• はてぶ
  • あとで
色とりどりの梅が美しい!三重県「いなべ梅まつり」で一足先に春を感じよう

三重県の「いなべ市農業公園」で開催される「いなべ梅まつり」では、色とりどりの梅が美しく咲き乱れます。毎年その年の開花時期から約2週間開催されます。100品種4,500本の梅が咲く梅林公園で、東海地方で最大の梅の名所で、「梅まつり」の時期には、地元の方から観光客まで訪れ大変人気のスポットになります。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

春が待ち遠しい!

まだまだ寒は続きますが、だんだんと日が長くなったり、街全体が春に向けて準備していたりしていて、春が近づいてきた感じがします。しかし、桜が咲くのは3月下旬ごろ。桜が待ち遠しいあなたに“梅のイベント”を紹介したいと思います。

三重県で「いなべ梅まつり」開催

開催期間:2017年2月17日(金)~3月20日(月・祝)

おすすめの春イベントは、三重県の「いなべ市農業公園」で開催される「いなべ梅まつり」です。毎年その年の開花時期から約2週間開催されます。今年は、2017年2月17日(金)~3月20日(月・祝)です。現在(2017年2月14日(火))の開花状況は、ほんの一部開花している状態だそうです。見頃は2月末~3月初めになると予測されています。ぜひその時期を狙って訪れてみてはいかがでしょうか。
100品種4,500本の梅が咲く梅林公園で、東海地方で最大の梅の名所と言われれています。「梅まつり」の時期には、地元の方から観光客まで訪れ大変人気のスポットになります。今年の春は、桜も良いですが、梅を楽しむのもオススメです。
まるで絵のような絶景は圧巻ですよね。春といえば桜という方も多いと思いますが、こんなにも美しい梅がたくさん咲き誇る「いなべ市農業公園」の梅は一度は見てみたいですね。今年も大人気間違いなしの観光&おでかけスポットです。
また、「いなべ市農業公園」では、今回紹介した梅まつり以外にも、季節ごとにイベントが開催されるため、注目ですよ。「ぼたんまつり」や「梅のもぎ取り体験」なども楽しそうですよね。
梅の花以外にも楽しみ方がたくさんあるのが、「いなべ梅まつり」の人気の理由。毎年グルメイベントなど特別イベントが開催されるそうなので、そちらにも注目してみてはいかがでしょうか。

「いなべ梅まつり」に行きたい!

例年の見頃は3月上旬~中旬ですが、年によって違うため、最後に掲載した開花状況をチェックしてから訪れてみてくださいね。「いなべ梅まつり」で一足先に春を感じてみてはいかがでしょうか。

▼詳細情報

開催期間:その年の開花時期から約2週間(今年は2017年2月17日(金)~3月20日(月・祝))
開園時間:午前9時~午後4時
入園料:大人 500円 小学生以下無料

開花状況はこちらから

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する