横浜中華街の絶品食べ歩きグルメ17選!地元民が"本当に美味しい店"を厳選!

横浜にある中華街は、言わずと知れたグルメスポットですが、軒を連ねるお店の数は想像以上。本当に美味しいものにたどり着く前にお腹がいっぱいになっちゃうこともしばしば。そこで今回は中華街に訪れたら外せないお店を厳選してご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

中華まん / 老維新

横浜中華街駅より5分の場所にある「老維新」はかわいい動物の中華まん「パンダまん」
(350円)が食べられるお店なんですよ。見た目が可愛すぎて食べるのが勿体なくなりますね。ところが、見た目だけではなく味も良いんですよ。
こちらはベースとなっている「パンダまん」で相変わらず見た目が可愛いですよね中身はチョコカスタードで甘すぎないさっぱりとしたチョコレートが非常に口に合うんですよ。その上ほかほかで食べ歩きにはもってこいのグルメです。

揚げ饅頭 / 耀盛號売店

横浜中華街駅より10分の場所にある「耀盛號売店」はかわいい揚げ饅頭の「ハリネズミまん」(120円)が食べられるお店なんですよ。見た目が可愛すぎて食べるのが勿体なくなりますね。ところが、見た目だけではなく味も良いんですよ。
「ハリネズミまん」の中身はカスタードがたっぷり入っていて、生地は外がカリカリで中はふわふわのもちもちなんですよ。中のカスタードは甘さが強すぎなく、お砂糖がたっぷりなため、お菓子感覚で食べられるんですよ。
tabelogで見る

耀盛號売店

神奈川県横浜市中区山下町143

3.72 1350

大籠包 / 開華楼

横浜中華街駅より4分の場所にある「開華楼」はストローで肉汁を吸える大籠包が有名なお店なんですよ。金のストローで、直径約10cmの「大籠包」を吸うんですよ。メディアにも多く取り上げられている人気店です。
「大籠包 」(600円)は通常の小籠包の約3倍の大きさなんですよ。程よくお腹を満たしてくれるサイズ感と肉から溶け出す旨味たっぷりの肉汁が食をすすめます。ストローで中を吸ってみると、極上のスープのような味わいが口いっぱいに広がります。
tabelogで見る

開華楼

神奈川県横浜市中区山下町145横浜博覧会1階

3.37 733
ストロー小籠包、いや、大籠包とな❗巨大小籠包、破けててスープダダ漏れに(*T^T)(涙)

中華街食べ歩き♪ ランチあとの、詰め(笑) 食べてみたいとリストに上がっていたので 訪問。お目当ては、ストローで、肉汁?スープを吸う 大籠包 600円。 お店は中華街大通り沿いの一階にある。 イートインスペースあり。屋根はあるが 基本野外と変わらない(笑) 正直、この大籠包のお値段、600円は、 高いと一瞬思ったけど、 多分、通常サイズの3つ分くらいの量があるので(笑) 一つ200円としたら、妥当なお値段かと。 お会計を済ませて横の渡しカウンターですぐ渡された。 熱々を期待したし、熱々だと思いきや、、、 そんなに熱々ではなく残念。 熱々が良かったなぁ、、、(;´д`) しかも、小籠包の皮が破れて、 スープが外に出ていたので ストローで吸うのは、小籠包からではなく 受け皿の方から吸うようになってしまった(*T^T) とても残念な思いだった。 まぁただ味はなかなかで、普通に美味しく 小籠包 よりも 皮が分厚いので、 かなり食べ応えはあった。 下にはキャベツが敷かれていて、これも お腹にこたえる(笑) 好みから言うと、私個人的には皮の薄いのが好きで、 これなら、小さい普通の小籠包を3つ食べた方が 良かったかな~といった感じ(*≧∀≦) まずは、経験だしね。 楽しかった。 ごちそうさまでした 一度食べたらもういいかな(笑)

豚まん / 江戸清 中華街本店

横浜中華街駅より5分の場所にある「江戸清 中華街本店」は点心や本格中華料理まで種類豊富な料理をテイクアウトできるお店なんですよ。テレビなどでも多く取り上げられていて、いつも店前には行列ができているんですよ。
熱々ふかふか、大っきい豚まんは、豚の旨みがギュッと詰まっていて美味しいんですよ。具材に、たけのこなどが入っていて新感覚の食感も味わえます。一度食べたらやみつきになること間違いなしの一品です。
tabelogで見る

江戸清中華街本店

神奈川県横浜市中区山下町192

3.82 2068

豚まん / 萬珍樓売店 中華街大通店

「萬珍樓(まんちんろう)売店 中華街大通店」の豚まん。中華の食べ歩きなら豚まんは外せない一品ですよね。ここ萬珍樓の中身のお肉だけでなく外の皮までこだわっているのがポイントなんです。
国産の小麦で作った生地からは優しい甘みが感じられ、中にぎっしりと詰まっている豚肉とマッチします。ふんわりとした生地に豚肉の肉汁がしみこみ、食べ応えのある一品となっています。まずは食べ歩きの始めに一ついかかがですか?

焼き小籠包 / 鵬天閣

「鵬天閣(ほうてんかく)」の焼き小籠包。中華といえばこれ!という人も多いのではないでしょうか?こちらのお店は、休日には常に行列が絶えないような人気のお店となっており、特に「海鮮と豚肉の2種盛りセット」が人気となっています。
このお店人気No.1の商品は、通常の焼き小籠包と、海鮮入りの焼き小籠包が2個ずつ入っているセット。焼きの小籠包は外の皮ももちもち、中からはジュワッと肉汁が溢れだしてきます。肉汁たっぷりですので、箸で割ってから食べるのがおすすめです。

鵬天閣

神奈川県横浜市中区山下町128

3.45 6105

開華楼 横浜大世界店

横浜市中区山下町97 横浜大世界1F

- 07

生煎包 / 福臨閣

中華街駅から徒歩2分の場所にある「福臨閣」は気軽に食べれる生煎包と台湾鶏排が有名なお店なんですよ。生煎包と台湾鶏排以外にもごまだんごやシュウマイ、ビールまでも飲みことができるんですよ。待ちがでるほどの人気店です。
「生煎包」は一口噛むと肉汁がだんだん溢れてきて、遅く肉汁が口の中に届くのが特徴で熱々で美味しいんですよ。その他にも熱々のごまだんごもおすすめで、今人気の一品で見た目も小さく可愛いらしいです!

福臨閣

神奈川県横浜市中区山下町146-5

3.06 118

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する