• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
パリからロンドンへはこんなに簡単!“日帰りロンドン”完全攻略法まとめ

憧れのヨーロッパ旅行で人気の二大都市パリとロンドン。どちらも行ってみたいけど、お金も時間もかかるし。そう思って諦めてしまうのはもったいない!実はパリとロンドンは、ユーロスターに乗って片道2時間ちょっとしか離れていないのです。今回は、パリからロンドンへ日帰り旅行のプランを伝授します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ヨーロッパの二大都市"ロンドン"と"パリ"

憧れのヨーロッパ二大都市"パリ"と"ロンドン"。お洒落なパリと格式あるロンドンは、同じヨーロッパにありながら街並みも文化も全く別のもの。どうせ行くならどっちの都市も楽しみたい!そんなあなたにオススメのプランをご紹介します。

ドーバー海峡の下を通る"ユーロスター"

「ユーロスター」とは、英仏を結ぶドーバー海峡に海底トンネルが開業した1994年にデビューした国際高速列車のことです。最高時速300キロの高速スピードを誇るユーロスターは、現在ロンドンからパリ間を2時間15分、ブリュッセル市内までを2時間で走っています。

パリから日帰りでロンドンに行ってみよう!

パリからロンドンへは、ユーロスターで約2時間15分。早朝にパリを出発すれば、十分ロンドン市内の観光を楽しむことができるのです。それでは、実際に筆者が行ってみたパリから日帰りロンドンのプランをご紹介。

6:00 パリ北駅 (Gare du Nord)に到着

ロンドンで遊ぶ時間を多くとるために、早朝のユーロスターに乗り込みます。まだ日が出ておらず辺りは薄暗いので、駅まではタクシーがオススメ。前日にホテルにお願いしてタクシーを呼んでもらっておくと安心です。列車に乗る前にイギリスの入国審査があるので、列車の発車1時間前には駅に着くようにしましょう。
1階にはフランスの有名パン屋「PAUL」などの軽食を購入できるお店が朝から営業しているので、着いたらすぐに朝ごはんを購入しましょう。入国審査をした後の部屋にも軽食を売っているお店はありますが、ここで買っておいた方が無難です。

詳細情報

  • 18 Rue de Dunkerque, 75010 Paris, France

6:20 チェックインとイギリスの入国審査

「PAUL」の後ろの方にある階段を上って2階へ行くと、改札があります。チケットのバーコードをかざして、改札を通りましょう。事前に自分で印刷しておくか、オンライン画面でスキャンをしないと改札を通れないので、忘れずにバーコードを用意しましょう。
改札を通ると、フランスの出国審査からイギリスの入国審査次を受けます。入国カードに記入して、空港と同じように入国審査を受けます。入国審査と手荷物検査を受けた後は、発車時刻まで中で待つだけ。先ほど買った朝食を食べるもよし、充電する場所もあるので、充電をしながらロンドンの下調べをするのもいいでしょう。

7:13 パリ北駅発車

いよいよユーロスターの発車です。この列車はかなり車両数が多く長いので、自分たちが乗る車両をよく確認して、早めに乗りましょう。1等車には食事も付いており快適ですが、2等車でも十分広々としています。座席ごとに充電できるコンセントも付いていて、走行中は社内のWi-Fiを使用することができます。

8:13 ロンドン到着(St Pancras station)

ロンドンの主要ターミナル駅の一つ「セント・パンクラス駅」に到着。入国審査はパリで済ませたので、ここでは特にすることはありません。降りたらそのまま出口に向かってください。ここで要注意なのは、フランスとイギリスは時差が1時間あることくらいです。
有名SF映画に出てくる駅の名前は、歩いてすぐの隣にある「キングスクロス駅」ですが、実は外観に使われたのはこちらの「セント・パンクラス駅」なのです。近代的で洗礼された美しさの内観とは一転、これぞロンドン!と思わせるような細やかな装飾が目を引く赤レンガの建物には、思わず見入ってしまいます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する