• はてぶ
  • あとで
初心者必見!パリ好きな筆者おすすめの“市内一日観光プラン”はこれだ

誰もが一度は憧れる花の都"パリ"。パリの街中には、世界遺産をはじめとする観光スポットが盛りだくさん!どれから回っていいのか分からない・・・そんなパリ旅行初心者のあなたにオススメの1日観光プランをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

8:30 マレ地区のマルシェで朝ごはん

朝起きたらまず初めに行くのはマレ地区の朝市「マルシェ・デ・アンファン・ルージュ市場」。メトロで「Filles du Calvaire駅」から徒歩3分ほどのところにある、1615年にできたフランスで最も古く、歴史ある市場です。月、火曜日が定休日で、他は朝8:30ごろから営業しています。
新鮮な肉や野菜、パン、チーズなんかも売っています。気になったものを少しずつ買い、近くのベンチなどで友達とシェアして朝ごはんを食べましょう。天気のいい日には最高の朝ごはんになりますよ。

詳細情報

39 rue de Bretagne, 75003 Paris, France

写真を投稿する
3.03 00

10:30 パリのシンボル「エッフェル塔」を写真に収めよう

次に向かうのは、パリのシンボルでもある「エッフェル塔」。フランスに来たらやっぱり外せませんよね?メトロ・ Trocadéro(トロカデロ)駅を降りてすぐ、目の前に巨大なエッフェル塔を見ることができますよ。
Champ de Mars(シャン・ド・マルス)公園から撮る写真には青々とした芝生が写りこみ、また違ったエッフェル塔の姿を見ることができます。塔の中は入場可能で、最上階の料金はおよそ25ユーロ(大人)で、エレベーターを使って上がることができます。そこから一望するパリの街並みはとてもきれいです。

詳細情報

12:00 「シャンゼリゼ通り」でショッピング

エッフェル塔の見学のあとは、メトロに乗って世界一きれいな通りとして知られる「シャンゼリゼ通り」でショッピングを楽しみましょう。フランス発祥のおなじみのブランドや、日本未上陸のオシャレなファッション、カフェが立ち並ぶシャンゼリゼ通りは、歩くだけでワクワクします。
新作のコスメや、ファッションがいち早く手に入れることができ日本よりも安く買うことができるので少し贅沢なお土産を買うのにもぴったりですね。買い物をしなくてもウィンドーショッピングをするだけでも楽しめるので、ゆっくり通りを歩きたいですね。

詳細情報

14:00 シャンゼリゼ通りの老舗カフェでランチ

ショッピングを楽しんだ後は、シャンゼリゼ通りにある「ラデュレ」でパリの名物をいただきましょう。こちらはマカロンが有名ですが、絶品ランチをいただくことができます。店内はゴージャスながらも落ち着いた雰囲気で、さらにテラス席もありシャンゼリゼ通りを眺めながら、ランチをいただけます。
こちらでいただきたいのは、一番人気のフレンチトーストです。ふわふわの生地にシロップがよく染み込み、いくらでも食べられる美味しさです。がっつりいただきたい方は、クラブサンドウィッチがおすすめです。味はもちろん、ボリューム満点なのに見た目も美しいので大満足間違いなしです。

詳細情報

時間があればこちらもおすすめ▷サント・シャペル

時間があれば行きたい「サントシャペル教会」。1248年に建てられたこの教会では、パリ最古のステンドグラスを見ることができます。太陽の光の加減で美しく変化するステンドグラスは息をのむほどの美しさ!この美しすぎるステンドグラスを一目見ようと、連日入り口には長蛇の列ができるほどなのだとか。
入場料は11.5ユーロ。ゴシック建築が最盛期の頃の傑作とも言われる教会です。ステンドグラスをはじめ、繊細な彫刻装飾やモザイクタイルなど、芸術作品としての見所がたくさんあります。規模の小さい教会ですが、サクレクール寺院にも負けず劣らず、十分見ごたえがあります。

詳細情報

16:00 オルセー美術館で本物の芸術作品を鑑賞してみよう

お昼を食べた後は、パリの有名美術館の一つ「オルセー美術館」へ。19世紀美術専門の美術館であり、印象派の画家の作品が数多く収蔵されているのが特徴の美術館です。広いのでじっくり見たいという方は、日を分けて通う方がおすすめですよ。
今回のような1日プランの場合は、見たい作品を絞って見ることで、短時間の滞在でも十分に楽しむことができますよ。一度は目にしたことのある有名な絵画なども展示されているので、是非本物を目にしてみてください。入場料は14ユーロですが他の美術館とセットになったお得チケットもあるので、公式HPを要チェックしてみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する