• はてぶ
  • あとで
海遊館で堪能したい!世界の海と生き物たち!おすすめスポット20選

おすすめする「海遊館」は大阪市港区にある世界最大級を誇る8階建ての水族館です。「地球とそこに生きるすべての生き物は、互いに作用しあう、ひとつの生命体である。」をコンセプトに、『日本の森』から始まり、海へと進み、環太平洋を回ります。全ての海を観終わるとなんと1kmほど歩くそうです。壮大な海を感じることができる海遊館は国内外からの観光客にも大変人気のスポットになっています。海遊館で展示している各ゾーンのおすすめスポットを紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

海遊館とは / 大阪市港区 ( 大阪港駅から徒歩5分 )

「海遊館」は8階から見ていきます。太平洋を模した巨大水槽を下りのスロープでめぐります。太平洋の巨大水槽の周りには、グレートバリアリーフ、太平洋、日本海溝、エクアドル熱帯雨林などの海が表現されています。

① アクアゲート

最初に目にするのがこの「アクアゲート」です。このスポットはトンネル型の水槽で、頭の上を魚たちが泳ぎます。見上げると魚たちが泳ぐ姿を下から見ることができます。『エイの口はこんなのだったんだ』って思うかもしれませんね。海遊館のおすすめスポットです。

② 日本の森 ゾーン

8階から7階にかけて「日本の森」と題した水槽には淡水で生息する生き物を飼育しています。カワムツやカワウソ類では最小のコツメカワウソや水鳥がいます。カワウソには毎日3回の『お食事タイム』があり、餌を食べるかわいいしぐさがおすすめのポイントです。

③ アリューシャン列島 ゾーン

※画像はイメージです
アリューシャン列島とは北太平洋に浮かぶアメリカのアラスカ半島からロシアのカムチャッカ半島にかけての島々のことです。この海にはトドやラッコ、オットセイなどが生息しています。海遊館ではアリューシャン列島の荒々しい自然の岩を再現し、ラッコを展示しています。1日3回の『お食事タイム』があるのでラッコの生態を観察するのにおすすめのポイントです。おなかの上で硬い貝殻を割る姿は癒されますね。

④ モンターレ湾 ゾーン

モンターレ湾はアメリカ西海岸のカリフォルニア州の面した海で、ジャイアントケルプ等の海藻類が生い茂る豊かな海でアシカやアザラシなど海獣類が生息する場所です。海遊館でもモンターレ湾の水槽にはカリフォルニアアシカやゴマフアザラシの泳ぐ姿が観察できるおすすめスポットです。水中で泳ぐ速さにびっくりしますよ。

⑤ パナマ湾 ゾーン

パナマ湾はパナマ南部の太平洋側あります。海遊館では乾季の熱帯林が再現され、海の生物と海辺に住む生物を展示しています。特におすすめなのが動物園でしか見ない、なまけものののんびりした姿の観察です。アカハナグマやアカアシガメ、ベニバシガモやハリセンボンなど陸上や海中で生活している生き物が見れるスポットです。

⑥ エクアドル熱帯雨林 ゾーン

エクアドルは赤道直下の国で熱帯雨林(ジャングル)が広がっています。熱帯雨林で生息する動植物は多様です。近年では熱帯雨林が破壊され絶滅している種類もいるそうです。海遊館では熱帯雨林を再現し、熱帯雨林に生息する主な生物を展示しています。カラフルな生物を観賞できるおすすめポイントです。

⑦ 南極大陸 ゾーン

大陸のほとんどが氷で覆われている極寒の南極大陸。ここに生息するのがよく知られているペンギンです。海遊館ではペンギンの中でも2番目に大きいオウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギンの3種類を飼育しています。海中と陸上での動き方のギャップに驚きますね。おすすめは1日2回の『お食事タイム』です。ペンギン達の個性も観察したいスポットです。

⑧ タスマン海 ゾーン

オーストラリアのタスマニア島とニュージーランドに挟まれた太平洋の南部の温かい海です。海遊館にはカマイルカが優雅に泳いでいます。1日3回の『お食事タイム』があるのでぜひ見学したいスポットですね。

⑨ グレート・バリア・リーフ ゾーン

世界最大のサンゴ礁が広がるオーストラリアのグレート・バリア・リーフ。海遊館ではサンゴ礁に生息するカラフルな魚たちを飼育しています。サンゴの間をすり抜ける魚の泳ぎを観察してくださいね。ちょこちょこと泳ぐ姿にはかわいらしさがありますね。ゆっくりとみたいスポットです。

⑩ 太平洋 ゾーン

海遊館の一番の見どころスポットであるメインの「太平洋ゾーン」には優雅に大水槽を泳ぐジンベエザメがいます。サメ、エイ、アジなどが泳ぎます。マアジの集団で泳ぐ姿はいつまでも見ていたい感覚になります。上層を泳ぐ魚、中層を好む魚、低層にいる魚を観察できる太平洋の大水槽はおすすめです。

⑪ 瀬戸内海 ゾーン

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する