• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
美しい北国のランドマーク「ホフディ ハウス」謎の幽霊伝説も!

アイスランドの首都レイキャヴィークに建つ歴史スポット「ホフディ ハウス(Hofdi House)」は、第二次世界大戦以降の世界を44年間の長きにわたり二分した東西冷戦終結のきっかけとなる主脳会談が1986年(昭和61年)に開催された場所として知られています。現在は市の所有となり一般公開されていませんが、かつてこの建物で時のレーガン大統領とゴルバチョフ大統領が会談し、その様子はニュースで世界中に放映されました。ホワイト・レディの愛称で呼ばれた幽霊伝説もミステリアスなホフディ ハウスと、周辺のおすすめスポットをご紹介します。

このまとめ記事の目次

ホフディ ハウスとは

北ヨーロッパ・アイスランド南西部の首都レイキャヴィークは、レイキャネース半島のファクサ湾沿いに位置する人口約20万人の町で、アイスランド人口の半数以上が生活しているという世界最北の首都です。そんなレイキャヴィークの海沿いに建つ歴史的スポット「ホフディ ハウス(Hofdi House)」は、一見なんの変哲もない簡素な2階建ての一軒家で、現在はレイキャヴィークの迎賓館として使用されています。
1986年(昭和61年)10月にホフディ ハウスで開かれた時のアメリカ合衆国第40代レーガン大統領と、ソ連最後の最高指導者ゴルバチョフ大統領による「米ソ首脳会談」は、たいへん重要な会談でした。ホフディ ハウスがその開催地に選ばれた理由は、モスクワとワシントンのちょうど中間地点に位置しているからだそうです。

冷戦終結のシンボル

熾烈を極めた第二次世界大戦が1945年(昭和20年)に終結したあと、資本主義で自由主義国のアメリカと、共産・社会主義国だったソ連というふたつの超大国を中心に、世界は44年間もあいだ「冷戦」と呼ばれる分裂状態にありました。そんな東西冷戦の終結に向けて開かれたのが、この記念すべき首脳会談です。当時のホフディ ハウスの様子は世界中に放映されました。この歴史的な会談を記念して、館内には今もアメリカの星条旗とソ連の国旗が飾られているそうです。
ホフディ ハウスで行われたこの日の会談では両者の意見が対立し、合意文書が交わされることはありませんでしたが、翌1987年には中距離核戦力全廃が最終合意され、1989年12月のマルタ会談でついに米ソによる戦争終結が宣言されました。こうしてホフディ ハウスは44年にもおよんだ冷戦終結の象徴となりました。

“ホワイトレディ”の棲家

ホフディ ハウスは、もともとジャン・ポール・ブリルアン(Jean-Paul Brillouin)氏が居住するアイスランドのフランス領事館として1909年(明治42年)に建てられた古い建築物です。レイキャヴィーク市の所有となる現在までの間には何度か所有者が変わっていますが、その中のひとりで詩人のエイナール・ベネディクトソン(Einar Benediktsson)という男性がこの家に幽霊を連れてきてしまったのだそうです。
それ以来ずっとホフディ ハウスに棲みついていた“ホワイト・レディ”と呼ばれる女の幽霊は、のちにイギリス大使館となってからも領事館を悩ませ、家を売却するよう説得したといわれています。現在はレイキャヴィークの所有で建物の内部を見学することはできませんが、敷地内には世界的な観光名所の由来を解説する看板が設置されています。

周辺のおすすめスポット「ハトルグリムス教会」

ロケットのようなユニークな外観のハトルグリムス教会は、アイスランドで最も高いランドマークタワーで、地上74.5m。1990年(平成2年)に建造されたコンクリート造りのキリスト教プロテスタント福音ルーテル派教会です。アイスランド人から最も篤い崇敬を集めているという17世紀の聖職者で詩人のハトルグリームル・ピエトルソン(Hallgrímur Pétursson・1614~1674)が名前の由来です。
ハトルグリームルが残した「受難の歌(Hymns of Passion)」は、イエス・キリストの受難を詠った50篇からなる聖歌で、アイスランド文学の中核を占める名作なのだとか。この教会では復活祭前の金曜日(Good Friday)になると教会でこの歌が捧げられ、半旗を揚げてキリストの死を悼むのだそうです。

基本情報

所在地:Hallgrímstorg 101, 101 Reykjavík
TEL: +354 510 1000
アクセス:ホフディ ハウスより車で5分
  • Hallgrímstorg 101, 101 Reykjavík, Iceland
  • +354 510 1000

いかがでしたか?

北限の首都レイキャヴィークの歴史的観光スポット「ホフディ ハウス」をご紹介しました。住んでみたくなるような美しい町ですが、独自の生態系を保全するため、ペットを飼うにはかなり厳しい条件があるそうです。アイスランドへお出かけの際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Fjörutún, 105 Reykjavík,
アクセス:Reykjavík Domestic Airportより車で10分
※建物内は非公開です

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する