• はてぶ
  • あとで
行くなら断然ランチがお得!“自由が丘”で知っておきたいお洒落なレストラン7選

皆さんは日々の生活の中でどんなことに幸せを感じていますか?その内容は人それぞれではありますが、誰かと一緒に美味しい食事を楽しむというのは皆に共通していることかと思います。そんななかで今回紹介するのは、都会の喧騒を忘れリラックスして過ごすことのできる自由が丘でランチにおすすめしたいレストランたちです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.mondo

自由が丘で知っておきたいレストラン、1軒目に紹介するのは隠れ家イタリアン「mondo」です。自由が丘の住宅街の車道から小道に入り、階段を下っていくと現れる一軒家がお店となっており、自然に囲まれた空間で到着までのワクワク感を味わうことができます。

ランチコース(4,200円~)

こちらでいただけるランチは平日で4,200円、休日で5,400円のコース料理となっており、内容はその日の仕入れによってほぼ日替わりです。本場で修行したオーナーシェフのこだわりの詰まった料理たちは見た目も味も通常のイタリアンとは一線を画しています。
日常の中にある楽園のような、一度行けば人に教えたくなってしまう素敵な空間は日々の暮らしにひと時の特別な時間を提供してくれます。隠れ家とはいえ知る人ぞ知るお店として時には満席になることも少なくないため、是非一度訪れてみてください。

詳細情報

東京都目黒区自由が丘3-13-11

写真を投稿する
3.14 00

2.シャンペトル

自由が丘で知っておきたいレストラン、2軒目に紹介するのは「シャンペトル」です。フレンチを愛する人に来ていただきたいという思いのもと、着飾らない素材本質のシンプルな料理を提供してくれる本格的なお店となっています。

ランチコース(3,000円)

こちらではランチのコース料理を比較的リーズナブルな3,000円でいただけることから、連日ランチタイムには多くのお客さんでにぎわっています。しかしそのリーズナブルさからは想像もつかないしっかりとした料理の数々を楽しむことができます。
パリのガストロノミーの文化を体現し、伝統を守りつつもクリエイティビティを忘れないこのお店ならではの料理の数々は新しい驚きにあふれており、その季節を表すように一皿一皿に心をこめて作っていることが伝わってくる、素敵なお店です。

詳細情報

東京都目黒区自由が丘2-11-7ラトゥールキャンデラB1階

写真を投稿する
3.17 00

3.ロクロナン

自由が丘で知っておきたいレストラン、3軒目に紹介するのは「ロクロナン」です。こちらはフレンチのエッセンスを身近に感じることのできるビストロとなっており、落ち着いた自由が丘の街並みに溶け込んだ雰囲気が素敵なお店です。

De jeuner(2,200円)

こちらでランチにいただけるのは2,200円のコースだけとなっており、通常のお店のプレートランチほどの大きさもある前菜の盛り合わせ、スープ、魚か肉かを選べるメイン、デザートまでついてこのお値段はお得だということで連日多くのお客さんが利用しています。
こちらの特徴はなんといっても提供される料理の十分すぎるボリューム。ビストロということでフレンチのテイストを色濃く残しながらも非常に私たちの舌に馴染みのある味付けとなっており、地元の方に愛される大きな理由となっています。

詳細情報

東京都世田谷区奥沢5-38-8 1階

3.54 16

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4.ビストロ レスカリエ

自由が丘で知っておきたいレストラン、4軒目に紹介するのは「ビストロ レスカリエ」です。こちらは気取らずに、しかし本格的な料理を提供してくれる所謂"街のレストラン"となっており、非常に気軽に本場のフレンチに触れることのできる人気店です。

ランチコース(1,850円)

こちらでランチにいただけるのは1,850円のコース料理のみとなっており、前菜、メイン、パンと食後のドリンクも込みで非常にリーズナブルな価格となっています。スープやデザートをつけることもでき、充実したランチを楽しむことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する