• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
関東最大級!壮大な火祭り“大磯の左義長”

「大磯の左義長(さぎちょう)」は、約400年前の江戸時代初期に始まったとされる、家内安全、無病息災を願う火祭り。日本各地に残る「どんど焼き」「道祖神祭」の一種で、その規模は関東で最大級とも言われ、国の重要無形文化財に指定されています。 旧来、左義長は1月14日に行われてきましたが、近年は14日が平日の場合、その前後の土・日・祝日のいずれかで行われています。

このまとめ記事の目次

関東地方を代表する火祭り“大磯の左義長”とは

小正月に、歴史の深い大磯の町で「下町」と呼ばれ北浜海岸沿いの9地区で、家内安全、無病息災を願って行われるセエノカミサン (道祖神) の壮大な火祭が“大磯の左義長”です。

「セエトバレエ」、「どんど焼き」などとも呼ばれ、平成9年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。

見どころの「セエトバレエ」と「ヤンナゴッコ」

夜空に高く燃え上がる、セエトバレエ

第3回大磯町フォトコンテスト優秀賞受賞作品

●正月飾りを集めた高さ7~8mの「サイト」。

14日の早朝、相模湾に面した北浜海岸に、ワラで作った円錐形の「サイト」が9基建てられます。
中央にオンベ竹、根元に組み込まれた大松、注連縄、藁のしめ飾り、ご用済みの達磨や神社のお札などが差し込まれ、その姿はまさに奇観です。
日が暮れた午後6時半ごろになると、9基が一斉に火入れされます。
各地区のセエノカミサンの宮元や宮世話人が、昔ながらに火打ち石を使って、その年の恵方の方向から点火するのが習わしです。

この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がる、松の燃えさしを持ち帰って屋根に載せておくと火災除けになるといわれています。

お団子は当日購入することも可能です!

ヤンナゴッコ

もう一つの見どころは、「ヤンナゴッコ」と呼ばれる綱引き。海と陸に別れて引き合うのが特徴です。
ふんどし姿の若い衆が伊勢音頭(左義長音頭)を歌いながら現れ、ソリ状の台に載せた疫病神が押し込められている「仮宮」を壊して海に引いていくと、ヤンナゴッコの始まりです。
海と陸で3回ずつ綱を引いたあと、岸で踏みつぶして壊します。これにはさすがの疫病神も敵わずに逃げ出してしまうそう。

2017年は1月14日に開催されました!

第3回大磯町フォトコンテスト最優秀賞受賞作品
【開催日】
旧来、左義長は1月14日に行われてきましたが、近年は14日が平日の場合、その前後の土・日・祝日のいずれかで行われます。

【点火時間】
大磯北浜海岸にて18時30分頃。

【行き方】
大磯北浜海岸へは大磯駅より徒歩10分。
車で来場の際は県営駐車場が利用可能です。 (駐車場より徒歩2分)。
※当日は非常に混み合いますので、なるべく公共交通機関を利用するのがおすすめです。
壮大な火祭りに参加して、その年の家内安全、無病息災を祈りましょう!

歴史の古い町、大磯

●約300年の歴史を持つ俳諧道場の鴫立庵(しぎたつあん)。

大磯町は、文学者の島崎藤村旧宅や、大河ドラマで一躍脚光を浴びた新島襄終焉の地碑など興味深い史跡が数多く残っています。
ゆるやかな丘陵に造られた園内では、小鳥や小さな虫たちが目を楽しませてくれます。展望台や旧吉田茂庭園の高台に上がると、遠く相模湾から伊豆半島、箱根連山から富士山などを一望することができるので、ゆっくり散策が楽しめます。

●旧三井財閥別荘跡地と旧吉田茂邸跡地を整備した大磯城山公園。

ゆるやかな丘陵に造られた園内では、小鳥や小さな虫たちが目を楽しませてくれます。
展望台や旧吉田茂庭園の高台に上がると、遠く相模湾から伊豆半島、箱根連山から富士山などを一望することができるので、ゆっくり散策が楽しめます。

豊富な海の幸を堪能することができるのも魅力のひとつ。
大磯の町で、ぜひ歴史と自然を感じてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

しんきん 地元の魅力関東甲信越地区の観光・イベント情報を発信します。▼https://www.instagram.com/k.shinkin/▼https://www.facebook.com/skgmt/

このまとめ記事に関して報告する