• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
2017年も良い年でありますように・・・日本で一番早くまわれる七福神で開運祈願を!

どんなに頑張っても自分の力ではなかなか解決できないこともある。そんな時は、神様に見守ってもらい、パワーをお借りするのも、ひとつの考え方。今回は、日本で一番早く回れる「日本橋七福神めぐり」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

知っているようでよく知らない「七福神」の秘密

身近なようで、よく知っている気がする「七福神」だが…改めて調べてみると驚き!何と、日本、中国、インドの神様の集合だというのだ。「え?!外国の神様なの?」なんてびっくりした方も多いのでは?実は日本代表の神様は恵比寿さまだけなんだとか…。



仏教経典の「七難即滅 七福即生」(七難を消滅すれば、七福が生ずること)に因んで生まれた「七福神」。古くから、日本では「海の向こうから富や福が運ばれてくる」とされていた事から、3つの国の神様が一緒に船に乗っている絵が描かれたらしい。江戸時代中期頃より「七福神詣で」と称して、正月元旦から七日の間に一年の幸福を祈って七福神を祀った社寺を巡拝する風習が始まり、現在においても都内でたくさんの七福神めぐりが実施されている。



そして、神社巡りと言えば「御朱印」。私も京都での撮影の際、神社仏閣巡りをし、御朱印を集めていたものの、今回改めて由来を調べてみて、写経したものを寺社に「お納め」した証として頂けるものが朱印なのだと初めて知った。お寺で始まった「御朱印」がその後神社に広がり、現在では多くの神社やお寺でいただく事ができるようになったようだ。



よし、これで準備は万端。いざ出発。

七福神めぐり1つ目 音楽 芸能 学問の神 弁財天 @水天宮

日比谷線人形町駅A1出口を出た途端に香るお茶のいい香りに癒されながら、真っ直ぐ歩くと見えてくるのが水天宮。
2016年4月に出来たばかりの新社殿は、キラキラで木の香りがほのかに香っていた。まずはお参り、そっと静かに手を合わせる。 そして、社務所で今回の七福神めぐり用に新しい御朱印帳と御朱印を頂く。
御朱印帳は、神社やお寺によってオリジナルのものが置いてあるが、水天宮のものは表紙のデザインがチャーミングな印象。
水天宮では御朱印と一緒にお米も頂いた。初めて見る有難いお米にびっくりしたが、普段のお米に混ぜて炊くとのこと。体の中から清まりそう!

たい焼きならぬ「鮎焼き」に惹かれさっそく寄り道

水天宮のそばの信号を渡ると「重盛永信堂」がある。目の前を通るとカステラのような甘い優しい香りがして素通りできないお店だ。こちらは人形焼きがメインのお店だが、白あんの鮎焼き(130円)が珍しい!
柔らかく甘すぎない外皮と癖のない上品な白あんが口に優しく5匹くらいはペロッといけそう。

七福神めぐり2つ目 食物 財福の神 大国神 @松島神社

新大橋通りを少し進むと左手に見えてくる、半分ビルの中に入っている!?神社が松島神社。こちらの神社は、大国主神をはじめ、ご神格の高い神様が14柱と他の神社よりも多く祀られている。まずはお参りをして、社務所に寄ったが閉まっていて人が居ない…残念ながら今日は御朱印が頂けなかった。

お手頃価格の老舗グルメを食べ歩き

松島神社から末廣神社までは、ほぼ直線なのだが…ふらっと脇道へ。
近くには「今半 惣菜本店 人形町店」があるのだ。ここのすき焼きコロッケ(160円)は外せない。サクサクの衣を纏い、わりしたで味付けされたコロッケは今晩のおかずに買って帰るもよし、すぐ食べてもよし。
そして、路地向かいに見えるのがたい焼き「柳屋」。
ここのたい焼き(150円)は一匹ずつ焼く「天然」と呼ばれる焼き方で、手間がかかっている。焼きたてのたい焼きは「外パリ中トロッ」。あっつあっつを頬張ると、食感のコントラストも甘さも何もかもが好みでコロッケのあとでも余裕でペロリ。お腹も満たされたし、七福神めぐりのルートに戻ろう!

七福神めぐり3つ目 勝負 魔除け 財福の神 毘沙門天 @末廣神社

末廣神社は建物と建物の間にひっそりとあった。お参りをして社務所に行くと「八方ふさがり」と書いてある張り紙に目が止まる。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

TOKYO DAY OUT 編集部「わくわくする東京のお出かけ情報」を発信するプロジェクト。新オープンやイベント、アートまであらゆる情報を”独自の視点”でご紹介。

http://dayout.tokyobookmark.net/

このまとめ記事に関して報告する