを感じられるイベントです。それは、お茶の産地として全国的に知られている八女市ならではのもので、毎年10月中旬の土・日曜日に開催されます。

簡潔にまとめますと、八女市の他九州を代表とする南九州市・嬉野市・東彼杵町が、各々の街で採れた自慢の香味のお茶を壺に封印して持ち寄り献上するというものです。これらのお茶は新幹線などに揺られ、博多駅の特設ステージまで持ち寄ります。
江戸時代初期、徳川将軍家に献上するための茶壺が茶壷道中(ティーロード)によって宇治から江戸へ運ばれていました。新茶の季節の恒例行事として、日本らしい行事を九州から発信しています。

4.土橋八幡宮神幸行事【本町】

福岡県八女市の魅力が伝わるお祭り・イベント4つ目は、江戸時代以前から続く八女の伝統行事「土橋八幡宮神幸行事」です。毎年10月17日に本町の土橋八幡宮にて行われる、街を代表とする神事です。

以前はこういった御幸を始めとして、風流・流鏑馬などといった行事は市内数か所の神社で行われていました。しかし、現在ではこの土橋八幡宮のみとなってしまいましたので、とても貴重な伝統行事です。

毎年10月17日に土橋八幡宮にて神事が開催されます。その後御神霊が神輿に乗って稲富のお旅所まで御幸をします。八幡様はここで2泊したのちに、稲富氏子のお願いを聞いてあげるという流れになっています。
【基本情報】
[住所]福岡県八女市本町647番地
[日時]毎年10月17日
[問い合わせ先]0943-24-8163
[料金]無料

5.八女福島の燈籠人形【本町】

福岡県八女市の魅力が伝わるお祭り・イベント5つ目は、八女市本町にある福島八幡宮の境内で行われる秋の伝統行事です。放生会の奉納行事として、秋分の日あたりの3日間に公演されます。

九州エリアで「燈籠祭り」で有名な熊本県山鹿市にある大宮神社から、奉納燈籠を江戸時代半ばにもらいうけたことが起源と伝わっています。それから福島町民がオリジナルのエッセンスを加え、今日のような形になりました。

3層2階建ての屋台には、釘や鎹は一切使用せずに期間中だけ組み立てられており、囃子にあわせてからくり人形のお芝居が上演されます。見どころは、人形の橋渡しや衣装が早変わりするシーンです。
【基本情報】
[住所]福岡県八女市本町105-1
[アクセス]九州自動車道「八女IC」から車で約5分
[日時]秋分の日を含めた数日間
[問い合わせ先]0943-22-3332
[料金]無料

八女を訪れてみませんか?

お茶所:福岡県八女市のお祭り・イベントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?全国的にお茶の産地として有名な八女市ですが、ここで行われるお祭りも八女らしいものばかりでしたね。ぜひ、香り豊かな八女を訪れてみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Ikerahenおいしいもの見るも食べるも・作るも大好き!欲張りママンです。

このまとめ記事に関して報告する