• はてぶ
  • あとで
極上の汁ものここにあり。京都の汁物専門店「志る幸」が絶品すぎると話題

古き良き日本の文化・景観を残す街、京都。京都は日本の素晴らしい和の文化を残しつつ最先端の流行が融合する、今でも国内外から多くの観光客が訪れる日本屈指の観光地になっています。そんな、京都のお店で今回ご紹介するのが汁物専門店の『志る幸』をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

古き良き和の文化と最先端の流行が融合する街、京都。

京都、それは日本の古き良き和の文化を残しつつ、最先端の流行が融合する街となっていて、今でも国内外から多くの観光客が訪れ、魅力がますます増える日本を代表する観光地になっています。
そんな京都は、今でも話題となるお店が続々と登場し、次々に注目を集めるお店が集まる街としても知られています。今回は、そんな京都の次に注目を集めるであろうお店をご紹介します。

京都にある汁物専門店『志る幸』

そんな京都で、次に注目を集めるであろうお店が汁物専門店『志る幸』です。絶品の汁物が飲めると話題になっているお店で、飲んだ人の中には「極上の汁物」や「人生で一番美味い汁物」と絶賛される汁物が飲むことのできるお店になっています。
『志る幸』の言われは、「汁講」という質素を旨とした時代にお客さんが各自飯だけを持ち寄り、会主が汁だけ設けて饗応した仕組みになっていて、今でも『志る幸』は汁物をメインにした料理を食べることができる日本でも数少ないお店になっています。

『志る幸』でしか食べることのできない極上の汁物!

『志る幸』の汁物はベースを白味噌、赤味噌、すましの3種類から、具は季節ごとに変わる10種類以上から自分好みの組み合わせで追加注文することができて、世界にひとつだけの汁物を作ることができます。このお店であなたにしか作ることのできない汁物を楽しむことができるのが『志る幸』の魅力になっています。
『志る幸』の汁物の凄いところは自分で組み合わせても、全く味が邪魔し合わないということです。しっかりと取られた出汁、上品な香り高い味噌から作られた汁、さらに季節によって変わる質の高い具材の組み合わせだから実現できる極上の掛け合わせになっています。

利休辨當も絶品!

利休辨當(2500円)

『志る幸』では「利休辨當」というお弁当も食べることができて、これも絶品になっています。お弁当といっても重箱や仕切りの在る器に盛られているものではなく、お盆におかず5種類、扇型のかやく御飯と汁物が盛られている、可愛くおしゃれなランチプレートになっています。
この「利休辨當」は汁物が絶品なのはもちろんなのですが、おかず一品一品は上品の味わいのする洗練された料理に、かやくご飯は冷めても味の落ちない工夫の凝らされた料理になっていて、一盆で楽しむことのできるお弁当になっているので、是非、このお店に足を運んだ時には食べていただきたい料理になっています。

極上の汁物で古き良き和を感じよう!

今回は、京都で極上の汁物を楽しむことができるお店『志る幸』をご紹介しました。このお店でしか味わうことのできない上品で洗練された味わいの汁物を是非、体験してみてください。あなたの体験したことのない世界に『志る幸』が連れていってくれます。

詳細情報

京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町100

3.66 636

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する