• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
春を見つけに行こう!日帰りで行ける関東地方の“梅の名所”15選

2月に入り、寒さも厳しいですが少しずつ春の足音が聞こえています。この季節見頃なのが梅の花です。ピンクや白に色づいた梅を見に行きませんか?関東地方には日帰りで行ける梅の名所があります。今回はその中でも絶対に行くべき梅の名所を15カ所ご紹介します。

このまとめ記事の目次

1.偕楽園(かいらくえん)/茨城

例年見頃▷2月下旬~3月中旬

茨城県水戸市にある偕楽園(かいらくえん)。金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一つに数えられています。四季折々の姿が美しい日本庭園です。偕楽園は関東三大梅林にも数えられており、梅の名所として知られています。
偕楽園には、約100種類3000本の梅が植えられており、毎年人々に一足早く春の訪れを知らせてくれます。偕楽園はその美しさだけでなく、長い期間梅が楽しめます。弘道館と偕楽園では水戸梅まつりが開催されます。2017年3月3日(金)~3月20日(月)には開園時間が延長し夜に梅が楽しめるんです!夜の梅デート、なんてのもいいかもしれませんね。

詳細情報

第121回 水戸の梅まつり
■開催期間 平成29年2月18日(土)~3月31日(金)
 ※ライトアップ「偕楽園 光の散歩道」
  平成29年3月3日(金)~20日(月・祝)偕楽園園内にて
■開催場所 偕楽園・弘道館
  • 茨城県水戸市常磐町1
  • 029-244-5454

2.弘道館(こうどうかん)/茨城

例年見頃▷3月上旬~中旬

水戸藩の藩校として創設された弘道館(こうどうかん)。国の特別史跡になっている弘道館は梅の名所としても知られています。弘道館の建物と梅のコラボレーションは日本の美を感じます。敷地には約60種800本の梅が植えられています。
先ほどご紹介した偕楽園とともに、関東有数の梅の名所として有名な弘道館。第121回記念水戸の梅まつりが2017年2月18日(土)~3月31日(金)に開催されます。この梅まつりは偕楽園と弘道館が会場です。特に3月11日(土)は弘道館で「夜・梅・祭[よるうめまつり]」が開催されます。

詳細情報

第121回 水戸の梅まつり
■開催期間 平成29年2月18日(土)~3月31日(金)
■開催場所 偕楽園・弘道館


夜・梅・祭[よるうめまつり]
■開催日 3月11日(土)
■開催場所 弘道館
■時間 18:00~21:00
  • 茨城県水戸市三の丸1-6-29
  • 0292314725

3. 秋間梅林/群馬

例年見頃▷3月上旬~3月下旬

群馬県安中市にある秋間梅林(あきまばいりん)は、梅の名所が多い群馬県の中でも人気の梅林です。約50ヘクタールの広大な丘陵に約3万5千万本の紅白梅が咲き誇ります。見頃を迎えたころ辺り一面が梅の海になる様子は圧巻です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する