• はてぶ
  • あとで
異世界に迷い込んでみない?思わず魅了される"不思議な雰囲気が漂う絶景"12選

地球上にはたくさんの絶景がありますが、そんな絶景の中でも地球上のモノとは思えないどこか不思議な雰囲気を醸し出す絶景があります。そこで今回は思わず魅了される"不思議な雰囲気が漂う絶景"を紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. ヴァトナヨークトル氷河 / アイスランド

最初にご紹介するのは、アイスランドにある「ヴァトナヨークトル氷河」です。この絶景はスカフタフェットル国立公園内にあります。ヨーロッパ最大の氷河で、その総面積は約8,100平方メートル、なんとアイスランドの国土の約8%をも占めています。
ヴァトナヨークトル氷河にできる「氷の洞窟(アイスケーブ)」は毎年冬限定で、どこにできるかわからないという氷の絶景なんです。太陽光が純度の高い厚い氷を通り抜けることによって、洞窟内は青い神秘的な光に包まれます。

詳細情報

2. ザ・ウェーブ / アメリカ

続いてご紹介するのは、アメリカのユタ州とアリゾナ州にまたがる「ザ・ウェーブ」です。アメリカNo.1の秘境スポットで、今までみたことないな美しい絶景が広がっています。別名マーブルキャニオンと呼ばれているのにも納得の絶景です。
ここは自由に立ち入ることができず、1日にたったの20人しか入ることができません。そこに数百人以上の応募があり、くじによる抽選が行われて当選者のみが立ち入りを許可されます。行くことすら難しい、まさに秘境と言えるスポットです。

詳細情報

3. レンソイス・マラニャンセス国立公園 / ブラジル

続いてご紹介するのは、ブラジルにある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」です。砂漠地帯のようですが、砂が真っ白なので砂漠というよりも美しいビーチに近い雰囲気になっています。レンソイスとは、ポルトガル語でシーツを意味する単語です。
例年2月から5月の雨季の時期になると、名前の通り白いシーツを広げたかのような真っ白な大砂丘の上に、無数のエメラルドグリーンの湖が現れるんです。ここでしか見ることのできない、感動的な光景を眺めることができます。

詳細情報

3.17 013

4. デッドフレイ / ナミビア

続いてご紹介するのは、ナミビアにある「デッドフレイ」です。ナミブ砂漠内にある別名「死湖」と呼ばれており、現在の姿からは想像もつきませんが湖だったのです。地下水脈の変化により湖が干上がってしまった湖の跡地となっています。
まるで絵画のようにひび割れた地面の上に、炭のように黒くなった木々が並んでいるデッドフレイの絶景は2次元にも近しいの世界の絶景です。背景になっている砂漠のオレンジ色が、このスポットの異世界感を増幅させています。

詳細情報

5. 白砂漠 / エジプト

続いてご紹介するのは、エジプトにある「白砂漠」です。エジプトの首都であるカイロから南へおよそ450km、サハラ砂漠から続く西方砂漠に広がる「白砂漠」。その名の通り、見渡す限り一面に白砂の大地が広がる壮大なスポットです。
昔、この一帯はもともと海底で、この地に積ったサンゴの死骸などが石灰となり、それが長い年月を掛けて風に削られて今の風景ができあがったんだとか。地球の自然の移り変わりを感じられるようなスポットになっています。

詳細情報

エジプト ニューバレー県 Al Farafrah, Egypt

3.02 063

6. 老梅緑石槽 / 台湾

続いてご紹介するのは、台湾にある「老梅緑石槽」です。かつて、台湾北部にある火山が噴火した際に流れ出た溶岩が、長い年月をかけて形成したものだと言われています。台湾で人気の景勝地になっているんですよ。
溶岩についたコケや海藻が鮮やかな緑を演出している様子は、海の青とのコントラストでより一層美しく見えます。この海藻やコケと日差しの関係で、この絶景が見られるのは毎年4~5月頃のみ。期間限定の絶景をぜひ見に行ってみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する