• はてぶ
  • あとで
ちょっぴり贅沢なお花見に。静岡県の“花見露天”が自慢の温泉宿7選

日が少しずつ長くなり、気づけばあともう少しで春本番。春の楽しみと言ったらなんといっても"お花見"。今回はそんなお花見を、ちょっぴり贅沢に楽しめる"花見露天"が自慢の静岡県の温泉宿をご紹介。ぽかぽかの温泉の中で、あるいはプライベートが邪魔されない客室の中から望む春の景色は、いつもと違った楽しみ方ができること間違いなしです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

温泉に浸かりながら春の景色を楽しみたい。

※画像はイメージです

※画像はイメージです

春の楽しみと言ったらなんといっても"お花見"。今回はそんなお花見を、ちょっぴり贅沢に楽しめる"花見露天"が自慢の静岡県の温泉宿をご紹介。ぽかぽかの温泉の中で、あるいはプライベートが邪魔されない客室の中から望む春の景色は、いつもと違った楽しみ方ができること間違いなしです!

① 湯めぐりの宿 吉春 / 伊豆長岡

まず紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿一つ目は、伊豆長岡にある「湯めぐりの宿 吉春」。豊かな自然に囲まれた、和の情緒を感じられる素敵な温泉宿です。趣の異なる5つの貸切露天や10部屋の露天付き客室は、家族旅行やカップルでの旅行にも最適。
駿河湾でとれた魚介類をはじめ、地元の食材を使った贅沢な半懐石料理も大人気。和モダンなダイニング『月の池』から見える景色も最高です。伝統的な日本庭園を眺めながら頂くことによって、情緒ある食事の時間を楽しめますよ。

詳細情報

rakutenで見る

静岡県伊豆の国市長岡989-10

3.59 574
温泉好きにはたまらん

吉春 . . . 伊豆旅行でお世話になった旅館☺️ 人混みを避けようとレンタカーを借りての旅行だったためアクセスがいまいちわからないのですが最寄りからタクシー5分、バス10分とのことなので出来れば車で行くと良いと思います👀 . . . エントランスはすっきり広く、仲居さんがにこやかに出迎えてくれました☺️ ウェルカムドリンクと簡単なお茶菓子をいただきチェックイン💨 ちなみにドリンクは飲み放題なのでゆったりしたい時にも🙆‍♀️ . . . 部屋まで仲居さんが案内してくれたのですがとっても気さくで入室前からほっこり👌 掃除が行き届いていて綺麗な部屋でした、温泉の数が多いことで有名な旅館なので入る方はほとんどいないかなと思いましたが部屋にお風呂もついてました(しかもユニットバスでなく別👀) . . . 少し部屋で休んでから夜ご飯へ💨 チェックイン時に予約した時間に行くとテーブルには料理がばっちりセットされていました✨ もうこれだけでも豪勢ですがその後も温かい作り立ての品々が続々出てきて楽しかったです☺️ お品書きもあるのでこれは?これか!なんて言いながら食べられます(説明だけのところだと忘れてしまうので助かる笑) . . . 食べた後は早速お風呂へ💨 大浴場と5つの貸切露天風呂があるのですがまずは大浴場に、こちらは中外1つずつの浴槽にシャワーが複数とシンプルでした😌 最高だったのは貸切露天風呂✨ 特に予約などはなく空いていたら入れるといったゆるさだったので好きなタイミングで行けてよかった🙆‍♀️ 1つ1つ結構雰囲気が違ったので全部楽しかった、温度もちょっと厚めでちょうどよくゆるゆると長く入れました👌 (露天風呂の前には足湯があるのでもし空いてなければそこで待つのも良いと思います♨️) . . . ほかほか心地で部屋に戻りふかふかお布団で寝れて幸せ時間でした... (夜ご飯がしっかり多いので十分かと思いますがホテル周辺にコンビニ含めお店がないので部屋のみなどしたい方は入館までに揃えておくのがマスト⚠️) . . . #伊豆 #伊豆旅行 #伊豆グルメ #静岡 #静岡観光 #静岡グルメ #旅館 #ご褒美 #温泉 #貸切露天風呂 #国内旅行 #女子旅 #リトリップ #おこもりステイ #吉春 #長岡 #伊東 #伊東温泉 #伊東観光 #レンタカーの旅 #鴨 #和食 #trip #shizuoka #♨️

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② 森香る渓流沿いに佇む温泉と地 魚の宿 運龍 / 河津

次に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿二つ目は、河津にある「森香る渓流沿いに佇む温泉と地 魚の宿 運龍」。約5万坪もの敷地を持つこの温泉宿。客室からは美しい庭園が望め、館内にはゆったりと穏やかな時間が流れています。
9つの大浴場、5つの露天風呂、2つの貸切風呂があります。それぞれ自然との距離が近く、まるで森の中にいるかのような気分を楽しめます。お料理では、伊豆ブランドである「地金目鯛のしゃぶしゃぶ」を頂けるプランが大人気。出汁が溶け込んだ鍋で作る雑炊は感動する美味しさです!ここでしか味わえないお食事が堪能できますよ。

詳細情報

③ 谷川の湯 あせび野 / 湯ヶ島

次に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿三つ目は、湯ヶ島にある「谷川の湯 あせび野」。自然に囲まれたこちらの温泉宿では、全客室に専用露天風呂とテラスも設けられています。プライベートを邪魔されずに天然温泉に浸かり、豊かな自然を目の前に過ごす時間は、日頃の喧噪を忘れさせてくれます。
個室ダイニング『旬香団人倶』では、天城の四季を背景にお食事を頂けます。山の幸と海の幸、どちらの存在もかすむことなく共存している懐石料理。季節に合わせたお料理には、地元の旬の食材がふんだんに使われています。

詳細情報

rakutenで見る

静岡県伊豆市湯ケ島1931-1

3.36 147

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 森の入り江の離れ宿 無雙庵 枇杷 / 土肥

次に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿四つ目は、土肥にある「森の入り江の離れ宿 無雙庵 枇杷」。全八室の客室はそれぞれに独立した離れ家になっており、完全にプライベートを邪魔されずに滞在を楽しめます。造りは平屋建てと二階建ての二タイプですが、壁の色も家具もしつらえも家ごとに違い、八つの異なるテーマが楽しめるようになっています。
"土肥らしさ"が表現された創作懐石では、豊富な種類のお料理が楽しめます。その季節に合ったお料理では旬の食材が使われているので、栄養素もたっぷり。ただ美味しいだけではなく、体にも優しいご馳走が頂けます。

詳細情報

⑤ 世界遺産 富士山を望む宿 富岳群青 / 土肥

次に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿五つ目は、土肥にある「世界遺産 富士山を望む宿 富岳群青」。その名の通り、雄大な富士山をこんなにも贅沢に望める宿は他にはありません。全八室(露天風呂付)と限られた宿泊者だけが許される、至福のひと時。思わず日常を忘れてしまいそうになるほど圧巻の絶景を、好きなだけ楽しむことができますよ。
お食事は駿河湾の海の幸や、自家菜園でとれた朝摘み野菜、地場の旬菜などを使ったフレンチが頂けます。フレンチの味はもちろん、華やかな見た目もお洒落女子にはたまらない!お値段もお高めな高級温泉宿ですが、"大人の贅沢旅"にはぴったりのお宿です。

詳細情報

3.65 397

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ 離れ杜の湯 海いろ別邸 / 熱海

次に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿六つ目は、熱海にある「離れ杜の湯 海いろ別邸」。温泉宿「海のはな」の離れ貴賓室として三室のみの別邸となっています。雄大な熱海の海の景色と、季節ごとに山の彩りの変化を楽しむことができます。
自然に恵まれた土地"熱海"ならではの食材を使って作り出されるお料理は、月ごとに内容が変わります。一番いい状態の旬の食材を一番いい形で使い、いつでもその時の最高のお料理を楽しめます。

詳細情報

⑦ 源泉かけ流しの湯 御宿さか屋 / 吉奈

最後に紹介する静岡県の"花見露天"が自慢の温泉宿七つ目は、中伊豆の吉奈にある「源泉かけ流しの湯 御宿さか屋」。開湯二千年余り、伊豆最古と言われる源泉を楽しめることで人気の高い温泉宿です。4つある露天風呂はそれぞれ異なる趣を持っていて、やさしく上品な泉質は、これまで多くの人々を"癒し"てきました。
地場特産品の一品一品素材の味を最大限に引き出したお料理も高評価。決して贅沢な食材ばかりを使ったお料理ではありませんが、素材の味を大切にしたお料理は誰もが納得する美味しさです。

詳細情報

今年のお花見は、ちょっと贅沢に。

※画像はイメージです

※画像はイメージです

いかがでしたか?歩きながら、座りながら楽しむお花見も十分楽しいですが、湯につかりながら楽しむ春の風景は格別です。たまにはいつもと違った、ちょっと贅沢なお花見を体験してみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する