• はてぶ
  • あとで
なんと!あのミケランジェロまでが!作られた当時は大不評だった、ネットゥーノの噴水とは?

花の都というニックネームで呼ばれているフィレンツェはそれほど大きくない街ですが、ルネサンス時代に文化の中心地だった跡が今でも残っているとても興味深い街です。その素敵な文化に浸りたくて、今でも多くの人がフィレンツェに足を運びます。そんな文化を凝縮しているような広場がシニョーリア広場です。シニョーリア広場は、昔も今も政治の中心地でした。そしてたくさんの彫刻があり、まるで広場全体が美術館のようです。そんな彫刻の一つネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)もシニョーリア広場で人気の観光スポットの一つです。なんとネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)は作られた当時は市民に不評だったという歴史もあるんです。そんな面白い歴史に浸りながら観光を楽しめるのも面白いですね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

花の都フレンチェは見所がいっぱい!

イタリアの街フィレンツェは花の都というニックネームで呼ばれています。イタリアのルネサンス時代は芸術の街として知られ多くの文化がここで生まれました。今もその華やかな文化や歴史を多く残しているとても魅力的な街です。
その華やかな場所を一目見ようとして多くの観光客が世界中からやってきます。橋にお店がずらりと並んでいてまるで絵本の世界から飛び出してきたかのようなヴェッキオ橋。ルネサンス時代の絵画が飾られている美術館、宮殿などフィレンツェの見所はたくさんあります。
それほど大きくないフィレンツェの街ですが、見所はたくさんありすぎて困るくらいです。それほど、ルネサンスの文化が現在の私たちに与えた影響は大きいということでしょうか。そんな人気の観光スポットの一つがシニョーリア広場です。

まるで野外美術館!シニョーニア広場!

シニョーリア美術館はヴェッキオ宮殿に隣接している大きな広場です。有名な歴史的建造物に囲まれた広場で多くの人が観光に押し寄せています。そのためいつも人がごった返している広場です。
このシニョーリア広場はフィレンツェの歴史の焦点です。昔も現在も、フィレンツェの政治の中心地です。かつてはシニョーニア広場の周囲に浴場、ローマ劇場、市場などもありました。

他のフィレンチェの観光スポットとのアクセスも良いことから地元の人たちの待ち合わせ場所としても活躍している広場です。
シニョーリア広場の特徴はとにかく彫刻や銅像が多いこと。あちこちに大きな彫刻が置かれているので圧倒される人もいるほどだとか。ダビデ像も見ることができます。まるで野外美術館のような広場をじっくり楽しむのも一つの楽しみです。

フィレンチェの文化の歴史を少しだけでもかじっておくことをお勧めします。そうすると、彫刻についての理解が深まるのでより楽しむことができます。

ネットゥーノの噴水はミケランジェロに大不評だった?

シニョーリア広場の一角にあるのがネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)です。ヴェッキオ宮殿前にあります。八角形のこの噴水はアンマーティーの代表作の一つです。1562年のコジモ大公一世がオスマン帝国に対抗するために、海軍を作ったことを記念して作られました。
ネプチューンの顔はコジモ大公の顔がモデルになっていると言われています。ネプチューンの足元には4頭の馬がいます。まるで戦車に乗っているような雰囲気が伝わってきますね。海軍を記念して作られたというのもうなずけます。
実はこのネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)、作られた当時は市民からかなりの不評だったんだそうです。そしてついたあだ名は「白い巨人」。あの有名なミケランジェロも「美しい大理石をアンマーティーが台無しにした」という言葉を語ったのだとか。

その後、アンマーティーはさらに10年間、有名な彫刻家とともに、噴水に装飾を施し今の形になったのだそうです。ミケランジェロの言葉があまりにもショックだったのでしょうね。
こうしてつくられたネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)はいまでもシニョーリア広場にあります。ライトアップされた噴水も一味違って良いですね。これはレプリカで本物は国立美術館に飾られています。本物が見たい方は美術館へ足を運んでみるのも良いですね。

Bar Perseo s.r.l.でちょっと休憩

シニョーリア広場でちょっと休憩をしたい時にオススメなのがこのBar Perseo s.r.l.です。なんと、シニョーリア広場の中心部、とても素晴らしい立地条件にあるカフェなんです。カフェで一休みしながら、シニョーリア広場の様子を眺めることができます。

Bar Perseo s.r.l.のサービスはとても良いという評判です。おしゃれなイタリアンな軽食も素敵で写真映えしますね。こんな美味しい食事をしながら野外美術館を眺めることができるなんて最高ですね。疲れていなくてもわざわざ休憩したい場所ですね。
イタリアに来た時にはぜひ何度でも食べたいのがジェラートです!しかもBar Perseo s.r.l.のジェラードがおいしいと評判です。ジェラートのメニューもとても豊富で何を食べようかと悩みます。無造作にコーンにのったジェラードは、ローカル感があって美味しそう。

Bar Perseo s.r.l.のアクセス情報

場所:Piazza della Signoria 16, 50122, Florence, Italy
電話:+39 055 239 8316

ネットゥーノの噴水へ行ってみよう!

いかがでしたか?昔も今もフィレンツェの政治的中心地であるシニョーリア広場はルネサンス時代の文化を垣間見ることができる場所です。たくさんの彫刻たちに囲まれ野外美術館のような広場は今でもフィレンツェの人気の観光スポットです。

そんなシニョーニア広場の彫刻の一つネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)も宮殿の近くにあり、かなりの存在感です。作られた当時は市民から不評だったり、ミケランジェロにまできつい言葉を言われたりとそんな歴史を知るのも楽しいですね。

どちらにしても、今ではシニョーリア広場にはなくてはならない彫刻の一つになっています。そんな彫刻を眺めながらお茶をしたりするのも楽しそう。フィレンツェの空気をたくさん吸い込んで素敵な文化に浸りましょう。

ネットゥーノの噴水フィレンツェのアクセス情報

住所:Piazza della Signoria, 5, 50122 Firenze

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する