• はてぶ
  • あとで
予約がなかなか取れない名店!一度は食べたい東京都内の“絶品鍋”11選

まだまだ寒いこの季節には、あったかい鍋が食べたくなりますよね。東京都内には、予約がなかなか取れない&予約をしてから行きたい絶品鍋が自慢の名店が沢山あります。今回は、鍋好きな筆者が“一度は行くべき”鍋のお店を厳選して紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①蟻月 / 恵比寿

まず最初に紹介するのは、「蟻月(ありづき)」です。こちらは博多もつ鍋・水炊きが自慢のお店で、恵比寿以外にも、池袋やソラマチにあります。もつ鍋を食べたくなったら、是非とも行きたい人気のお店です。
看板メニューは、味噌風味「白のもつ鍋」です。また、醤油風味の「赤のもつ鍋」もおすすめ。たっぷりの野菜とプルプルしていて大きいもつがたまりません。〆は、長崎チャンポンが人気だそうなので、おためしあれ。

詳細情報

②とりなご / 恵比寿

続いてご紹介するお店は「とりなご」です。こちらも恵比寿にあります。こちらも人気店で、予約必須のお店です。京都産の新鮮な鴨をたっぷり使った鴨すきが自慢です。また、お昼は唐揚げも人気なんだとか。
看板メニューは何と言っても「鴨すき」。京都産の新鮮な鴨はもちろんですが、たっぷりのねぎがシャキシャキで美味しいです。鴨肉は15秒、ネギは5秒と短時間だけ鍋に入れるのが美味しく食べるコツなんだそうです。出汁が本当に絶品で、鴨やネギを引き立てます。

詳細情報

③中村玄 / 恵比寿

続いてご紹介するのは、「中村玄(なかむら げん)」です。こちらも恵比寿にある中華料理屋さん。看板のないマンションの一室にある隠れた名店で、「中村玄」と書かれた表札だけが目印です。
看板メニューの「麻辣香鍋」は15種以上の旬野菜の素揚げをたっぷりの朝天唐辛子とオリジナル火鍋醤で炒めた、いわゆる“汁なし火鍋”です。野菜だけではなく、お好みの具材を追加していくこともできます。辛さも調節できるのでお好みの辛さでどうぞ。

詳細情報

東京都渋谷区恵比寿南1-18-11 西田ビル201

3.68 1488

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④しみず / 中目黒

続いてご紹介するは、中目黒にある「しみず」です。水炊きが自慢のお店で、桜の季節は、お店から美しい目黒川の桜の景色を望むことができるため、特に予約が困難と言われています。
おすすめメニューは、「地鶏水炊き」です。特製の白い鶏スープがたまりません。そこに新鮮な鶏と野菜を入れて、ポン酢で食べるスタイルです。コラーゲンたっぷりですよ。〆は、玉子丼がおすすめ。

詳細情報

⑤天香回味 / 日本橋

続いてご紹介するのは、薬膳火鍋の名店、「天香回味(テンシャンフェイウェイ)」です。日本橋だけでなく、銀座、六本木、新宿、赤坂などにもあるため、一度は訪れてみてはいかがでしょうか。
看板メニューはこちらの「薬膳鍋スープ」。香りが高い天香鍋と、素材の味を引き出した回味鍋の2種類スープの味を楽しむことができます。長時間じっくりと煮込まれたスープは、旨みたっぷりなだけでなく、栄養分がたくさん入っていて、健康にも良いそうです。

詳細情報

⑥玄海 / 新宿御苑

続いてご紹介するのは新宿にある水炊きが自慢のお店、「玄海(げんかい)」です。新宿御苑近くの本店のほか、新宿タカシマヤの近くにも店舗があります。本店は特に高級感のある店の佇まいが素敵です。
おすすめは「水たきコース」。五時間以上炊いたスープがたまらなく、その風味を失わないように、野菜などは一切入れないのがこだわりだそうです。コクがあって臭みがない老舗の水炊きの味を是非試してみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する