• はてぶ
  • あとで
まるで芸術作品!"janice WONG Dessert BAR"のデザートが素敵過ぎる

今、若い女性を中心に注目されている「janice WONG Dessert BAR(ジャニスウォンデザートバー)」。このお店出されるデザートが、芸術的過ぎると話題を呼んでいます。その魅力とは一体何なのでしょうか。今回は「janice WONG Dessert BAR」についてご紹介していきたいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

まるでアート作品!芸術的なデザートが食べられるお店があるって噂

今、若い女性を中心に注目されている「janice WONG Dessert BAR」。このお店出されるデザートが、芸術的過ぎると話題を呼んでいます。一体こんなにも人々が注目している理由とはなんなのでしょうか。その魅力に迫ります。

今大注目の「janice WONG Dessert BAR」の魅力とは

今、若い女性を中心に注目されている「janice WONG Dessert BAR」。一番の魅力は、なんといっても繊細で芸術的なデザートの見た目。さらにこのデザート類には、それぞれペアリングされた相性抜群のアルコールと一緒に頂くことができるのです。

京都庭園 冬 (1,500円)

こちらは季節限定商品「京都庭園 冬」です。竹炭とタイムのガナッシュの上に、甘草と竹炭のスポンジ、みかんのアイスクリームが乗っています。美しい京都の冬の枯山水を表わします。日本酒"醍醐のしずく"との相性が抜群です。

辻利兵衛抹茶タルト、酒粕アイスクリーム (1,800円)

ナイフを入れると、中からトロリとしたフォンダンが流れ出て、抹茶そのものを味わっているかのような濃厚な味を堪能できる一品。酒かすのシャーベットとの組合せは、味だけでなく温度の違いも楽しめます。

カシスプラム (1,950円)

JANICEが日本の春をイメージして作ったデザート。冷たいカシスのパルフェで出来たボールの中には、様々な味覚が楽しめる工夫がなされています。おすすめの組み合わせアルコール”鳳凰美田 完熟桃 & ブルガリアローズワイン(1,200)”も是非飲んでみてください。

チョコレートH2O (1,600円)

50%チョコレートと50%水の配分で作られたチョコレートと水のムースは、ヘルシーで見た目以上に軽い食感が楽しめます。塩キャラメルソースとの組合せは抜群で、一口食べれば幸せな気持ちに浸れます。
季節限定のスイーツはもちろん、コース内のデザートも見逃せません。遊び心がところどころに散らばったデザートは、味覚だけではなく視覚も刺激してくれます。
ドリンクには、旬のフルーツの特徴を活かしたノンアルコールもあります。華やかな見た目は、デザートに負けず劣らすインスタ受け間違いなし!

食べるだけでなく、見るのも楽しい!

いかがでしたか?一つ一つ、細部までこだわりぬかれたデザートがそろう「janice WONG Dessert BAR」。バーテンダーによるデザートとお酒のペアリングは、これまでのデザートの概念をがらりと変えてくれますよ。是非一度訪れてみてくださいね。

店舗詳細

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManSHINJUKU2階

3.63 6128

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する