• はてぶ
  • あとで
2023年最新版!フランスのおすすめ有名観光スポット17選

ヨーロッパの中でも観光ツアーで随一の人気を誇るフランス。花の都パリを中心に、フランスのおすすめ観光スポットをまとめました!フランス旅行のコースを計画するためおすすめ観光スポットを探している方は、ぜひともご参考にしてください。人気の名所をご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ルーブル美術館 / パリ

美術史に名を輝かす絵画や美術品が集まる世界屈指の美術館が、「ルーヴル美術館」です。フランス旅行の目的として、ルーブル美術館を訪れる人も多いのではないでしょうか。世界一の美術館として名高いこちらの美術館は、おすすめ観光スポットランキングの中でも随一の名所といえます。
こちらは元々王宮だったものをフランス革命後、美術館に改築したものです。その広大さ、展示されている作品の多さは目を見張るものがあります。「モナリザ」や「ナポレオンの戴冠式」など、その素晴らしさを語り尽くせないほどの名画が収蔵されています。雨に左右されずに楽しむことができるので、日数に余裕ができた場合、滞在中に数回訪れてもいいでしょう。予め見たい作品が、館内のどこにあるのか調べておくとスムーズに見学できますよ!

ルーヴル美術館

deRivoli,75001Paris,France, Musée du Louvre

3.15 572494
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ヴェルサイユ宮殿 / ヴェルサイユ

栄華を極めた豪華絢爛なフランス王家の宮殿が、「ヴェルサイユ宮殿」です。バロック建築の傑作と言われており、第一次世界大戦後の国際会議など数々の世界史の舞台にもなってきました。日数に余裕がなかったとしてもぜひ優先して行きたい人気の名所です。
600枚にも及ぶ鏡を使った鏡の回廊や王室礼拝堂、美しく広大な庭園といった見所を逃さずチェックしてみてくださいね。マリー・アントワネットが住んでいた宮殿としても有名な宮殿ですよね。朝一番に行くのが空いていておすすめですよ。

エッフェル塔 / パリ

花の都パリの中心にそびえ立つフランスのシンボル「エッフェル塔」です。昼間は美しき鉄の貴婦人、夜は煌びやかなライトアップで人々を魅了させてくれるスポットです。パリを訪れるなら絶対に見ておくべきスポットです。
そのあまりの人気に、おすすめ観光スポットでありながら塔に入るのも一苦労!予約も受け付けているのでぜひ時間に余裕を持って訪れてみてください。展望台からはパリの美しい景色を見渡すことができますよ。また、トロカデロ庭園など付近には、エッフェル塔自体を美しく眺められるスポットがいくつかあるので、ぜひそちらからも堪能してみてください!

エトワール凱旋門 / パリ

英雄ナポレオンによって建てられた力の象徴でありパリの玄関口でもある代表的なスポットが、「エトワール凱旋門」です。正式名称ではあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、まだフランス旅行に行ったことがない人でも“凱旋門”と聞けば、すぐにでも景色が浮かぶほど有名なスポットですよね。
シャンゼリゼ通りからショッピングしながら凱旋門に歩いて行くのがおすすめのコースです。定番のおすすめ観光スポットではあるものの、やはり根強い人気を誇ります。上に登ることもできるので、余裕がある方はぜひ登ってみて下さいね!また、真下から撮影するのもおすすめですよ。

エトワール凱旋門

Place Charles de Gaulle, 75008 Paris, France, Arc de triomphe de l'Étoile

3.16 51937
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター / パリ

こちらはフランスの近代芸術の発信地、地元パリジャンからも絶大な人気を誇る総合文化施設「ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター」です。“ポンピドゥーセンター”の略称で親しまれるこちらの施設は、エスカレーターやエレベーターなど、全てむき出しの外観が特徴的な建物です。近代から現代までの数々のアート作品を鑑賞できますよ。
近代芸術の愛好家でもあった当時の大統領ジョルジュ・ポンピドゥー大統領が、フランスの芸術の拠点とするために20世紀後半に建てられた、比較的新しい観光スポットです。パリの中心部にあるため、最上部からは代表的な観光スポットを見渡すこともできるんですよ。*2025年末から5年間もの長期改修に入ります。行くなら今がチャンスです!

サクレ・クール寺院 / パリ

モンマルトルの丘からパリの街を見下ろす白亜の寺院「サクレ・クール寺院」です。“聖なる心臓”を意味するドームの屋上が特徴的なこちらの寺院もまた、観光客に人気のスポットで、美しい街並みを見渡すことができます。
パリを歩いていると遠くの丘に見える白亜の寺院がひと際目を引きます。美しい丸みを帯びた特徴的な建物は、青空をバックした姿が一際美しいと人気です。モザイク画や大聖堂の入り口にあるブロンズの重厚な扉にも是非注目してみてくださいね!

オルセー美術館 / パリ

芸術の都にふさわしいフランス屈指の美術館の一つが、「オルセー美術館」です。19世紀美術を専門に扱う美術館で、印象派と呼ばれる画家の作品が多く収蔵されていることでも有名です。誰もが知っている芸術作品が、その数の多さに目が眩むほど所蔵されています。さくっと回れば約2時間、じっくり見学したい方なら半日くらいかかるスポットです。
ルーヴル美術館とセーヌ川を挟んで程近い場所に位置するこちらの美術館は、中規模で美しい外観が特徴の美術館です。人によってはルーヴル美術館よりも雰囲気が好きという方も多いみたいですよ。作品の他にも元々鉄道駅であったというその建物にも是非注目してみてくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • フランスのイメージってどんなイメージですか?パリのルーヴル美術館、凱旋門、エッ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する