• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
まだまだ冬はこれから!「冬の一人旅」におすすめな国内スポットまとめ13選

いつも誰かとのつながりを感じる日常。たまにはそのつながりが嫌になることもありますよね。今回はそんな時に一人で行きたい“冬の一人旅”のおすすめ国内スポットを紹介します。あなたが行きたいところが必ず見つかるはずです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】知床 / 北海道

1か所目に紹介するのは北海道にある「知床」です。知床五湖と呼ばれる5つの湖があるなど北海道らしい雄大な大地に、独自の生態系、北海道ならではのグルメと楽しむ箇所がとても多い観光地です。
そんな魅力たっぷりの知床は、日本で流氷が見ることができる地域として知られています。ですが、温暖化の影響で日本で流氷が見れなくなってしまうかもしれません。そうなってしまう前に訪れておきたい世界遺産です。

詳細情報

  • 北海道斜里町知床半島
  • 0152-22-2125

【2】小樽運河 / 北海道

2か所目に紹介するのは北海道にある「小樽運河」です。夜景がとてもきれいな小樽運河を中心として歴史的な建造物がたくさんあり美しい景色を楽しむことができる街です。北海道を代表する観光地として全国から多くの観光客が訪れます。
どの季節に訪れても美しい小樽運河ですが、やはり冬の小樽運河は、降り積もる雪や冬のしんとした冷たい空気との相性が抜群!小樽から札幌の距離は、バスや電車で1時間ほどなので、札幌観光と併せて訪れるのがオススメ。

詳細情報

asoviewで見る
  • 北海道小樽市色内5 小樽運河
  • 0134324111(観光復興室)

【3】青森県立美術館 / 青森県

3か所目に紹介するのは青森にある「青森県立美術館」。日本には、全国津々浦々素敵な美術館がありますが、なかなか行くは機会ないですよね。アートが目的のひとり旅、なんて大人な感じがしませんか?ここ青森県立美術館は、クリエイティビティに溢れたスポット。
県立の美術館ながら、非常にセンスのよい展示がされていると人気があります。館内すべてがデザインコンシャスで、センスを感じます。青森、ひいては東北のアートシーンを感じることができますよ。

詳細情報

  • 青森県青森市安田近野185
  • 017-783-3000

【4】平泉 / 岩手県

4か所目に紹介するのは、岩手県にある「平泉」。2011年に、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」として世界遺産に認定されたことは記憶に新しいですが、まだ訪れたことのない人も多いのでは?
京都文化に影響されながらも、独自の文化を築き上げていった平泉。そんな平泉で欠かせない観光スポットは「中尊寺」です。大人になってから訪れると、お寺というのは壮大で非常に魅力的です。平安時代の仏教文化や自然を感じに、平泉に一人旅でいってみる、というのはいかがでしょうか?冬の平泉はより神聖な雰囲気が漂っています。

詳細情報

  • 岩手県西磐井郡平泉町
  • 019-629-5195
  • 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関78金色堂
  • 0191462211

【5】銀山温泉 / 山形県

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今年こそわがままになったって良いじゃないか!あれもやりたい、これもやりたい...

  • 友達や恋人、家族と行く旅行はもちろん楽しいですが、ふと1人で旅行したくなる...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する