• はてぶ
  • あとで
【終了】だるまで運気UP!自分だけのお気に入りが手に入る「白河だるま市」福島で開催

日本の伝統ある縁起物「だるま」。昔から夢や願いを叶えるとされ、多くの人々に愛されてきました。そんなだるまの名産地の一つである福島県白河町で、2017年2月11日(土・祝)に「白河だるま市」が開催。今回は、この市の魅力に迫っていきたいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本の伝統ある縁起物

※画像はイメージです

※画像はイメージです

「だるま」は日本の伝統ある縁起物。昔から夢や願いを叶えるとされ、多くの人々に愛されてきました。色によって大切な意味が込められており、その人の願いがかなうまで、そばで力強く見守っていてくれます。

約300年の歴史を誇る"白河だるま"

そんなだるまの名産地の一つとして有名なのが福島県白河市。約300年もの歴史を持つ"白河だるま"の最大の特徴は、幸運の象徴とされている「鶴亀松竹梅」が顔の中に描写されているところ。有名な絵師・谷文晁によってデザインされたと言われています。
一つ一つ丁寧に手書きされた"白河だるま"には、同じ顔を持つだるまは存在しません。人間にも一人一人個性があるように、職人さんたちもだるまに『個性』を持たせるために、あえて手書きにこだわって作られているのです。

「白河だるま市」が今年も開催

開催日:2017年2月11日(土・祝)

"白河だるま"の生産地・福島県白河市では、2017年2月11日(土・祝)に、年に一度の「白河だるま市」を開催。この日は市内の目抜き通りに、沢山のだるまの露店が立ち並びます。
威勢のよい掛け声とともに、県内外からだるまを買い求めにやってきた多くの人々で通りは大賑わい。表情の違うだるま達を見比べて、自分だけのお気に入りのだるまを探します。
色や氷上だけではなく、大きさも様々。サイズによって値段は違いますが、交渉次第で安くなる可能性があるのがこの市のいいところ!値切れば値切るほど縁起が良いとも言われています。
お気に入りのだるまをゲットしたら、決心を固めるため、だるまに目をいれましょう。自分で選んだ世界に一つだけの"白河だるま"が、目標や夢が叶うように毎日力強く見守っていてくれますよ。

自分だけのお気に入りの"白河だるま"をゲットしよう!

いかがでしたか?"白河だるま"は表情が一つ一つ違います。現在はなんでもネットで買えるような時代ですが、自分にぴったりのだるまを探すためには実際に手に取って選ぶのが一番!是非この冬は、「白河だるま市」に足を運んでみてくださいね♪

詳細情報

▽ 白河だるま市

開催日:2017年2月11日(土・祝) / 9:00~19:30
会場:福島県白河市天神町、中町、本町(目抜き通り) ※JR白河駅近く
電話:0248-22-1147(白河観光物産協会)
  • 福島県白河市郭内222

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する