• はてぶ
  • あとで
そこはインディージョーンズの世界。「チャンパ王国」の遺跡群が冒険心をくすぐる

ベトナム中部の海岸平野に2世紀末から17世紀頃まで栄えた「チャンパ王国」。東南アジアの海上交易の中心地として栄えました。そのチャンパ王国が特に繁栄していた8世紀から17世紀頃に、たくさんの建築物が建てられました。それらは今でも風化に耐え、当時の歴史を伝える遺跡として残っています。それらの遺跡群は、まるで映画「インディージョーンズ」の世界のよう。そんなチャンパ王国の遺跡群を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ミーソン遺跡群

世界遺産の街、ホイアンから約45kmのところに位置する「ミーソン遺跡」。遺跡群は山に囲まれており、大自然の中そびえ立つ遺跡の迫力を感じることができます。レンガ建築の技術やアーチを持たない屋根の構造など、チャンパ王国ならではの建築技術を見ることができます。
4世紀頃から、チャンパ王国の聖地として多くの宗教建築が建設されました。東南アジアの歴史を知る上では欠かせない重要なスポットです。あちこちに置かれた石像など、当時の人々の思想を感じることのできる彫像を探索することができます。

詳細情報

Duy Phú, Duy Xuyên, Quảng Nam, Viet Nam

3.15 4266

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ビンディン遺跡

ダナンから南に約300kmのところに位置する「ビンディン遺跡」。10世紀から14世紀頃の遺跡が密集して現存しています。広い空間に遺跡が点在しており、歩きながらそれぞれの遺跡を見て回ることができます。
当時の人々の信仰を伝える銅像が立ち並んでいます。どれも存在感があり、歴史を感じるものばかり。チャンパ王国の歴史を伝える、今だに綺麗な状態で残っている貴重なものばかりです。
それぞれの建物が、街の中から見上げられるビンディン遺跡群。遠望を意識したそれぞれの建物の造形を、その目で確かめて見てください。チャンパ王国の人々のこだわりが感じられるはずです。

詳細情報

Hoàng Liệt, Hoàng Mai, Hà Nội, Vietnam

3.04 026

ポーナガル遺跡

かつてカウターラ国と呼ばれた地域に残された遺跡「ポーナガル遺跡」です。2度にわたるジャワ軍による侵攻により、当時の木造寺院はほとんどが焼き払われてしまいました。その後、レンガと砂岩で再建された寺院が、今もなお残されています。
チャンパの王によって建てられた祠堂(しどう)には、ポーナガルを祀った神像が残されています。チャンパ遺跡にある彫像のほとんどは見捨てられてしまい、博物館に貯蔵されています。そのためポーナガル遺跡の彫像は当時のままの貴重なものとなっています。
当時、チャンパ王国の港として栄えたニャチャン。そのニャチャンの市街地を少し登ると、雄大な南シナ海の眺望を見ることができます。今ではベトナム有数のリゾート地となったニャチャンですが、こんな歴史を感じる景色も残されているんです。

詳細情報

2 Tháng 4, Thành phố Nha Trang, Viet Nam

写真を投稿する
3.01 05

チャンパ王国の栄光を感じよう

ベトナム中部に2世紀頃から栄えたチャンパ王国。その栄光を感じられる遺跡群を紹介しました。まるでインディージョーンズの世界のような歴史感じる建築物ばかりですね。是非、冒険しに探索してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する