日頃の疲れをリフレッシュ!東京都内の“有意義な休日”の過ごし方13選

せっかくの休日なのにすることがなく、無駄に過ごしてしまう日ってありますよね。そんな時、1人でも、友達を誘っても楽しい日になること間違いなしの休日の過ごし方を紹介したいと思います。ぜひ有意義な一日を過ごしてみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

インテリアグッズを買いに行く

お部屋のお掃除がてら「インテリアグッズを買いに行く」ことです。新しいインテリアグッズでお部屋を彩れば、マンネリがちだった日常にも新たな色を添えてくれること間違いなしですよ。普段いかないような、お洒落な雑貨が売っているお店に足を運んでみましょう!

おすすめスポット▷DULTON JIYUGAOKA / 自由が丘

自由が丘にある「DULTON(ダルトン)JIYUGAOKA」です。個性豊かな雑貨や家具を購入できるスポットで、センスのよいものがたくさん販売されています。きっとお気に入りの物に出会えること間違いなし!店内を見ているだけでワクワクした気持ちになります◎

アートで心に栄養を与える

「アートで心に栄養を与える」のはいかがでしょうか。最近、芸術やアートに触れましたか?ついつい忙しいと疎かにしがちですが、アートはこころに栄養を与えてくれます。刺激やインスピレーションをもらえ、新たな活力となるはずですよ。

おすすめスポット▷根津美術館 / 表参道

おすすめスポットは、「根津美術館」。表参道という東京のど真ん中にありながら、緑の多い敷地でアートに没頭できます。あまり背負わずに、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。行く日付が決まっているのであれば、オンラインの日付指定チケットが便利です。

サウナへ行く

汗を流して、ととのう「サウナに行くこと」がおすすめです。サウナへ行くと、睡眠の質向上・お肌の調子が良くなるだとか…!サ活をして、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

おすすめスポット▷改良湯 / 渋谷

渋谷駅から徒歩約12分の場所にある「改良湯」です。こちらの銭湯は2018年にリニューアルされた、とってもおしゃれな銭湯です。温泉やサウナを満喫することができますよ。水風呂や炭酸風呂もあり、満喫できること間違いなしです。

読書に没頭してみる

ゆっくりと「読書をする」ことです。普段忙しくてなかなか読書をできない方は、休日に1日じっくり本を読んでみてはいかがですか?何も考えずに作品ののめり込む時間は、良いリフレッシュになります。普段、読書しない方も新たな発見があるかもしれませんよ。

おすすめスポット▷蔦屋書店 / 代官山・銀座など

そして、休日に読書をするなら「蔦屋書店」がおすすめ。代官山だけではなく、銀座や中目黒など、都内に何箇所もあり駅からも近いです。たくさんの本に出会うことができるため、お気に入りの本に出会えること間違いなしです。

日本茶の世界に浸る

良い香りに包まれた「日本茶の世界に浸る」ことです。日本人に馴染み深い日本茶、そんな日本茶の専門店が、東京都内にはたくさんあるんです。そんな日本茶の世界に浸ってみてはいかがですか?きっと好きな味が見つかるかもしれませんよ。

おすすめスポット▷八屋 HACHIYA / 千駄ヶ谷

千駄ヶ谷にある「八屋 HACHIYA(ハチヤ)」です。ここでは厳選された日本茶と、それによく合うお菓子をいただくことができます。ラテやスムージーメニューも充実しており、様々な形で日本茶に親しんでみてはいかがですか?

喫茶店で考え事

「喫茶店で考え事」をするのも良いリフレッシュです。なるべく静かな喫茶店で、一人ぼんやり考え事をしたり、手帳を開いて予定の整理をしたり…きっと頭のモヤモヤや悩み事も、ちょっとは軽くなるはず。東京都内にはそんな素敵な喫茶店がたくさんありますよ。

おすすめスポット▷名曲喫茶ライオン / 渋谷

渋谷にある「名曲喫茶 ライオン」です。こちらは、こだわりのコーヒーと共にクラシック音楽の世界に心の底から浸ることができます。そのため私語禁止、店内撮影禁止といったルールがありますが、日常ではなかなか味わうことのできない体験ができるお店です。考え事に集中できること間違いなし。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する